2007年06月29日

はまる入院生活 6

2日目は夕食後に、ベットからのそのそ起きて、
うろつく事が出来るようになった。
テレビカードなるものを1000円で購入し、
普段、あまり見ない夜のバライティ番組を見てみる。

ダウンタウンが面白い。。。

が、笑うたびに激痛がお尻に走るので、危険な番組だ。
と思って、チャンネルを変える。
K−1ワールドグランプリがやっていたが、
これまた力が入る、1ラウンドでKOされそうだった。
フルラウントで、私は再手術になりそうだったので、
これもチャンネルを変える。
最後に、例の菅野美穂が主演している裁判ドラマを、
涙を流しながら見たところで、寝た。

なんだか病室とはつまらない。娯楽がない。
翌朝は夕食時に仲良くなった病室のおじいちゃん達と、
話をしたが、「若者との会話」が楽しいのか、
続々集まってきた。しかし、楽しい話題がない・・・。
一通り、おじいちゃん達の病状を聞いて差し上げて、
各種の病気に、ちょっと詳しくなった。
後、おじいちゃん達が、窓の外の日々の変化で、
盛り上がったが、どう見ても私には同じ風景だった。

高齢化社会を感じるほどではなかったが、
私が一生懸命にC−スクや就活生の話をしたら、
「若い人はいいねー、
 早く退院しないと仕事が溜まるでしょ。
 私らは、退院しても何にもないからな・・・」
と言われて、なんか少し申し訳ない気持ちになった。

3日目の朝食が終わると、私は退院になるので、
その朝食時に一番仲が良かったおじいちゃんに、
半分しか使わなかったので、テレビのカードを上げた。

凄く感謝してくれて、喜んでくれたが、
なんだか良い事をした気持ちにはならなかった。

普段、自分の携帯電話に登録していないコミュニティの
人と多く話して自分の世界観を広げよう!!!と、
話しているが、横への繋がりはC−スクで作れても、
なかなか縦との繋がりってのは出来ないものだ。

ほんの数日間、新しい縦の繋がりを手にいれた私は、
自分が仕事に集中できる幸せを知った。
「仕事なんかやだー」と思っている新社会人や、
「なんで就職なんかしなきゃいけないのー」と言う、
大学生達に電撃を落としたくなるような病室であった。



posted by 就職エージェント熊沢 at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>はまる入院生活。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はまる入院生活 5

入院2日目 

今日のビックイベントは、なんと言っても食事である。
普段当たり前に食べている、、、
仕事で忙しいと、「いいか、メシなんて!」と、
意味不明にないがしろにしているこの食事とう行為が、
こんなにも待ち遠しかったことはない。

しかも、旨かった。

思わず、どうやってつくったの?このオクラのオカズ?
と、聞いてしまうほどの旨さであった。

さすがに味だけに集中できず、口の動きに気を使ったり、
大腸検査で見つかった私のお腹のペット
(どうやら、盲腸に巣くっているらしいアニナキス虫)
に、餌を上げる気分にもなったりもしたが、
とにかく、メシが旨い!ってのは健康なことだ。

退院後の諸注意をうけたら、1・2ヵ月間は、
・酒を飲むな。
・運動は駄目。
・プールも海も駄目。
・サッカーやれるもんなら、やってみろ。
・自転車も絶対駄目。
・車運転も2時間以内。
・薬は5種類
っと、私は夏を取り上げられた形になったが、
それでも食事が旨いというだけで、十分な幸せだ。
とっても小さな幸せだが感じる心が大切だと思う。

新居に移って、ガスコンロも新調したので、
この夏は料理の腕でも上げようと思う。
飲食店の責任者が長かったので、料理は大好きだ。
商品を作っていたので下手でもないだろう。
でも、上手い!って程じゃないので、特訓しよう。

目標が出来ただけで、急に充実した気持ちになってきた。
不思議なものだ。憂鬱なときは目標を立てるに限る。
ものすごく小さな目標をたてて、それをこなす。

これを繰り返すと、スランプや気分が落ち込んだときに、
自分を立て直せる。ちょっとしたことへの意識付けだ。

就職活動は誰もが落ち込む日々である。
その脱出法として、小さな目標と小さな幸せの意識を、
是非、お勧めしたい。
posted by 就職エージェント熊沢 at 10:00| Comment(1) | TrackBack(0) | <特>はまる入院生活。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。