2007年02月26日

内定承諾の先に。(学生団体の活動場所)

こんばんは。
THE C-SQUARE TIMES 編集長 熊沢です。

土曜日に、キッカケサミットという学生団体が、
100団体以上集まる会に行ってきました。

会場のオリンピックセンター(通称 オリセン)には、
数百人の学生団体の代表が来ていて大盛り上がりでした。


今回の企画の代表のワタナベ君は、実は以前、
就職エージェントでインターンを何ヶ月もしてくれた学生さん。

就職エージェントサービスが展開されているC-SQUARE(以下、C-SQU)を、
学生団体の為に無料解放を!と意見を貸してくれたのも彼です。

50人規模のオリセンの部屋は、大人気で予約が取れないらしいですね。

でも、クラブを貸しきれば、時間単位で結構な金額がかかるし、
どこぞの大学でやると、その大学以外のメンバーが参加しにくいし、
かと言って、駅前のドトールで集団で座れる人数は、せいぜい10人ですね。


実は、私も学生時代に学生団体の活動を幾つかしていました。
そこで、とにかく困ったのが場所でした。

集まる場所も、MTGをする場所も、ちょっとしたイベントをする場所もない。

で、ワタナベ君から意見を貰って、空いてる時は、
C-SQUを学生団体に無料で貸し出しすことにしました。
(写真*私の左手にいるワタナベ君。イケメン。)


勿論、予約制で責任管理や掃除がしっかりできて、
目的がC-SQUAREと合致していれば。。。ですけどね。

それから、豊かで夢のある社会創造の為に、
元気でイキイキした若者の育成に繋がるコンテンツなら、
DOキャンパスのメーリングリストで毎週数万人に告知も出来る!
 
ってオマケつきで!です。

私の時(7年前)はPRネットという会社が空きスペースを作ってくれて、
学生団体:学生サミットのOB大西さんが、スペースを貸してくれました。
そのスペースのオカゲで、500人キャンプというイベントを皆で0から企画し、
そこに友達の友達の友達をつれて来てもらって、スタッフを募りました。
そこがあったからこそ、大成功を収めるに至ったんだと思います。
私は、そこの小さなロッカーにスーツや洗面具を置き泊まってましたね。。。

その後、その「場所」の大切さに気付き、
『数千人の熱い大学生と、20世紀から21世紀になる瞬間を味わう!』
という「カウンドダウンイベント XX+I 」を企画した時は、
新橋(リクルートさんや、グローバルネットワークさん)に事務所を幾つも、
無料で借りてました。
最終日のスタッフMTGは百人規模でやっていた気がします。

懐かしい思い出です。。。

その恩返しと想いを、後輩に繋ぎたいという気持ちを、
C-SQUで創って行けたらなぁ。。。と常に思います。

就職活動で知り合い、それを人生のキッカケとして多くの仲間を得て行くのは最高ですね。
それは、社会への扉を皆で開ける感覚
・・・まさに、21世紀という社会と言う海に乗り出す感覚ですね。


(写真*私の右手にいる彼は、高橋ゲンタロウ君 イケメン2。)
就職エージェントのセミナーによく来てくれていました。
10回以上参加してくれてたメンバー『通称:フタケターズ』
彼らの独自の就活スタイルは、彼らの発案で、
C-SQU体験談として、C-SQUAREにファイリングしてあります。

多くの仲間を手に入れて、この春から社会人になっていくメンバーです。

就職エージェントは、皆さんが納得内定までは100%コミットできます。
幾らでも支えてあげることが出来ます。でも、その先は、皆さん1人1人の人生に100%コミットしてあげることは出来ないです。

でも、きっと就職活動で出会った仲間と何かを企画し、
苦しみを共有する学生団体活動なんかを過ごしたら、
きっと、自分の人生に100%コミットしてくれる仲間が出来るはず。

就職エージェント(C-SQUARE)をキッカケに、
就職活動の先にある素晴らしい人生にリーチして欲しいものです。

共に21世紀を創るメンバーとして。

勿論、「ふるすまいる」で。


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。