2007年07月24日

戻れる場所や仲間がいるヤツは半端なく強い。

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

ちょっと個人的な話だが、
私は浦和育ちなので、無類のサッカー好きだ。
(個人的な話は、「である調」になる。)

アジアカップから目か離せない…
週末の日本代表のオーストラリア戦は
歌舞伎町路地テレビの前で歓喜の雄叫びを上げた。

思い返せば、大学時代はHOGWEEDと言うサークルに所属して、
授業後(正確には出席確認後)は、常にグランドにいた。

私が第4期代表をしていたころは、
11人がやっとの小さな小さなサークルだったが、
このサッカーサークルが好きで好きでたまらない。

サッカー試合.jpg

今も、そのチームにいて、大好きな仲間たちと、
社会人チームとして月に一回は世田谷でフットサルを楽しむし、
現役大学生のチームは関東カレッヂリーグで最上位クラス
(に成り上がった。私の代は2部から3部に落とした。泣)。

実は、先週末は、「運動禁止!お酒禁止!」の体ななのに、
写真係・得点記録係をかって出て、朝からグランド脇にいた。
夜のOB総会(立食パーティー)にもノンアルコールで参加。
大抽選会で現役生を差し置いて、伊豆旅行チケットを当てた。

山田一平.jpg

そんなOB総会で、びっくりと感動の再会をした。
後輩が「DOキャンパスの熊沢さんですか?」と話かけてくれた。

「やまもとです!わかりますか?」

『いや。。。ごめん、、、2年間で10000人の就活生と、
 C-SQUAREで会っているから流石に山本だけでも、、数十人。。。」

「昨年の「商社ってなんだ?」のセミナーに参加したんですよ」

そう、後輩の一人が、C-SQUAREに登場してたらしく、
そこまで話して、『あ〜!!あのー時の!!』と盛り上がった。


思わず自分が持っている大学のサークルというコミュニティを誇った。
この繋がりに感激した。このOB会自体、今回が第一回の開催で、
ずっと年齢が下の後輩のメンバーが企画してくれたものだった。
それが企画・開催されたという事実だけで物凄くうれしかったし、
私は高校時代「応援団」だったので、
サッカーサークルのコミュニティを持ってない。

だから大好きなサッカーをやる仲間というと、このサークルしかない。
サッカーをしに戻るところは、ここしかないのである。

この「○○をしに戻る」ところ。
「○○をしに帰るところ」を自覚できた瞬間が嬉しかった。


正直、高校時代に部活でバリバリやっていたメンバーより、
サッカーは上手くないと思うし、
代表をやっていた理由は、完全にそのサークルへの熱とキャラだ。

それでも、自分が少しでも携わったり、
お世話になったりしたコミュニティを大切にして、
仲間や先輩後輩と戻れる場所・帰れる場所を共有することは、
得意だし、最近、その行為自体が大好きな自分すら自覚している。

↓これは、参加したOBのみの集合写真。現役含めたら倍の規模↓OB総会.jpg



好きこそものの上手なれ。


過去や帰れる場所を守り、誇りに生きて行こうと思う。

きっと、戻れる場所や仲間がいるヤツは半端なく強い。
何度でも失敗して何度でも蘇えることが出来る強さを持つと思う。

「いつ戻ってきても良いんだぜ」「おかえり!!」

と言うムードの場所を持っていること。
これは、不労の力をもっているのと同じ意味だ。

C-SQUAREも、成長を求める就活生にとって、
そんな場所にしていきたいと思う。


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。