2011年01月05日

ツイッターやってます。


年末年始で、あまりにも多くの方に、
「会社辞めたのは知ってるけど、ブログ辞めたの?」と聞かれましたので、
一応、ブログの変わりに。。。

http://twilog.org/takumikumazawa

熊澤匠で、ツイッターやってます。

ツイッターをやっている方は、フォローを是非。
ツイッターをやっていない方は、これを機会に。

今年もよろしくお願いいたします。

熊澤匠@キャリアフラッグ(株)

↑会社のWEBは、こちらをクリックして下さい。



posted by 就職エージェント熊沢 at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

就職エージェントを退職


本日で就職エージェントを退職いたします。

今まで、お力を頂いたすべての皆様に感謝を申し上げます。
学生さん、お取引を頂いた企業の皆様、アルバイト含み社員の皆様、
お取引が無くともこの「新卒紹介」という
  新しいビジネスに賛成し、力強く支えて頂いた共感者の皆様。

本当にありがとうございました。



「個人事業主」でやれるレベルでの力をつけること。

求職者の成長を応援していくこと。


私が、5年前に政治家秘書の仕事を一旦終えて、
この就職エージェントに入社した時に思っていたことは、私が大卒で一番はじめに、
専門学校と派遣会社を同時に運営する人材グループに入社した時と変わっていませんでした。

自分の興味に正直に、グルッと回って、また人材ビジネスに帰って来た…というわけです。
あの時はベンチャースピリットを煽る会社説明会資料に心躍らせたわりには、
社会のなんたるか?もわからず入社をし、営業の基礎力と、その流れを教えて頂き、
それがちょっとできるようになったら、その先が無いような気がして辞めてしまいましたが。

その先を描き、誰もがやったことのない「新しいビジネス」への挑戦を、
やっぱり経験したかったんですね。天の邪鬼で、ワガママで、目立ちたかりなので、
誰かがやれること、誰でもやれることが好きになれない性分なんだと思います。

今回は「就職エージェント」というブランドを作ることで、それを描けたと思っています。

ここを去ることには、一片の悔いもないです。一片の心配もないです。
ここで戦い続ける就職エージェント株式会社のメンバーのことを尊敬しています。


よく学生さんの模擬面接の場で、
「3年後とか、5年後とか、10年後とか、入社した後、
 一定の時期に『自分はどうしたい』という目標ってありますか?」
という質問に対して、「会社を興したいです!」と宣言する学生さんがいます。

それに対し、<内定を取りたきゃ、会社を出る!なんてことは言うな!>と、
説明・指導している本があります。謙虚さは重要です。
雇ってもらえることへの感謝は、海より深くしなくてはいけません。

でも、私は「そんな本は燃やせ!」とアドバイスすることにしています。

その「独立宣言」は、若者らしく、力強いと思います。

それが具体的なビジネスアイデアになっている必要などないです。
所詮、その宣言から確認できるのは、自分の人生への想いだけですよ。
でも、それを宣言出来る人と、宣言できない人の差はあると思います。

単純に、会社を興すことが素晴らしいことなのではなく、
自分のキャリアに誓いを立てて、そこに自らを近づけていくこと以外に、
「生きる」ということの意味があるとは、私には思えないからです。

入社した会社に長くいようがいまいが、そこは議論ではなく、

自分の人生を、自分で描いていくこと。
自分のキャリアに、自分で旗を立てていくこと。

それを日々認識して、怖さと戦えるか。。。そういうことだと思っています。

会社員だから安心だ・・・という時代は終わりました。
会社員だから・・・と言って、明日を怖がらないのは、怠惰な豚です。
国家財政がこれだけ赤字なのに、夕張のニュースがあれだけ報道されたのに、
「安定しているから♪」と言う公務員志望の学生は、想像力が弱すぎると思います。

会社経営者だけが、明日の食事や数か月後の売り上げ・利益を心配しているのは
可笑しな話で、公務員だろうが大手の会社員をやっていようが、
半年後の身の保証など無い時代だと思います。携帯で隣の国が覗ける国際時代に、
経済・雇用問題や国家財政問題の大火災は海の向こうで起きてはいないです。
それを対岸の火事だと思っている子豚を養豚しているのが大学なら大問題です。

一億総フリーター時代。

この時代に、自分の力をつけていくこと以外に、安心・安定など感じられる方法などなく、
もしそれがあるとしたら、それは戦後・高度経済成長〜バブル崩壊までの数十年で、
「儲かっているから安心だ」という洗脳を受けた世代の幻想に踊るという方法でしょう。

「大学を出たから事務職ぐらい…」と言うのは、Tバックでお立ち台で踊るのと同じで、
その踊りを何も精査せずに、ただ伝達する無能な親が多すぎる気がします。
団塊の世代の子供の私としては、バブル世代の子供達を前にすると少し怯えます。

この国を国民統一の宗教が無い島国とするなら、生きる方法論の洗脳を都度都度解いて、
歴史や文化から、もう一度、その方法考え直さなくてはいけないのだと思います。
そして、それを考え直す時代が今だと思います。にもかかわらず洗脳を続けるのは悪です。
太古の昔から、そんな洗脳を受けたものに待っているのは「奢れるものは久しからず」です。

この島国は四季という劇的な「変化」を数か月に一度は必ず経験せざるを得ず、
その島民は、それに柔軟に対応してきた「変化民族」のはずです。
だから、黒船が来れば幕府を解体し、種島に鉄砲が到着したのを改造して自製し、
数年後には国を分ける戦いで使用するほどに量産できたのではないか???と、
マコトシヤカに考えます。この島国は「変化」思想の研修センターなんだと思います。


熱くなって、だいぶ話がそれましたが、私の退職理由を端的に書くと、

入社して5年だからです。

それ以外にないです。
もともと、変化をするつもりで入社したということです。

業界の動向など、色々と理由をくっつけることは簡単ですが、
要は最初から、5年で変化せねばならない!と決めていただけの話です。
業界や会社にどれだけ変化があっても、それを当然として受け入れ、
私は私の道を行くのみです。変化の先にある進化を目指します。

変化を拒み、進化を恐れる生命体に、「生きている」という価値などなく、
変化を拒む日々とは、歳をとっていることを無視し「存在している」だけです。
環境や自らの欲求に「順応に適応できない」生命体は、絶滅します。
それは恐竜の化石が唯一、我々に教えてくれることであるはずです。

今後は、就職エージェントとパートナーを組ませて頂きながら、
自分の会社を興して進みます。それが落ち着くまでブログ活動も止めます。
勿論、各大学をはじめ、お付き合いをさせて頂いているお客様に対しての
お取引や業務体制は、急激に何かを変えるつもりはありません。

それと、強烈な「社会」性のある活動と、
挑戦者達の「成長」支援に関しての活動を突き進むという
自らの命に誓ったは降ろす気もありません。

その旗を立てて、命が続く限り、時世をつないで行くのみです。
そこに命を燃やすことだけを睨み、日々の歩みを変化させて進みます。


長文、お付き合い頂き、心より感謝申し上げます。
最終回ですので、書きたいだけ書かせて頂きまいた。

またお会いできることを楽しみに。

今後とも、よろしくお願いいたします。

「感謝と共にサヨナラを…」ということで、
最後は泣きながら白いマイクを床に置く山口百恵さんにしようかと思いましたが、
やはり、エンディングテーマは、コブシを握って空に突き立てる長渕剛さんで♪



逆流。

僕がここを出ていくわけは
誰もが僕の居場所を知ってたから
優しさを敵にまわしてでも
生きてる証が欲しかった

竹馬で歩くように
今はまだぎこちないが
まずはここから足を踏み出し
飾り言葉を投げ捨てて
若いくせになんて言わせたくない

奴がブーツのボタンを外していようと
奴が人の生き様バカにしようとも

一歩前のこの道を行かなければ
だって僕は僕を失うために
生きてきたんじゃない

ひび割れた悲しみに縛られる前に
コップ一杯の水を飲み干そう
まずはノドを潤して
目の前のいざこざを蹴散らすんだ

例えば誰かがさびれたナイフで
僕に軽蔑を突きつけても
腰を据えて受けてやる
げんこつ1つで笑ってるさ

奴がブーツのボタンを外していようと
奴が人の生き様バカにしようとも

一歩前のこの道を行かなければ
だって僕は僕を失うために
生きてきたんじゃない

一歩前のこの道を行かなければ
だって僕は僕を失うために
生きてきたんじゃない

posted by 就職エージェント熊沢 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

「なぜ効率よく内定を取れたか??」

今日は、母校に呼んで頂いて4年生の内定者のメンバーと出会いました。

よく早く内定を取ったメンバーのことを「優秀層」とか表現します。
たしかに早期で内定を勝ち取るメンバーは有名企業に受かっているし、
それは大手だというものも事実ですね。表情も外見も良い子が多く、
カッコイイ男子や、綺麗な女子が多いですね。(多い…ですよ。全員じゃない。)

s-2010091621320000.jpg

ただ、私はあまりその「優秀層」という表現が好きでなく、
どちらかというと、「効率が良い層」という表現に近いと思っています。

問題は、「なぜ効率よく内定を取れたか??」ということで、
それが<テクニックだ!>とか<情報だ!>とか言って、
世の中に色々な本が出ていたり、色々なWEBが存在しています。
そこに市場が生まれ、就活前の学生達を惑わします・・・。
最近では、10万~20万もの就活塾すら現れる始末・・・。

ちょっと世の中を憂います。その金は親の金でしょ・・・と。

がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)もうやだ〜(悲しい顔)モバQ

今回、4年生と出会った機会に感謝をしつつ、
「で、どうだったの?」という本音をディスカッションを通じて、
彼らに聞いてみました。すると・・・彼らの心から出てきたのは、
不安と勇気(真面目さ)と行動と自信のサイクルだという話が出ました。

不安だった。真面目だった。自分の大学名では太刀打ちできないと思った。
だからそれをまとめた正直に受け止めることにした。。。


この正直さこそ、「魂」だと思います。
どんな有名な歌手が歌う歌も、嘘だと心に響かないです。
でも、どんなに無名な歌手でも、真実の叫びは心に響くものです。

そして、その「魂」が折り重なって文化になるんだと思います。
だから、その「魂」は折り重ねなくてはならないと思います。

昔から、どうして、就活の「魂」は下の代に引き継がれないのだろう・・・と、
不思議に思ってました。それは大学の文化になるはずなのに・・・と。

ちょっと理解した気がします。

本当に「魂」を叫ぶことをしなくても、内定が取れた時代は、
良い方を変えると、社会が学生を認めていた時代は、
その叫びを代で共有する必要も、下に繋ぐ必要もなかったんだと思います。
その証拠に、社会が学生を認めていなかった時代には、
学生の世界に文化が花開いたと思います。それが暴動に近い文化でも。

でも、経済的にも平和な時間が流れ過ぎて、
学生が「魂」を出さなくてもよくなって、
時が重なって、大学は文化を作れなくなったのだと思います。


ただ・・・

そんな時代は終わりました。

これからは学生が「魂」を出し、
学生が必死になって文化を作っていかねばならない時代に入ります。

私が500人キャンプやら、XX+Iのイベントを作った時と、
何も変わらず、今は学生の世界は閉塞感に満ちているし、
その閉塞感を打ち破るのは、「魂」を基軸にした行動だけだと思います。

現実から逃げて、徹夜でカラオケをやっても、きっと何も充実しないです。
むしろ、悩みながら「今の不安って何?」とお互いを刺激し合って、
未来を憂いながら、酒をのみ、相手の狙いやお金に起因しない答えを、
新しい未来を真剣に作り出せる時代を背負った議論を生み出して欲しいです。

s-2010091618460000.jpg

若者が、カラオケでは感じられない充実を作り上げられる、、、
若者。。。学生が、必死に本気になる世界に、無限のパワーにあふれている!

時代であって欲しいものです。

これからは、間違いなく、僕らの時代なのですから。

posted by 就職エージェント熊沢 at 18:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

「読売新聞出てるぞー」とメール

おはようございます。

今日も東京理科大にお邪魔するので準備をしていましたら、
今朝、何人かの方々から「読売新聞出てるぞー」とメールを頂きました。
ご連絡ありがとうございます。
流石に記者の方からご連絡を頂いていますので、知っています。

押尾学さんの裁判のニュースを見ながら新聞を見させて頂きましたが、
マスコミの皆さんもどうせ世の中を煽るなら、
内定を獲得したければ、この夏の終わりには、OB訪問を、、、や、
12卒就活スタート!の足掛かりに社会人に興味を持ちましょう!みたいな話も
織り交ぜて欲しいものです。これでは若者はMDMAへの興味を持ちゃいますね。。。

ただ、押尾被告が「わが身の保身」を非難されているのと、
「なんか大変そうだから、OB訪問するのは辞めよう・・・」と思うのと、
焦点が自分にしかあたっていないのは似てますね。自分のことしか考えていない。

焦点が<自分と社会の関係>に、あたってないわけです。
その関係におけるギャップの大きさを自覚して、めちゃくちゃ焦る・・・
ってことを感じて欲しいです。自分の世界だけにいても社会への扉は開けません。


OB訪問を通じて、社会への扉を開く練習をする時に、
絶対に意識するべきは<信頼関係を構築するんだ!>という意識です。


そのあたりは、また26日に参加された方にお話できればと思いますが。。。


つまりは、<自律と依存>を意識して、
相手になってくださる社会人と、自分は個人として責任をもって向き合う!
という意識です。今朝の新聞にも「もらう」という表現がありましたが、

「誰かが社会人を紹介してもらえる

「誰か、キーマンがつないでくれる

なんて思っている人は、甘えん坊です。それは依存です。
キーマン達も、そんな甘えん坊と、信頼関係を作りたいとは思いません。
社会に依存するつもりでは、OB訪問の扉は開けません。本番の面接も同じです。

「@自分がキーマン達との間に作る信頼関係」が生まれなければ、
「Aそのキーマン達とターゲットとなる社会人との信頼関係」を、
お借りすることはデキマセン。

@とAを足して、初めて扉が開く一つの信頼関係は成立します。

個人的に責任をとるから「信頼関係をお借りして、自分でドンドンつないでいくんだ!」と、
思えないと、そこは繋がっていけないですね。。

目には見えませんが、信頼関係と信頼関係を網の目のように張り巡らせて、
社会は成り立ってて、その網の目の一つに自分も絡んでいくんだ・・・
という感覚を持ってほしいものです。(アバターの髪の毛の先っちょみたいな感じです。)

どんどん、信頼関係リンクを広げていきましょう。


4988142775429.jpg

<アバターの髪の毛の先っちょの話・・・・>
彼らが聖地として崇める場所には、魂の木と呼ばれる夜光性の木があって、
そこへナヴィの長い髪の先にあるフィーラーという神経線維をつなぐと、
パンドラを守る神や亡くなった先祖とアクセスできるのでした。
こうした神経線維ネットワークを「エイワ」といって、
パンドラに生きる植物も動物も、すべてこのネットワークで結ばれている存在なのです。

posted by 就職エージェント熊沢 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

夢中になっている学生さんは、ドンドンと力をつけていく…

今日は東京理科大の大学院にお邪魔し、
キャリアデザインの夏季集中クラスに参加させて頂きました。

その後、以前、お世話になっていた政治家のパーティーの
受付のお手伝いを仰せつかって、世の中の流れを見に行ってきました。
(なんか最後は、スタッフ慰労の乾杯挨拶までさせて頂き・・・エラそうでした…私。反省。)

ま、どちらもボランティアのお手伝いですし、主役は学生さんです。

後者に関しても、夏のインターンでしょうか、30人近い大学生に囲まれて、
非常に多くの気づきを頂きました。久しぶりに事務所の若手をしごくのも良いなーなんて、
昔の血が騒ぐのを感じました。私と戦ったメンバーは、大銀行やら大商社で大活躍中ですからね。
(彼らから結婚式のお誘いなど頂いて、光栄の至りですね。。。)

皆最初は挨拶が苦手とか、声が小さいとか、自己と他者の焦点の使い分けが不得手とか、
これこそ社会と若者のギャップ!という瞬間が、それこそ、いくつも。。。見えました。
(前者は気づきというか、、、私にとっては、もはや修行タイムですし。)

ただ、両方ともに言えるのは、
夢中になっている学生さんは、ドンドンと力をつけていくということです。
大人の感覚に顔を突っ込んで、感じること・・・そして自らを動き出させること。。。です。

いやいやで参加している学生さんもいますが、そこからは、パワーを感じません。

夏季集中授業でも、インターンでも、それをこなしたこと、やった経験、学んだ事実だけでは、
誰も評価なんかしてくれません。学ぶことは当たり前のことですから、「学生」ですもんね。

学んでない学生は、もう学生ですらないですよ。
生きているだけ。。。ですし、親からの授業料をもらっているなら、生かされているだけですね。

どんな瞬間、どんなところにいても、学生さんである以上、多くを学び、
そして、その学びを元に自分の中から顔を持ち上げる「高揚感」「キャリア感覚」を逃さず、
手に入れて欲しいものです。それらはすべて、社会との接点にのみ生まれることです。

大声でなくても良いので、是非、心から声を出して、自分達の世界から、一歩だけ外へ。
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

ニートインターン

今日は就職エージェントで開催する合同説明会でした。

企業は、積極的に4年生を採用したい16社。
学生さんの予約は120名。

企業は、「就職エージェントの合説は、集まる学生さんに頑張り屋が多く、
採用したくなるんですよね!今年も先月の合説から内定出しましたし!」
なんて言ってくださいます。

これだけ悲劇の就活状態(内定率50%)という中にあって、
このバランスは奇跡ですね。学生さん側には、ビックチャンスです。

が!!!

朝にちゃんと時間通りに来た学生さんは、12名でした。
午後は少し増えて、20数名。。。

s-CA390437.jpg

実際の内定率が上がらないのは、求人がないからじゃないんです。
これが現実・・・学生さんが閉塞感を前に、折れてしまうんです。

苦しい社会に対して自分を立てて戦っていくなんて、
無謀に感じるんでしょうか。。。最近は、その生きることへの怖さを感じていくことは、
無謀ではなく、生きる上では当たり前のことなんではないかと思います。

学生さんは慣れてないだけです。だから若さを武器に、立ち止まらず進むしかないわけです。
「なに家でモジモジしているだよ・・・」と言いたい気持ちを抑えつつ、敢えて言います。

「いやー、わかりますよ。」と。

来週から学校ですし、夏休みは暑いですし。
家にいて「笑っていいとも」みてれば、ご飯は出てくるし。
PCに向かって、クリックする申込は楽でも、
スーツに着替えて家から出て、自分と向き合って、企業と向き合うのは、
楽な作業ではないですよね。痛いですし、つらいことも言われるかもしれない。
その上で、「また」落ちてしまう、傷ついてしまうかもしない。。。です。

でも、就活しない、勉強しない、、、
それじゃ卒業生してないのに「ニート」ですよ。

夏休みのニートインターンです。
それじゃ、世の中と断絶するだけです。

不合格!というお知らせを頂くことだって、
社会と繋がっているからできることです。

それで良いんです。社会と繋がっていないと、
いつまでたっても、社会に貢献することなんて出来ないです。

チャンスシーンのボールは、最後まで走った者にだけ転がってくるものです。
あきらめたら、絶対に合格は手に入りません。
あがいてください。かっこ悪くても良いので。。。その姿はカッコいいです。

アナタがあがくなら、多くの人の応援を手に入れることが可能なんです。
そんなことは甲子園の試合を見ていたらわかるじゃないですか・・・
あがいてさえいれば、一人ぼっちにはなりませんよ。

泥まみれになって、あがくことは。。。。格好良いことですよ。
涼しい部屋のニートインターンは、楽ですが、かっこよくないっす。

かっこつけていきましょう!!!

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

立川駅の「かにチャーハン屋さん」

今週は、各大学を回っています。

いや・・・4年生の内定率の実態は尋常じゃないですよ。
リクルートさんの発表している60%とかなんとかなんて、ウソウソ。。。
そんなに甘い時代じゃないですね。これ書き出すと長くなりそうなので、今日はやめます。

さて、私が回る大学は、多摩地区にも多いです・・・
となると、乗換で立川駅を使うわけですが、駅の中に、強烈なお店を発見!!

s-CA390436.jpg

かにチャーハンの専門店です。

その存在に、あまりに感動して、人のブログまで調べてしまいました・・・。

だって、チャーハン専門店ですら、危険なコンセプトじゃないですか?
チャーハンって、中華料理屋で、ラーメンとセットでやっと食べれる程度なのに・・・。

ただ、私はオフィスや自宅で中華料理屋を見つけると、
最初に名物ラーメンを3回たべることと、チャーハンを食べることは、
そのお店への礼儀だと思っています。

それぐらい、チャーハンというのは腕が出るんです。
日本料理の卵焼き、イタリア料理のオムライスと同じように、
卵を制することができるかどうか??は、料理の基本なんですね。
料理人が火力をどう考えているか?ということの一つの答えだからだと思います。

面接で行ったら、自己PRみたいなもんです。
それ以外は、オマケですよ。オマケ。

で、その自己PRだけのお店が出てたら、びっくりするでしょ。

履歴書も忘れ、リクルートスーツも来ていない就活生に
「俺の自己PRだけを聞いて内定だしてください。」と言われた気分です。

そんなに自信あんのか・・・と。。。




評価は、どうぞ、ご自身の舌で。。。な。。。内定・・・。

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

OBに訪問するだけでは、危険です。

先週末、OB訪問の振り返りを行いました。

s-CA390434.jpg

世の中にOB訪問イベントが少しずつ増えているようです。
それはいいことですねー。ドンドンやるべきです。

ただ、OBに訪問するだけでは、危険です。
OBの方が「あんなメンドクサイ学生にはもう会いたくない・・・」
と思われるかもしれませんし、自分の中に疑問や納得感の無さを残していては、
次の訪問に影響が出ます。もっと言うと「もう訪問したくないや…」になる可能性もあります。

ですから、事前の研修と自己の振り返りが絶対に必要なのだと、私は考えています。

コミュニケーション能力とは、相手との距離感を作れる能力のことですね。
底辺に@マナーがあり、その次にA信頼関係があります。
最後にBヒアリングファーストがあります。

@とAは社会性が身についているかどうか?です。たとえば約束。
相手と約束をするということが出来なければ、そこには距離感は生まれません。
相手と約束をする際には、どんなことがあっても個人で責任を取る!という意志・責任感が、
必要です。それを端的に表すのが「名刺」というわけですね。自分の名前を書いた紙です。

最後のBは、よく面接指導なんかでも言われる「人の話をよく聞くこと!」ってヤツですね。
書くまでもないことでしょうけど、自分の聞きたいことばかりを聞くのではなく、
自己中心から、他者中心の考え方になれるかどうか???ということですね。


こんな話はごく一部ですが、たとえば・・・こんな当たり前のことを身につけずして、
社会人の先輩に会うのは失礼ですからね。

でも、社会人の人に会ったことも無い人が、
当然の権利を主張するかのように選考や面接に行くのもどうかと思いますよ。
社会のことを少しでもわかったうえで、「お仕事ください!」と言いに行くんですよね・・・

OB訪問なんて、そんな覚悟を手に入れるための学びの時間です。

学びを機能させて、ドンドン、OBに会いに行きましょう!

http://社会人訪問.com/about/

OB訪問イベントは、今月もやります。26日ですねー。ご参考まで。



posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

ツイッターは…人事からの連絡が来るときに電池なかったら…笑

学生さんの世界でも、ツイッターが大流行りですが、
私には、リアルタイムというのがなんとも…。
自己に対する精査がないのが奥ゆかしさを感じないシステムで、
どうも苦手です。

さらに、「そんなに暇じゃねーし。。。」というのが私の感覚。

「実際、みんなID持ってますけどね・・・使ってないですよ。
 一部のヤツらしか、情報配信しないし、飽きるし。」とか、
「いやー、ツイッターは…人事からの連絡が来るときに電池なかったら、笑
 話にならないので、就活中には、iponeじゃ見ないですね。
 家に帰ってから、ちょっと見る程度ですかね。
 ただ、情報の真偽性や深さ、読み応えはないですよね。」とか、
学生さんにインタビューしても、こんな感じ。

情報ネットワークとしての広がりや瞬発機能はあるんでしょうけど、
それによって、どこまで足が動くか?心が動くか?は疑問視です。

もう少し、静観してみたいですね。
12卒向けには、騒がれて、13卒向けには、
新しい形になる・・・という感じでしょうか。
就活生が、みんなipad持ち出したら、変わりますかね???


さて、昔、私のアシスタントをやってくれていたメンバーが、
ブログを始めたとのこと。子育て日記ですね。

マッチャンブログ。
http://ameblo.jp/arumik00/

改めて、ブログって凄いなーと思いながら、ニヤニヤみました。

日記・・・という感覚が良いんでしょうね。
一日の振り返り・・・成長の記録・・・。
ブログというのは、自己認識を深めるツールだと思います。

ツイッターってのは、何認識を深めるんでしょうね。。。
やってみないとわからないですかね。。。

はてさて。積極的に、やってみますかねー。
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

夢を追いかける!それを宣言する!

日本代表のサッカーの試合があったのに、
キャリアアドバイザーのスクールのお手伝いの後、
先生と話こんでいて、すっかり見逃してしまいました。。。

そんな横浜駅からの帰り道に、
一つのバンドと人だかりができていたので、
ちょっと覗いてみました。

みんなサッカーそっちのけなんですね・・・。

s-CA390432001.jpg

センチメンタルとかなんとか言ったかな?

夢を目指している若い人たちには、パワーがありますね。
人が引き寄せられるパワーが!

自分が目指しているものを本気で人の前で発表できるって、
凄く素敵なことですね。就活生も夜、駅前を歩いているときなんかに、
ふと、路上ライブのアーチストの前に立ち止まってみると良いと思いますよ。

夢を追いかける!それを宣言する!

そういうパワーって、自分の中から出すものですが、
人からわけもらうこともできます。

否定されると、結構、すぐに傷ついてしまうものですからね。
それでも、前に進むべきなんですよ。正々堂々とね。

続けていれば、アナタの言葉に、立ち止まって聞いてくれる人もいますから。
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

あなたは花にたとえると、どんな花ですか?

久しぶりにお花を頂きました。
嬉しかったですねー。ありがとうございました。

s-CA390398.jpg

「あなたは花にたとえると、どんな花ですか?」

面接で、聞かれたときに、どう答えますか?

日本という国には、四季があって、駅前にはお花屋さんが沢山あります。
折角ですから、たまにはお花なんかを買ってみるのはどうでしょう?

私は、昔からよく買に行きます。

学生団体のイベントに参加をする時や、
誰か知人のステージに呼ばれた時、
女の子個人に渡したことはあんまりないですが。。。

人に上げようとすると、その人のイメージを考えますし、
人から花をもらうと、ちょっとそんなことを考えてくれたのかな?
なんて、自分を認識する深さが変わるかもしれませんよ。

ま、試してみて下さい。なんでも、挑戦ですよ。

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

女子大生2人組のOG訪問とやらに付き添い

9月に入りだしまして、体重を計りだしました。

年明けに69KGだった私は、5月のハーフマラソン大会に向けて、
体重を61KG代まで落としましたが、その後の酷暑の日々に、
まったくランニングを止め、しかも、ビール三昧。。。

これは、そろそろセミナーのハイシーズンを前に、
いかんな・・・と思いまして、改めて体重計に・・・64.5KGふらふらたらーっ(汗)

さて、やせないと女子大からのお仕事が減ると困るので、がんばりますか。。。

女子大と言えば、今日は女子大生2人組のOG訪問とやらに付き添いました。

ま、現役の女子大生に、中学校の時に隣に座っていた同級生を紹介しただけですが、
なんだか「熊ちゃんも、来てくれるんでしょ?」という話になったので、
学生さんが自主的に企画し、それにくっついていく・・・という条件で同行です。

数週間前からのメールのやりとりもCCに入れて頂き、
初めてのOG訪問の緊張感をおすそ分けしてもらいます。

集合場所は、どうやら溜池山王にしたらしく。素敵カフェです。

19時の待ち合わせのために、駅で学生二人と合流しますが、、、
自分達が設定したカフェの場所がわからない・・・街は六本木から溜池山王の迷宮。

s-CA390428.jpg

ダッシュ(走り出すさま)小走りに、、、お店へ・・・。あせあせ(飛び散る汗)

ギリギリに到着するも、そのお店・・・の入り口には「本日、貸切パーティ」との看板。ドコモポイントがく〜(落胆した顔)

アタフタと違うお店を探して、OGに電話をかけて・・・。
やっと席についてお話始めたのが、19時20分。。。

のっけから緊張の空気が破れず、、、会話が噛み合いません。。。

せっかく名刺交換ができて、相手からひと言、
「あー、珍しい名前だねー。私の姉と同じ名前ですよ!」わーい(嬉しい顔)
なんて言ってもらっても、
『は・・・はぁ・・・そうですか。。。』がく〜(落胆した顔)
と、会話が止まります。

なんとか先輩が話を切り出してくて、ひたすらに聞くモードに。

開始20分。。。19時40分が回ったところで、私だけが食べ終わり、
二人ともまったく食事に手を付ける余裕すらなく、まるで授業中。。。な感じ。

s-CA390429.jpg


<参考>
OB・OG訪問の出だしの会話のコツはテクニックではありません。
同じ方向を向くことです。座り方ではないですよ。スタンスの話です。

たとえば、回りの街の様子や店に対して相手と同じ方向をみて、
「いやー、お店を急に変えてスミマセン。でも空いてて良かったです。」とか、
知り合いの人に対して相手と同じ方向をみて、
「紹介して下さった●●さんとは、結構、頻繁に連絡とるのですか?」とか、
最近のニュースでも良いです。政治とかは、受けないからスポーツとかね。。。


やっと、打ち解けてきて、そこからは怒涛の1時間。
笑い声は響かないにしても、改めて日本型大企業の女性のキャリア感覚に、
現役女子大生の2人が必死に質問を繰り返す表情に、なんだか嬉しくなりました。

もっともっとお話ししたかったんでしょうが、
ま、集合時間から一時間半、、、そろそろかな・・・と思って、
私が話を切って、解散にしました。
是非、数日中に訪問の2人から落ち着いて感想を聞きたいものです。

OB・OG訪問は、聞いた内容や経験に満足するのではなく、
そこからフツフツと湧き出る自分の感情や意志に焦点をあてると良いですよ。
そのフツフツ感覚は、ネットで検索できない自分オリジナルなものですからね。


今日の2人は、よく頑張ったと思います。
もう1人でも行けると思うので、ひるまず、
今年中に、もう10人ぐらいは軽く挑戦してほしいものです。

なにしろ、まだ大学2年生なのですから・・・。

<今回は大学2年生の挑戦ということで特別に付いて行ってみました。普段はやりません。>


ー(長音記号1)ー(長音記号1)追伸ー(長音記号1)ー(長音記号1)

帰りしなに、「あー彼女達に見せれば良かった・・・」という話になった瞬間をパシャリ。

s-CA390430.jpg

「開発の仕事だからねー。4台もって生活しているのよ。」

まるで・・・トランプですね。。。笑








posted by 就職エージェント熊沢 at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月31日

死神。

最近、この人と良く飲みます。今日はいよいよ本拠地・巣鴨へ・・・。

良く・・・というとどのくらいかというと、ここ一か月で3回ぐらいです。

s-CA390426.jpg

就職エージェントの経理をやっていた人です。
経理どころか、財務やら経営企画やらの統括ですね。

我々、若造や現場の人間からはわかりもしない日々の苦悩であったり、
そして嬉しさだったり、寂しさだったりを感じている人・・・
そして、その職の人は、それを誰かと共有できないという宿命です。

会社の生き死にを一番間際で感じている役職・・・そう、
いうなれば写真のコップ酒に書いてある二文字「死神」という役職です。



そういえば、海賊と忍者の漫画は比較的有名ですが、
もう一つ、連載10周年の死神漫画もジャンプの売り上げを支えています。


sotei_comics.gif

(ちょうど、今、コンビニのコミックスコーナーに最新刊が並んでますね。
 この画像の女性は主人公でなくて、今、死にそうな脇役のオネーサン。)

先々週でしょうか? 2010年38号の少年ジャンプで、
「進化には恐怖が必要だ 今のままではすぐにでも 滅び消え失せてしまうという恐怖が」
こんな台詞が出てきます。

今までの少年ジャンプでも主人公が死にそうになって、
ないしは、一度死んで、そこから強烈にパワーアップするシーンはありました。
それはスーパーサイヤ人しかり、覇王色のなんとかなんとかの・・・って話です。

この死神漫画にも「死神の限界の壁を真に超えるには、一度死ぬ必要が有った。」
なんてのは出てきます。集英社お得意の「強さのインフレーション」です。
物語のためには必要な展開ですね。脇役がついていけなくなってしまうんですが。。。

しかし、今回、切り口として凄かったのは、

「進化には恐怖が必要だ。」

という自分との葛藤をタイトルところですね。死にそうになることが必要なのではなくて、
死ぬことが必要なのではなくて、(現実社会では死ねませんから。)
死ぬことへの恐怖を直視することが必要なわけです。現実から逃げては変われません。

「進化には恐怖が必要だ 今のままではすぐにでも 滅び消え失せてしまうという恐怖が」
 という言葉は、まさに就職活動生にも届く一言ですね。

ギリギリの恐怖と正対する度胸があるかどうか・・・これです。
その度胸の先に、戦う勇気が自分のウチなる世界から出てくるかどうか。。。ってことです。



33歳。

社会人になって10年もしてはじめて、
その経理・財務という世界の人の本音「死神」という世界に触れました。
私もその世界の恐怖を正面からとらえて、進化したいものです。変化ではなく、進化を!


まだまだ世の中には勉強しなくてはいけないことがありますね。

まだまだ知りたいことが沢山あります。

凄いことです。

凄くたのしいことです。


posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月22日

社会人訪問イベント第三回をやりました

さて、今日は社会人訪問イベント第三回をやりましたー。

まずは、ガチガチの自己紹介から・・・。

s-社会人訪問第三回.jpg

一緒に訪問時の質問や対策を考えて、
自分の興味関心のアンバランスを整理します。。。

s-DSC01063.jpg

昨年、OB訪問本として協力してくれた30人のメンバーから、
今日は3人の4年生が助っ人で来てくれて、
強力な社会人スタッフも参加してくれる本イベントは、
主催者側からは学生さん個々の成長が見えてステキです。

まず、事前のオリエンテーション「なぜ社会人訪問か???」ですね。
そして、実践。(主催者側で社会人を紹介します。)
最後に、一か月以内に、振り返りをプロのカウンセラーと個別で行う。


これがあると、セミナー型の研修ではわからない一人一人の成長が、
火を見るより明らかです。。。本人が依存せず自立できるなら。

ただ、おそらく学校も、各種の就職支援会社も、
めんどくさくてやれないですよー。規模が大きければなおさら・・・
イベント参加者全員の自立を促す個別対応なんて。。。笑

これからも色々な就活イベントがあると思いますが、
それらに参加することで、何が「して貰える」んだろう。。。
と思わないで、自ら進んで行動ができると思えるなら、
きっと機会はいつでも力を貸してくれます。


社会人訪問は大変だし、めんどくさいので、
あなたが本当にやる気だったら・・・ですけどね。

昨年の30人を超えるために、今年は50人ぐらいの挑戦者を、
募集してます。いよいよ10人の挑戦者が揃ってきました。

残り、40人しか募集しませんので、
また9月の中旬〜下旬にやりますから、ご興味ある方はチェックを♪
posted by 就職エージェント熊沢 at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月21日

日産EV車リーフを運転してきました!

今日は、日産のEV(100%電気自動車)のイベントに、
埼玉スタジアムまで行ってきました。

s-CA390423.jpg

なんと、高倍率の抽選を勝ち抜き、試乗まで体験。
やばい・・・音がしない、、、加速が、宇宙映画のワープ前・・・。

1947年に開発を開始した電気自動車がいよいよ。。。

s-CA390426.jpg


とにかく衝撃でした。
こりゃー、電気自動車の時代が来ますね。
今までの車を運転している感覚とは別次元です。

たぶん、本当はもっとすごいものを開発できるんだと思います。
メーカーは、市場に投入する2・3個先のモノを開発してるでしょう。

数年前に携帯の開発している友人から、「そのうちねー、
PCみたいにソフトをダウンロードして使う携帯が発売されるよ。」
って言われて、「まじ?意味不明だ・・・」なんて思ってたら、
このアイフォン騒動ですからね。。。


たとえば、本当にコンセントで充電します。
排気ガスが一切でない。。。排ガスを出すマフラーがない・・・。

s-CA390424.jpg

ってことは、救急車が病室まで入っていけることですね・・・とか。

電気不足になったら、となりの車から充電させてもらえて、
それがキッカケで恋人になったりとか、するわけですよ。

それは想像ですけど、きっと、数年後、十数年後には、
エライことになっているはずです。未来を感じるのは実に面白いです。

s-CA390428.jpg s-CA390429.jpg

さいたま市の清水市長も途中で登場!
町ぐるみで車が社会を変えていくことを、考えているわけです。
そのうち・・・ガソリンスタンドどころか、道とかいらなくなるかも…。

その後の参加者全員でのワークショップも相当盛り上がりました。

s-CA390430.jpg

私がリーダーを仰せつかった班のテーマは、
「若者の車離れをどうするか?」です。車メーカーの命にかかわります。
EVだと、若者を巻き込んで何ができるでしょうか???
広い大学はEVにソーラーつけたら、教室間を無料移動できるかも…
少子化で学校が広くなったら、EVを学割で使えるようになるかも…

このテーマは、学生を巻き込んで、話の続きをしたいものです。。。


未来を語り合うのもは面白い♪
そして、その想いがあれば、かならず人はそこまで行ける!

大抵、この手のイベントに集まってくる大人は、
ちょっと変わった想いのある「ネットワーカー」が多いので、
たくさん、名刺交換をさせて頂き、未来について話まくりました。
(新卒採用をやってますよ〜なんて方がいて仕事の話もチョロっと。笑)


名刺とハートと行動力さえあれば、どこまででもいけるわけです。

未来を覗き込むことだってできるわけです。

世の中、面白いことばかりですよー。

さー、閉塞感などぶっ飛ばして、学生さんも大学を離れて、
どんどん遠くへ!どんどん世界を広げて!どんどん未来へ!!!



>イベント関係者の皆様

楽しい会を、素敵な機会を本当にありがとうございました!!!
頭の中と人脈的に、とっても広い世界を頂き、感謝しております。
(特に、NPO事業サポートセンター池本氏には大感謝を。)
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。