2007年02月02日

就活スキルの高い学生に、人事は興味を示しませんよ。

こんにちは。
DOキャンパス就職エージェント、改め、
THE C-SQUARE TIMES 編集長 熊沢です。


今日のC-SQUAREは、とある会社の人事の方が登場されました。
そして、内定者の方々が就活生の間に入って、
一緒に、ロジカルシンキングの考え方について学びました。


ロジカルシンキング=論理的思考とは何でしょうか?

例えば、自分の意見を言う時に、
「結果・結論」⇒「原因・理由」⇒「私見・感想」
という順序で話ができると、ロジカルに話しているようですね。

えっと、、、電車が止まってしまって〜
私は間に合うと思ったんですが、、、5分ほどバイトに遅れてしまいます。


とか、

学校のテストが急に入ってしまって、昨日まではOKだったんですが、
予約していた今日のセミナーのキャンセルをお願いします。


っていう話の順序は、ロジカルではないですね。気をつけましょう。
「結果・結論」⇒「原因・理由」⇒「私見・感想」ですよ。
(『脳無い豚はすぐ臍を出す!』・・・人事には、一瞬で、ばれますよ。)


ちなみに、このセミナーは、内定者の方が受けるような、
入社準備のレベルに匹敵するほどの質の高い内容です。

上記の思考法より二歩も三歩も高度な話で、
ロジカルシンキングの中の「ロジックツリー」の話が中心です。

知ってますか?

・WHYツリーですとか、、、
・HOWツリーですとか、、、
・WHATツリーですとか、、、

理系の人はどこかで聞いたことがあるかもしれっません。
ただ、文系の人も一度、身に着けた方が良い思考法です。

文系なのに「おまえ、論理的なこと言うよね、、、」と言われる人や、
とか、歴史を年号でなく、繋がりで記憶して試験に臨んでいた人は、
一度、思考法は整理しておくことをお勧めします。
きっと、課題解決能力が倍になりますよ。


詳しくは、次回が最終回ですから、是非、参加をしてみてください。
大学ではまず教えてくれないスキルが身につくと思います。


社会人になった後でも、何か課題にぶつかった時に、
大人の思考(ロジカルな思考)で、それを分解する方法をもっていると、
単純に課題解決の時間が短縮されます。

私も、講師やC-SQUARE運営の仕事以外の
「マーケティング業務」を行う時は、必ず、これを使います。
きっと、就活でもかなり使えると思いますよ。

今、皆さんの前にある課題が何なのか、一瞬でも見失いそうなら、
そこは、ロジカルシンキングが足りてないからかもしれません。

実際に選考の場で使える能力だけでなく、
立ち止まって、考える!という技術も、
C-SQUAREで身に着けられると良いですね。

人として、一歩一歩、成長していきましょう。

就活スキルを高くするのではなく、実力のある社会人を目指しましょう。

就活スキルの高い学生に、人事は興味を示しませんよ。

人事が必要としているのは、
就活スキルの高い学生ではなく、イケテル新入社員ですから。



posted by 就職エージェント熊沢 at 18:01| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。