2007年07月26日

「Take Action! 7・29」

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

昨晩の日本代表の敗戦を語りだすと切りがないですが、
サッカーで頭がいっぱいだったので、今夜は一つ話題を。

「Take Action! 7・29」

これ知ってますか?


サッカー元日本代表の中田英寿さん(30)が、
参院選への投票を呼びかける動画
「Take Action! 7・29」を
インターネット上で公開した。
所属事務所によると、引退後に続けている「自分探しの旅」の中で、
「多くの問題を抱える日本を変えるため、
 選挙への投票を広くPRすべきだ」
と考えたといい、特定の党派や候補を支援するつもりはないという。



って話ですね。

選挙・・・行きませんか?

私は前職が政治家の秘書ですので、
行くのが当たり前だという認識の下、期日前投票に行きました。
(投票日の2週間前から、誰でも投票が出来ます。
 ちなみに、今回の期日前投票人数は450万人を超えてます)

私は大学生の頃から期日前投票か、投票日の早朝一番に、
投票上に行きます。髪の毛は全部金色で逆立てていてましたが、
スケスケのアーミーのベストに、サングラスをして行きました。
投票所の選挙管理委員会の人に、
「若者だって投票するんじゃ!しっかり選挙管理たのむぜ!」と、
メッセージを送りたかったんだと思います。



ま、どこの政党に投票するのも、
投票しないで白票入れるのも自由です。

選挙って、就活的に言うなら、国や社会や未来を巻き込んだ、
グループディスカッションに参加していて、
「何かご意見は?」と言われているって感じです。

横向いて鼻くそほじっている場合じゃないでしょ。

論点は年金でも憲法でも、
「二つ目の夕張を作らない!」でも、なんでも良いですよ。

自分なりの企業軸を持つように、選挙軸を持ってみませんか。
少しずつ面白くなりますよ。
政治家の街頭演説なんて最高の自己PRのお手本ですし、
選挙ポスターやチラシなんて、最高の履歴書のお手本です。

例えば。。。自分の職歴や経験だけ書いてあって、(喋っていて)
 「だから私に任せて下さい!!」って言われても。嫌でしょ。。。
  それを生かして、どうやって行きたいのか!を熱っぽく、
  伝えてほしいですよね。就活とまるで一緒ですよ。
 「大学時代キャプテンでした。だから私を2次面接に!」
  嫌でしょ・・・。

  「だって政治家なんか、誰がなっても同じじゃない!!!」
  は、悪い人事担当が、採用に疲れて呆れて口走る
  「結局、誰を採用しても学生なんて一緒ですよ・・・」
  と同じです。責任を放棄した最悪の発言じゃないかと思います。
  

その人から、その経歴から、どんな雰囲気を自分が感じるか。
どんな表情が素敵なPRなのか。必死に受け止めてみることですよ。
その1人1人をじっくり見ると、自分の就活力もUPしますよ。


選挙カーに手を振ってみて下さい。面白いですよ。

「ご声援ありがとうございます!!」

車に乗っている人は必ず拾ってくれるはずです。
その瞬間に、なんだか選挙というイベントに、
ちょっとだけ参加した気分になります。
ちょっとだけ社会を創る側になった気になります。




「多くの問題を抱える日本を変えるため、
 選挙への投票を広くPRすべきだ」

という中田の誘いにのってみました。
皆さんも、ブログや友達との会話で、
「選挙行った?」と問いかけてみてください。
そんな一言で、きっと社会を創っていることになります。

『社会人になる!』

一歩一歩小さなことからですよ。



posted by 就職エージェント熊沢 at 21:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。