2007年12月31日

来年もアナタのソバに。「XX+I」宣言

ひとつ前のブログの記事を受けて、
私も今年最後の忘年会に参加をしてきました。

大晦日になると、大学4年生の時に行った
「XX+I」というイベントを思い出します。


企画コアメンバーは50人。
当日のスタッフは200人。
来場者は2500人の若者。

20世紀最後の12月31日から
21世紀最初の1月1日の朝まで行った
学生主催のカウントダウンイベントです。


会場図.jpg

今、考えてもなぜそんな規模のイベントを、
何の信用も結成3ヶ月の寄せ集めの学生団体が、
実施することができたのかわかりません。

もし要因があるとすれば、
「時代をつくるんだ!」という想いを共有したからだ!
と、自覚します。恥ずかしげも無く。

だから、新しい一年が始まる前に、その想いを確認するために、
そのイベントの企画メンバーで必ず毎年集まる会を行っています。
いつもお話している様に、想いはアウトプットしないと確認できませんから。

CA390035.JPG
(今年は新橋で行いました。。。黙祷。。。)

その学生団体の名を21C−CREWと言います。
今はもう30近くて家族がいるので、「全員集合!」
ってわけには行かないですが、それでも下記の想いを確認して、
また新しい年に向かいます。各業界・各方面での活躍を誓い合います。

私は下記の想いを胸に、また学生の皆さんの前に出たいと思います。
社会への扉を「ふるすまいる」で堂々と開く学生さんが
一人でも多く生まれていくことを信じて。



〜下記、イベント報告書から抜粋〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



企画の一つである21世紀会において、
全スタッフによりステージ上から読み上げられた
21c-crewのメッセージであり、若者の21世紀への提言です。

報告書.JPG


「夢」という言葉は、21世紀にいたるまでに使い古され、風化してしまった。
私たち21c-crewはこのXX+Iというイベントを通して、
もう一度「夢を追いかける」ことを
21世紀に踏み出していく若者に、思い出してほしい。
「I」に火をつけろ、というコンセプトコピーが表すのは、
21世へ踏み出す若者が夢を追いかけるスタートラインにたってほしい、
という私たちの想いである。
夢とは、自分の思い描く幸せを創造するためにあがくことに他ならない。

私たちは全共闘時代のたぎるような熱さはなく、
逆にバブル時の若者のように、環境による夢の実現を
自分のものと勘違いしていた冷めもない。
自分のやりたいことを個として漠然と探しながら、
おりしも世紀が変わるとき社会へ飛び出そうとしている。
21c-crewは、21世紀になった今、
ここでやりたいことに情熱を惜しみなく傾けられる
若者に変わりたい。
自分のやりたいことや、何かにむかってわれを忘れる情熱を抱くこと。
あきれるような夢を抱くこと。
「I」が抱く夢にむかってあがきつづける人間になりたい。

XX+Iに集い、この世紀のかわりめを体験したみんなには、
「I」に火をつけろ、という言葉ですなわち夢を追いかけよう、
ということを21世紀の旗として掲げたい。
その言葉は陳腐かもしれない。
でも、次なる目標、夢が生まれるこの場所をプロデュースするために
我を忘れた21c-crewの姿こそ、夢を追いかける姿そのものであり、
XX+Iという場所をプロデュースしたことは、
夢をひとつ叶えたことに他ならない。
 この場に足を踏み入れたひとが、夢を追いかける準備ができること。
それこそが、「I」に火をつける、というこのイベントの目標地点であり、
そこから、一歩を踏み出し行動に移ることを促すのは、
ここに集った志抱く仲間のそれぞれの一歩です。

21世紀に、夢を掲げましょう。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2008年もアナタのソバに。


CA390038.JPG

<お取引先にお願いしたお蕎麦・・・美味しかった。。。感謝>


posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

今年も一年ありがとうございました。

こんばんは、
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今年もこれで終了ですね。

これで今年は終了です。

就職エージェントも、すっかり忘年会も終わりました。

(普段、熊沢以外の就職エージェントは、
3年生に顔を出しませんが、折角ですから画像をどうぞ。)

忘年会.gifC-SQUARE忘年会.gif


C-SQUAREでは良く話をしていますが、
就活生の皆さんは年末年始はひたすらに忘年会・新年会をして下さい。

そして自分の将来への話をして下さい。

自分の未来へのアウトプットはすればするほど洗練されていきます。


そもそも、社会人と学生との差はインプントとアウトプットの差だと、
私は思っています。

何かを得続けていれば良いのが学生。
何かを出し続けていれば良いのが社会人。

一人前の社会人は誰かを守るために、社会を守るために、
自分から付加価値を出し続けられる人です。

だから、就活生はその壁を前に挫折しながらも、
その壁を越えようと、「自分とは何か」を口から出しまくって下さい。

虚像でも良いです。
かなわない夢でも良いです。

必死にアウトプットして、その言葉と本当の自分との差に苦しみ、
努力を重ねてほしいと思います。

その行為が新しい扉を開きます。


自分より力の強い人を見つけたら、自分を出しまくって下さい。
同じ就活生を見つけたら、自分を出しまくって下さい。

自分の中から、出すことでしか、就活は始まりませんから。。。


がんばりましょー。


追伸

セミナーとしてのアウトプットの練習になる会は、
1月19日に体感ワークとしてUPしました。

超少人数制ですので、キャンセルしない人だけ、どうぞ。

posted by 就職エージェント熊沢 at 21:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

就活ノート

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

さて、昨日の大楠特派員のレポートの中に、「就活ノート」の話が出ました。
これは絶対につくってください。
ノート.gif
そこにメモされたこと一つ一つが自分らしさです。
自分の心が動かされたときにペンは動くのですから。
ある意味、自己分析ノートですね。

できるだけ大きなノートに、日々あったことを書き記してください。
自己PRのネタやこんな面接質問には、「自分ならこう応える!」と
いう明日の自分へのアドバイスを、何度も何度も書き記すことが大切です。
そのメモの変化が成長です。
そしてそれは記念になります。

初心に帰る一番のツールになります。
これから始まる就活の苦しい時に、喜びの時に、素直に自分と向き合える道具になります。
そして、いつか社会で挫けた時、自分を支えてくれる宝物になります。

こんな仕事についたので、私は年になんども、オフィスで自分の就活ノートを広げます。
なぜか涙が落ちそうになります。30歳ですから・・・
20歳代を自分なりに懸命に歩いてきた証を感じます。。。

そんな未来へのタイムカプセルを就活ノートとして、残しておきましょう。

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

「現役人事担当セミナー 商社研究・商社の面接」

こんにちは。
12月22日(土)「現役人事担当セミナー 商社研究・商社の面接」
を担当しました大楠友也です。

本日は(株)内田洋行 
人事採用担当 佐藤様にお越し頂きました!
071222-2.gif
実は本日のセミナーは、佐藤様から
「参加3年生は30人前後にしてくれ」というお願いがありました。

少数、超濃密セミナーですね。
東証1部上場企業の人事が30名のために自分の会社話そっちのけで就活に関するお話してくれるなんて
これまた贅沢なセミナーですね。。。

前半は、商社の存在意義を中心に、数多くの事例を交えながら商社研究が始まりました。
街の中の様々なシーンで、商社が大きく関わってきているというのが、印象的でした。
私は就活中に商社選考を受けませんでしたが、もっと深くみていたらなぁと痛感しました。

後半は、「商社の求める人物像」についてお話して頂きました。
「商社は人」「メーカーはモノ」なんてよく言われますが、佐藤様の「結局、最後は 人 」というお言葉。。。
深いですね。。。自己分析している3年生からしたら、少しヒントが見つかった一瞬だったかもしれません。

最後に、「あ え て」就活生が聞きたい面接テクニックについてお話頂きました。

「面接は戦いの場ではありません。戦いと力むと背伸びした自分を見せがちです。
本当に力のある人はしっかり自己分析してて会話に自信が感じられ、落ち着いています。」


…1年前の自分は「面接は戦争や!」とまで思っていたので、
お恥ずかしい限りです(*^_^*)恋愛に例えるなら、確かに、
恋人が自分の事をどんなに好きでいてくれても、
自分自身の夢も、将来も、明日の事も、
何も考えてなかったら、やっぱり嫌ですよね。

面接も恋愛も一緒ですね。「結局、最後は 人 」なんですから。

【3年生を見ていて】
みなさん、しっかりメモを取っていました!
しかし、メモは全部取りきれるわけありません。
そもそも社会人のスピードに即してメモが取れればメモの天才です。

だから、話の内容は自分の中で大事なポイントを考え、ピックアップし、
そして目の前のあなたの就活ノートを真っ黒にしていって下さい。

【3年生の感想】
 土曜日なのに、講義をしてくれる人事の方がいる
     という事に強い刺激を受けました。
 人事の方の考えが分かりました。
 人事の方の理解が深まって良かったです。




編集長より

大楠さんの特派員レポートの質が高くなって行くのを感じざるを得ないですね。。。
社会に出る前に就職活動を復習するってことに、それだけ価値があるか、、他の四年生にも伝えたいです。

思わず話が長くなりそうなので、コメントは明日のブログで。

まずは大楠特派員に海より深い感謝を。

ありがとうございました。

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月23日

神瀬講師による“「エントリーシート対策 そのA」”

こんにちは。
12月22日(土)の神瀬氏のセミナーを担当した大楠友也です。
今回は、神瀬講師による“「エントリーシート対策 そのA」”でした。
.
土曜かつ生憎の天気でしたが、
3年生も多く参加してくれて会場は満員でした!

さあ、エントリーシートという事ですが、神瀬さんは「あーしろこーしろ」と言いません。
私が就活生だった1年前と変わらない、「課題解決型」の神瀬スタイルです。

3年生が、今、エントリーシートについて不安に思っている事を聞き出し、
それに基づいて1つ1つ解決していくセミナーが始まりました。
こんな贅沢なセミナーって・・・(^−^)

いきなしですが、ここで、
本日の3年生のエントリーシートの疑問 ベスト3
エントリーシートの疑問
1位 「自己PRと頑張ってきた事の違いが分からない・・・」
2位 「ネタはどこまで脚色していいの?」
3位 「書くスペースが自由だったり、
   白紙のエントリーシートはどう書けばいいの?」

前半は、上記の疑問に対する答えを、順に3年生に提供していく神瀬講師。
また、3年生同士でチームを組み、自分のエントリーシートの内容共有もしました。
他人の話を聞いて、新たに気づきを得た3年生も多かったのではないでしょうか??

後半は、チームで決めた1つのエピソードとPRポイントを全体で共有しました。
正直、まだまだ読みにくい内容でしたが、中身は皆さん素晴らしいので、
本日の講義を元に、しっかり対策し、読みやすいエントリーシートを作り上げてほしいです。

頑張れ3年生!

メリークリスマス!良いお年を!来年もC-SQUAREをどうぞ宜しく!

【3年生を見ていて】
・本日の3年生は挨拶がとても素晴らしく、積極的でした!
・伝えたい事をコンパクトにする訓練をオススメします。
ぜひ、読む人の気持ちになって!

【3年生の感想】
 テンポが良く、盛りだくさんで、
とても楽しくためになりました。
 初めて参加しましたが、とても楽しかったです。
また来たいです。
 ESの書き方の見通しが立ってきたので、良かったです。
すぐに書いてみます。

⇒アンケートの中でも、楽しい、実践的といった言葉が多く目立ちました!


編集長より

大楠さん
レポートありがとうございました。
エントリーシートのコツは、とにかく「わかり易さ」です。

でも、普段自分をわかってくれている人(友人・家族)に、
( *´ノд`)「このエントリーシートどう??私についてわかりやすくかけてる?」
と聞いても、なかなかアドバイスはもらえません。

そこで第三者的な意見を聞くために、
去年の先輩達は、よくC-SQUAREで「はじめまして!」の後に、
エントリーシートの交換チェックをしていましたよ。

「俺の見せるから、君のも見せてよ!
 お互いに意見を言い合わない?」って感じで。

ただし、これをやるなら最低でも20人に感想を貰うべし!です。
素人数人からのアドバイスだけでは傷つくだけだからね。

そうだなー。
自分のエントリーシートに感想を書いてくれるC-SQUAREでの
出会いを20人作れたら、その後は個別で熊沢が添削をしますよ。


「はじめまして!」を恐れない!

そんな若者になって下さい!



posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

健康診断

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

風邪、、、はやってますね。。。
就職エージェントのオフィスもマスクマンで一杯です。
毎日何人もの学生さんと近距離で
就活アドバイスをするカウンセラー達は、
半数が学生さんからの善意(法律用語)のプレゼントを受け取ってます。




熊沢も今週の頭から風邪をひいてしまいまして、
家の近くの内科の先生に、「熊沢さん、また?」と叱られました。
実家に住んでいた時の近くの内科の先生(駒橋先生)は、
熊沢の「むちゃな生活」を知っているので、呆れて何も言いませんでしたが、
今年引っ越して、この秋からお世話になっている近くの先生は、
「一体、何の仕事してるの?」と呆れられました。

思わぬところで、就職エージェントの宣伝をさせて頂きました。

折角仲良くなったので、風邪の予防に関して聞いてみました。
以前、実家の近くの駒橋先生に一度聞いたことがあったので、
その真偽を確かめる意味でも聞いてみました。

「就活生が風邪を引かないためには、どうすれば良いですか?」と。

さすが・・・即答でした。

『ん?あ、手洗い、ウガイ。心配なら予防接種。以上』

だそうです。
内科の先生たちは日に何人も患者さんと至近距離で話します。
それでも風邪を貰わないのは、このポイントを守っているからだそうです。

内科医として理想的なのは診察室を3つぐらい持っていることで、
1人の診察が終わったら、隣の部屋。もう1人終わったら、その隣♪
と、移動しながら診察をすることで、その部屋と部屋を渡る時に、
必ず手洗いウガイをすることを欠かさないそうです。

そうすれば、どんなに患者さんの近くにいても大丈夫!とのこと。

皆さん、参考にしましょうね。手洗いウガイですよ。
(幼稚園でならったことって、本当に大切な本質的なことですね。)


体は資本ですから。


余談ですが、体が資本と言えば。。。
4年生になってすぐにある健康診断は絶対にうけて下さい。
体の自己分析だというのがその理由の第一番目。
次に、その書類は内定後に提出させられるから、
内定とれても健康診断書が無いと・・・
最悪の場合、入社できなくなってしまうからです。

社会人も一年に一回ぐらいは健康診断を受けます。
学生さんも「若いから・・・」と過信せず、健康診断しましょう。

さらに余談ですが、先日やった健康診断の結果が熊沢に届きました・・・
大体、A判定で「健康!」と書いてありましたが、
肝機能のところにC3判定が一つ。再検査でした。
ま、これは自覚があったので良いですが、、、

コレステロール値でE判定がありました。ショック!がく〜(落胆した顔)
再検査どころか、、、精密検査!と書かれていました。。。





このブログが閉鎖する日も近いか・・・


お互い、健康に注意して年末を乗り切りましょう!









posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

恩師と言う存在

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

大学時代にお世話になった教授(当時は助教授)に、
「お前、今年のゼミの忘年会は来いよ!」と声をかけて頂き、
水道橋まで行って来ました。意味不明な階段がある東口の天狗です。

私のゼミ恩師は外山先生と言う地方自治論や現代行政論を研究されている方です。
外山ゼミ1.gif
ゼミは公務員を目指す学生や行政を研究する学生が集まるゼミで、
昨日の飲み会はOBを含めると100人近い大所帯です。

現役で国家一種の合格者を出すような優秀なゼミで、
私は半ば落ちこぼれ。。。いや、合宿や飲み会の乾杯係をやってました。

それがなぜ?新卒採用の仕事をしているか?と思われるかも知れませんが、
当時から人と組織についての研究は当時から私の志向としてあったようで、
卒論のテーマは「総務省の人事局と人事院制度に関して」だった気がします。

外山ゼミ 前.gif外山ゼミ 後.gif

後輩たちに、私の宣伝のビラや私が載っているフリーペーパーを撒きまくって、
飲み会の締めの一言まで、OB代表で喋らせて貰って、帰って来ました。


とても楽しい時間でしたが、
実は後輩たちを前に溢れる涙を止めるのに必死でした。

乾杯の数十分前に訃報が届いていたからです。

外山ゼミとは直接関係は無いですが、大学の大先輩で、
俺は全共闘時代に七回逮捕されたぞ!
 学生時代は一生懸命にやれ!むちゃくちゃやれ!」

と笑う豪快な大恩師がお亡くなりになったと、連絡を受けていました。

サンデープロジェクトやブロードキャスターと言った有名番組を
プロデューサーという立場で仕掛け、
時代は創るものだよ。。。と言うことを、背中で教えてくださった方です。
私にそれまでまったく見えてなかった世界や道<未知>を示して下さった方です。

社会を背負う自覚の上に、社会を背負う責任感があり、
そのまた上に、社会を背負う使命感があるということを教えてくれた方です。

無償で我々に信用を貸してくれて、力を注いでくれてた彼は
就職活動後に知り合った仲間と学生団体(生田講師もその一人)を組んでいた
私達にとっては「現代に生きる吉田松陰」以外の何者でもありませんでした。

私がラーメン屋時代には、歌舞伎町店の入口に、
1人でフラっと、現われて、「熊沢、人生どうすんだ?」と
飲みにつれて行ってくれたことを思い出すと、目頭が熱くなります。


(この先は思いの丈をまとめたのですが、
 PCトラブルで文章が全部消えてしまいました。
 もう一度、0から書こうとしましたが、
 全身全霊の文章は二度かけないものですね。
 言葉が上手く編めませんでした。
 ちょっと苦しいですがそれは故人が私に
「ばかやろー、そんなの書かんでいいよ」と言っているのだと思います。)



大恩師に頂いた魂を後輩(この先に出会う全ての学生)に引き継ぐべく、
また明日に向かって行くことを改めて誓いました。
昨晩風呂場で、日大校歌を口ずさんで大泣きして誓いました。

私が現役大学生の時は歌えもせず理解もできなかった歌詞が、
昨日から、ものすごい重さになって肩に乗ります。


時代を超えるものって本物ですね。

時代を超える恩師達の想いを繋ぐ存在になりたいものです。


今はただ静かに、大谷哲郎氏のご冥福をお祈りします。

posted by 就職エージェント熊沢 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

「気になるニュースは何ですか?」という質問

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、めずらしく夜のセミナー19時〜21時です。

「時事ニュースに強くなる!日経新聞読み方講座」
ということで、山野さんに来て頂きました。

読み方講座全体.gif山野講師リード説明.gif

これはもう3年前からやってもらっていうセミナーで、
熊沢は、毎回毎回、目からウロコが落ちます。
日経サクセスWEBに2週間に一度、コラムを書かせて頂いてます。
さらに、C-SQUAREでは皆さんに切り抜きも配ってます。

いつも学生さんに伝えるために、ニュースを見ているつもりですが、、、
この山野さんのセミナーは、台本貰っても出来ません。

それぐらいレベルの高いセミナーです。正直、びびります。
「頭が破裂しそうなほど勉強になった。。。」参加した学生さんの感想です。

ところで、なぜ、「日経新聞」の読み方講座なのか?
これは山野さんが講座の前段でお話に、まったく同感です。

社会に出て行く前に、持っていて欲しい視点は二つあります。
@ビジネスの視点・・・モノ・サービスを作り出す視点
A消費者の視点・・・モノ・サービスを受けてお金を払う側の視点


この視点が必要です。
東京ガスを受けている時の志望動機に、Aを元に、
「御社のガスが大好きで!」って言っても一次面接で落ちます。
これは、すべての業界に言えることです。
よく出版社系でこの穴にハマっている人がいます。(すぐに、ES見直して!)

ま、その意味では、新聞はどの新聞でもいいんです。

ただ、日経新聞は他紙と比較した場合に特徴的なのは、
世の中をビジネスのメガネをかけてみている新聞だということです。
(ビジネスマンのモノノミカタが特集されている新聞ってことです。)
このビジネスマンのモノノミカタってのは、@ですね。

だから日経新聞は読んでおきましょう!って話です。

新聞.gif

さて、山野さんの講義は就活と絡めながら、噛み砕かれて続きます。
「気になるニュースは何ですか?」という質問は面接で良く出てきますね。

理由は、マニュアルが通用しない質問だということ。
そして、会社を受ける、その業界で働く本気度がわかるからです。

山野さんですら、普通の生活で気なるニュースは?と聞かれたら、
岡田ジャパンですかね・・・サッカーが好きだから・・・。
って、答えるそうです。でも、就活のシーンでその質問で聞かれているのは、
「聞かれているのはビジネス感覚」です。

相手の気持ちを考えれば選ぶのは、悪いニュースより、良いニュースです。

ただ、新聞を読んで記事を覚える必要なんかまったくないです。

その新聞の「漠然と」背景を感じることが大切です。
「こんな事件があった!」ということを事実として覚える受験勉強的なことは、
ストレス以外の何者にもなりませんから、やらなくてよいわけです。

例えば、新聞の記事に就活を通じて噛り付くのは、
初めての連続ドラマをみせられているようなもの。
だから、一回だけ見ても、次の回への興味もわかない。
でも、知らない、見たことのないドラマでも、
どんな背景のドラマなのか。。。がわかってくると、
ちょっとずつ、面白くなってきます。
世の中が。

面白くなってくるんです、目に見える世の中が見えてくるんです。本当に。

面白き事のなき世を面白く、のためにゃ日経、読みなれておけ。
ってことです。

以上が前段。その後は、山野さんのスーパー時事解説でした。
これは、すごいです。ハッキリ言って、日本最高の時事解説セミナーです。
当たり前ですね。日経新聞社の方がやっているわけですから。
毎年毎年、就職活動生のためにセミナーの内容を変えてるわけですし、
今朝の日経を解説しながら、やるシーンに至っては毎日形が違うわけです。
それを就職活動に活かす方法を毎回、ぶっつけ本番で喋っているって。。。
よく考えたら、スーパーマンですね。

とってもお忙しい方なので、C-SQUでは、
今期は後一回だけお話頂きます。

興味ある人は、何を差し置いても参加することをお勧めしますよ。


一月にも開催!「時事ニュースに強くなる!日経新聞読み方講座」

http://pre.s-agent.jp/seminar-2729/

そして、社会人の読み書きソロバンの・・・
「読み」の基本レベルはマスターしましょう。
posted by 就職エージェント熊沢 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

フリーマガジンLILY 創刊記念パーティ行ってきました。

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

フリーマガジンLILY 創刊記念パーティ行ってきました。
いやー、盛況すぎて、大変でした。。。
(一・二年生が多くいたので、表参道で20時〜開催なのに、
 アルコールを禁止した健全イベントでした。笑
 持参したお花と撮った写真がピアノの発表会みたいで、、素敵ですね。。。)
リリィ.gif
結局、ジースタイラスの折坂社長(学生時代友人)と、集英社の増澤さん(銀のアンカー編集者)と、
アイパッションの浅井社長(パッション兄貴)とお会いして、近況と、仕事の話をチラチラしたのと、
各社の社長様と「はじめまして」の名刺交換をいくつか。
そして、「お久しぶりです!」と、去年、C-SQUAREによく来てくれていた4年生(フタケターズ)と、
偶然の再会を楽しんだ。。。そんな時間でした。
最終的には、西麻布で飲んだくれて、終電を見逃し、パッション兄貴に「しかたないな〜ウチ泊まる?
でも、俺、熊沢さん寝てる横で仕事するよ。」と、慈愛の声をかけて頂くような時間帯になりまいしたが、
「ちなみに、朝は6時に家でるけど?どうする?」の一言でお断りし、タクシーの運転手さんの人生講義を
一時間受けて帰りました。(兄貴、どんな生活ですか!次回は是非に、ウィニングイレブン勝負を・・・)



L I L Y (リリィ)

LILY1.gif
このLILYは、

「楽しく知的美人をめざそう!」

というコンセプトで、

女の子のキャリアや、

ライフスタイルを紹介する

フリーペーパーです。
<クリックすると読めます。>

とっても爽やかな透明感のある表紙で、女の子向けに、
各大学やお店や、C-SQUAREに置いてありますので、是非見てください。

手に取って見てくださった方は、ご存じだと思いますが、
「教えて、熊沢さん!!」というコーナーを書かせて頂いています。

就職エージェントを利用してくれた学生さんと、
私のコラムでまとめてありますが、
「凄い就活!!」ではなく、身の周りにありそうな、
でも、その中でとっても光っている就活を取り上げています。

LILY2.gif

だから、良くMIXIなんか告知している、、、
何千倍の合格率を突破した◎○テレビの内定者が語る
「私の就活!!」とかではないです。
それはそれで素晴らしいですが、できればそうではない就活を。。。
どこにでもある就活を、
どこにでもないぐらい自分と向き合った就活にして、

それこそ、就活を通じて「楽しく知的美人になった人達」を
少しづつ、紹介出来たらな・・と思います。次号以降もお楽しみに。

それから、こないだLILYガール(編集局)の皆さんに来て頂いて、
「なんか新しい企画を作りたいね。。。」と打ち合わせしました。

打ち合わせ模様 in C-SQUARE
LILY打ち合わせ.gif

このフリーペーパーを通じて、C-SQUARE以外でも、
多くの学生さんに触れ合うことができるだけでメリットですし、
学生団体の企画に社会人側がメリットを提示して要求を出すと、
必ず、どこかに無理が生じると思っています。

ハッキリ言って、学生団体は取引相手だとは思ってません。
私が学生団体やっていた時には、イッチョマエに、
取引相手として価値を出そうと奮闘しましたが、
どうしたって、お力をお借りすることでしか形になりませんんでした。

だから、当時、頂いた社会側からの恩を、
私は媒介として、今の学生さんに流すことに徹したいと思っています。

学生団体さんとのお付き合いは、そうやって想いを言葉にして、
それを形に変える瞬間
のお手伝いが、出来れば最高だと思ってます。

昨日、創刊パーティに来た全ての社会人が、
そんな気持ちであったとは思いませんが、
そうやって学生団体を支える社会人が増えて行くと良いなと思います。

学生さんが報道されるシーンが、麻薬や素行不良や暴力事件や、
凄惨な事故だけでなくなって、
学生の「描きたい社会」が時代に形を変えていく一瞬を、
優しく見つめられる社会がだったら素敵なのにな〜と単純に思います。

そんな社会が、21世紀中に訪れてくれることを信じて、
一生、学生を応援し続けて行きたいものです。
posted by 就職エージェント熊沢 at 13:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

「何か最後に言いたい事はありますか?」

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

最近、殺人事件が後を絶ちませんね・・・
今度は楽しい場所であるスポーツクラブで銃乱射事件ですか。。。

聞くにも、見るにも、堪えないです。。。
社会を支えていく若者がドンドン命を落とします。

実は、私、この会社に内定を持ってました。
記者会見をした社長の方とも最終面接でお話をしたのを覚えています。

当時、地方自治論を選考していた私は、最終面接で、
「何か最後に言いたい事はありますか?」と
聞かれて、一番に手を上げました。そして、
体育会系学生達が、全国屈指の成績をアピールして行く中、
(オリンピック候補選手が一杯いた気がします。。。)
その筋肉隆々の学生達に囲まれても臆せず、

「スポーツクラブは、公民館の役割を果たし、
地域社会に暖かさを取り戻す役目を果たすべきだ!
小学生がスイミングスクールに通い、その横を、
運動に来る高齢者が歩く施設なら、必ず出来るはずだ!
たまには高齢者が小学生を怒鳴りつけるぐらいで丁度良いんだ!
でないと、小学生が犠牲になるような地域が凍る事件が起きるんだ!」


と、プレゼンしました。
酒鬼薔薇という凄惨な事件が起きたばかりでしたからね。。。

社長室の面接会場が、
「え?何言ってんのコイツ・・・」
という空気になるなか。。。

私は、「ふん!内定くれなくても別にイイぞ!俺は間違ってねー」と、
胸を張って会場を後にしました。

帰宅途中に電話が鳴り、
「熊沢さんが一番の内定です。」と、
人事が言われた時は嬉しかったのを覚えています。

結局、内定をお断りしましたが、
この社長の心の豊かさと、その奥にある熱意に感動しました。


社長にとって、社員は宝ものですよね。
皆さんが入社をする時に、会社によっては、
御両親に電話をかけたり、手紙を書いて、
「お子様をお預かりします」と頭を下げる社長様も珍しくないです。

きっと、そんなヤリトリがあったのだと思います。

学生が社員になる瞬間は、想いと想いがぶつかる瞬間です。
その力が会社になり、社会になり、国になり、時代になっていくんです。

それを途中で断つような事件の数々、
一つでも減ってくれることを願ってやみません。

被害者の方々のご冥福をお祈りします。





posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

<大楠R>生田講師の「セルフブランディング講座」

12月15日(土)・特派員レポート

こんにちは。12月15日(土)の生田氏のセミナーを担当した、大楠友也です。
今回は、生田講師による、“「セルフブランディング〜自己分析〜」”でした。


生田講師セルフ.gif

さっそく、生田講師の講義がスタート。
その時!!受付業務をしていた大楠も思わずビックリする言葉が…。

「生田です〜自己分析は最低100時間やって下さいね〜」

…さらっとした爽やかな生田講師の顔と
3年生の愕然とした顔が対照的で印象的でした。

しかし、私も当たり前だと思います。
「内定が取れる人と取れない人の差は自己分析の差です」
この生田講師の言葉も、おっしゃる通り、内定者の私ですら強く同感しました。
3年生のみなさんには、
自己分析の重要性を感じてほしいという生田講師の熱のこもった講義に大楠も、
今一度心を動かされました。本日参加した3年生も同様だったと思います。

2人一組.gif


その後は2人1組で人事役と学生役に分かれて、
「あなたの価値観は??」と問いかけるグループワークを行いました!
皆、相手に伝えようと必死でした!私も3年生に交じって参加しましたが、
いやはや…キラキラしていました。
自分の価値観を語る3年生はキラキラしていましたね。
そのキラキラさを忘れずに、就活テクニックに溺れずに、ファイトです!

最後に、今日のセミナーを通して自分の価値観を一言に纏める作業をしました。
某3年生の男の子の価値観は 「切磋琢磨」 でした。
切磋琢磨して、早く成長して、親御さんを楽な生活にしてあげたいらしいです。
未来も考えている素晴らしい価値観でした。

<3年生とのワークに積極的に参加してくれる大楠さん>
受付役大楠さん.gif

【3年生を見ていて】
セミナーに参加する態度は素晴らしかったですが、
セミナーに参加する前の態度に注意!
・コートは脱ぐ
・自分から挨拶する
・遅刻しない
・携帯はマナーモードも×です。

人事は見ていますよ〜だって内定者の私ですら見ているのですから(笑)

【3年生の感想】
・OUTPUTする場があって良かった。
・実際に時間を割いて自己分析が経験できて良かった。
・熱気が伝わってきて、非常に面白かった。
⇒大学のみにいたら得られない時間を、C-SQUAREで過ごしてくれた様でよかったです。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

大楠トモヤさん、どうもありがとうございました。
自己分析や自己ブランディングは一生をかけてやっていくことですから、
4年生としても内定者としても、さらなる深見に辿り着いて欲しいと思います。
それを見ていると、私も、就職エージェントも、C-SQUAREも、
もっともっとブランディングしてかねばならん!!と、強く思います。

お互いに刺激し合うことが、ブランディングを深める有効手段ですね。

お互いに成長し、結果、お互いがお互いの社会を支え合っていく!
そんな使命感に満ちた毎日を送りたいものです。

これからもよろしくお願いします。


posted by 就職エージェント熊沢 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月13日

人事がブログを書くことで学生の目を集める作戦

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は4年生用のSCセミナーでしたので、3年生用のセミナーは、お休みです。
なので、普段書かない「ブログについて思うこと」を、書いてみます。

実はC-SQUAREは、毎週一回4年生・短大2年生が大集合して、
企業と出会うマッチングセミナー「SCセミナー」をしています。
これは、、かなり、、盛り上がります。今日も15人は参加していたでしょうか?

SCS1214.gif

セミナー自体は、大爆笑(小爆笑?)の中で進んで行きます。
適度な緊張感の中で、「ふるすまいる」とともに、学生さんがのびのびと、
自己PRが出来るのが就職エージェントのSCセミナーの秘訣です。
BOOKOFFのアルバイト挨拶を披露する女の子がいたり、
キックボクシングを熊沢にしかけながら自己PRする男の子がいたり、
今日、5時に起きて新幹線で山形から出てきた短大の子や、
4年生前半にバイトして貯めたお金で、
秋以降に鹿児島から出てきて就活している子など、、、
人生模様が様々です。
≪セミナーレポートはコチラ。

色んな業界の人事の方が参加されるイベントで、
毎週、私も人事の方々と様々な話をさせて頂きますが、、、
「熊沢さん・・・ブログみましたよ。。。フフフ」と言われることが、
結構あります。お恥ずかしい限りです。

最近、『人事がブログを書くことで学生の目を集める!』
という作戦を○○ナビさんが仕掛けているので、
ブログを書く人事の方が増えたからでしょうね。。。

いや・・・お疲れさまで御座います。
このブログ業務は、仕事感覚でやったらキツイと思います。

毎日200人ぐらいが見てくれるこの作業を、私はほぼ趣味感覚でやってますし、
人事採用係ではないので、あまり会社のイメージを意識していません。
就職エージェントのイメージを背負って入るのでしょうが、実はあまり考えてません。

危険ですね。。。
私にこのブログを書かせているというだけで、自分の会社の懐の広さを感じます。
何を書きだすか、喋り出すか、わかったもんじゃないですからネ・・・。

会社説明会で、07時代の学生さんに、
「御社の今抱えている最大のリスク爆弾はなんですか?」と聞かれて、
『んー、私を雇っていることですかね・・・』と私は即答したことがあります。
社長が横に座っているのに。。。がく〜(落胆した顔)

ちなみに、社長は、
「大丈夫ですよ。多少のリスクマネージメントには自信がありますから。。。」
って学生さんに即答してました。


ま、リスクを抱えられないベンチャー企業なんて、存在価値がないですね。
(そういえば、ベストベンチャー100に選んで頂きました!ありがとうございます!)

就職エージェントが、ベンチャー企業であり続ける限り、
私も心を入れて、ブログを書き続けます!リスク覚悟の火の弾アタックです。

posted by 就職エージェント熊沢 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ショートカットセミナー報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

○田洋行と勘違いされるけど、、、内田洋行です。

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、内田洋行の佐藤さんに来て頂きました。
お会いするのは、07卒の時にセミナーをして頂いた以来で、
「久し振りデス!」でしたので、どんな数年間だったかなんて話をしながら、
改めての名刺交換をさせて頂くところからコミュニケーションスタートです。

久し振りの就職エージェントを感じてもらう為に、
私も少し学生さんの前で就職エージェントについて詳しくお話をしました。

(いつも、なんであんな説明を何度もするの?と思われるかも知れませんし、
自分のことしか考えられない「学生さん感覚」の人は、
アンケートに「あの時間がウザイ・・・」とか書いてくれるんですが。。。

あの時間は講師の方のモチベーションをコントロールしてるんですね。
空気を奪うことによって、講師の方々の足並みをC-SQUに合わせて頂いてるんです。

私も大学でお話させてもらう講師役をやる時に、
MCの価値と難しさを感じます。そのありがたさも。
皆さんも、いつか講師をやるとわかります。MCの人の価値が。
ま、「KY」な人は、MCの適正は低いですけど・・・。)



さて、そんなこんなでマイクを引き継ぎます。

熊沢mc.gif佐藤さん 内田洋行.gif

相変わらず熱い方でした。
○田洋行と勘違いされる辛さ・・・なんてところから講義が始まり、
あっと言う間の90分でした。


前半の商社の話は省略します。

商業とは、小売と卸売があって、、、という話と、
商社不要論をどう回避したか?という内田洋行のケーススタディでした。

このあたりは基礎知識なので、今回参加できなかった人は、、、
自分で調べて、マスターしておきましょうね。
次回のセミナーも、一杯ですけれども、
どうしても申込たい・・・という人は、熊沢宛に連絡ください。

佐藤さんからの希望で、このセミナーは、
超少人数制ですから、、、なんとかなるかもしれません。

会場 熊沢.gif

後半は、人事目線の面接の話。⇒これが面白かったです。

さて、皆さんは、どんな人になって行きたいですか?

人財・・・いることが宝物
人材・・・材料
人在・・・いるだけの人
人罪・・・いることが罪の方。

どの部分が人事に分かってもらいたいですか?

@知識

Aスキル

B行動特性

C本質

<浅い>@ABC<深い>



人事は、スキルや知識でないものを知りたいから、面接をします。

それって何でしょう?

それは、、、アナタが見つけてほしいと思います。
最終的に、それを伝える。。。
その根底にあるものをわかりやすく。。。

それが出来ると、「就活の向こう側」がみえます。
「ふっと」抜ける瞬間と、成長を実感できる時が来ます。

アウトプットを繰り返して繰り返して、
外に伝える技と心を磨いて行きましょう。。。

まだ、例年に比べて皆さんが
根底にあるものを見つけようとしていないので、(んーちょっと言いすぎかな)
皆さんが自分の根底にあるものを見つけられれたような気がいしないので、
アウトプット系のセミナーに、なかなかふんぎれていません。

もっともっと自分を出して行きましょう。

流石に年明けになったら、
そのあたりのアウトプット中心の体感ワークを
増やして行くかな・・・と思っています。

とりあえず、今年中は、自分の中をさらけ出してさらけ出して、
アウトプットできる自分の限界量を確保して行きましょう!

posted by 就職エージェント熊沢 at 18:59| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

新入社員時代にお世話になる会社。

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、私が新入社員時代にお世話になっていた会社に、営業に行ってきました。
自分で書いたブログの記事に、「久し振りです!って言い言葉いい話だな〜」
と自己陶酔して、思わず先方でも熱弁を奮ってしまいました。
久々の企業営業が楽しく。。。時が経つのを忘れました。

大抵、一つの商談に行く時は、企業の方々と言うのは、
一時間前後の時間を考えて確保して下さいます。
話が盛り上がれば、延長して一時間半ぐらいまで行ける時もあります。
これが、社会人で言うところの「アポを取る」ってやつですね。

(就活も、3次か、4次面接くらいになると、企業の人事の方が本気になるので、
 これに類する時間感覚になります。盛り上って一時間半になったら優秀です。)


ちなみに、私が今日、営業が終了し応接室を出た時間は、
始めに挨拶をして名刺交換をさせて頂いた時間の2時間後でした・・・。
(営業職の人には「どんな営業だ!喋りすぎだ!」と笑われそうです。)

就職エージェントの新入社員と一緒に行ったので、さすがに恥ずかしくなって、

「しゃべりすぎるのが私の新入社員時代の営業の悪い癖でしたが、
 どうやら30歳になっても、まったく治らないようですね。」

と照れ隠しをしたら、その時代にお世話になっていた元上司の方が、
『いんじゃない?それがお前の良さなんだから・・・』
と呆れて褒めて下さいました。それでまた舞いあがり・・・。

果たして、新入社員への面目は立ったのでしょうか。。。


さて、社会人になった後、会社を辞めることは良いことではないかもしれません。
C-SQUARE講師としては、今、就職活動をしている皆さんには、
まずは、一生懸命に定年まで勤めあげられるような会社を、
本当に自分の天職だと信じられる会社を探してほしいです。

ただ、人によって天職が違うようの同時に、天職が一つとも限りません。

人は成長するからです。

だから、私は転職を否定しません。

でも、お勧めもしません、その先にはイバラの道しかないからです。
(そのイバラの道を進む覚悟があるなら、やるべきですが・・・・)

で、仮にその転職をするというイレギラーなことが起きた時、

自分が去った会社の方々と堂々とお話が出来る!

そんな自分を維持できるか?は、自分への勝負だと思います。
就職活動の進捗を親に話せるか???ぐらいにジワッとした勝負です。

私はこの勝負に常に勝っている、誰の前に出ても、自分と向き合える!
そんな自分でいたいと常日頃おもっています。


すこし話がそれましたが、新入社員として初めて社会を教えてくださる会社は、
自分が社会へ入って行く時に、社会に立ち向かう根底となるハートと、
「仕事の基本」ハンドブック!!を、自分に無償で授けてくれる会社です。

20071211234635734.gif

(私は入社時に貰った会社資料は、大切に保管していますし、
新入社員研修をして下さった当時の上司の上司の上司の上司が、
「アンタらが、ウチの会社を辞めても堂々とそれを語り、
ウチの卒業生として、恥ずかしくないところまで育てるのが私の責任だ!」
と言われていたのが今になって、心に響いています。)

どんな会社に、どんな気持ちで入社しようと、
一生、その会社への感謝と恩義は
忘れずに生きていくことになると思います。
多くの人はそれを口にしないかもしれませんが、
そういう自覚は歳をとるたびに強くなるはずです。

最初に入る会社は、人生における親と一緒です。

そう思ったら、新卒で入る会社への納得感は、
自分が堂々と生きていくための絶対必要条件ですね。

親は選べません。でも、最初に入社する会社選べます。

就職活動に意地になることは、カッコイイことだと思いますよ。

がんばっていきましょー。
意地になっていきましょー。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

大学3年囲い込み過熱・セミナー様変わり、業界研究や就活指南

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

気になるニュースを見つけました。

<日経新聞 12月8日の紙面から>

主に大学3年生を対象にした企業の冬の新卒採用セミナーが様変わりしている。
売り手市場が続く中、各社の人事部が業界研究や就職活動のノウハウを指南するなど
「第二の就職課」の役割を強調し、自社に学生を誘導しようとしている。
ミクシィや住友信託銀行が今年に初めて開くほか、
昨年から始めたローソンは開催を1カ月前倒しするなど、
2009年春をにらんだ3年生の争奪戦は早くも過熱気味だ。 
ミクシィは15日、仕事の選び方などを教える「スクール」を初めて開校する。
博報堂の元人事担当者や笠原健治社長らが講演し、
若くして社会で活躍するためのキャリア選択を助言する。



んー、就職エージェントは3年前から、
ブラッシュアップセミナーをやっているのに・・・
まったく取材されず。。。

ちょっとスネそうです。

とりあえず、最近の学生さんはここまで優しくして上げないと、
動けないもんかね〜と人事の呟きが聞こえてきそうな記事でした。

さてさて。
posted by 就職エージェント熊沢 at 13:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

<コアットR>神瀬講師の〜就職活動最強PC活用法〜

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、特派員を学生団体コアットの2人にお願いしまし、
コアット副代表 源藤さんに記事を書いて貰いました。

神瀬さん PC方法@.gif神瀬さん PC方法A.gif


【今日の内容】
@社会人として最低限のレベルを身につけよう!(名刺など。)
Aこの時期に特に用意しておくものは、、、ズバリ!自己PR!

今日は@に於けるPC活用術

まず、Eメール(社会人はメールを処理する数がハンパない)の
基本をマスターしよう!

あとは、数々のテクニックを身に付けてきましょうと、
テキニックが数々紹介されましたが、代表的なものを3つだけ。


○タイトルで内容がわかるようなのが@。
 ⇒名前・所属(大学など)等が、タイトルになかったり、
  本文でも宛先が書いてない場合は、それは携帯メールレベル。

○メール?で送信者を名前・大学に変更すべき。
 (署名機能を使おう!は当たり前・・・)

○ユザー辞書(IMEのツール、単語用例登録)⇒雛形を作って効率化!


神瀬さん 文字登録しましょ.gif

神瀬さんがお手本を画面で見せてくれながらの判り易い講義でした。




【3年生を見ていて】
受付時、名前はフルネームで、所属もハッキリした声で答えられる人は3、4人でした。
緊張していたのかなとも思うのですが、これはハッキリ言って損ですね。
僕も受付を行う側に立って、実感しました。
ファースト・インプレッションがぜんぜん違います。
だからって、内定に直結するというわけではないです。
が、就職活動はコミュニケーションでもあるわけで、その心構えは大切だと思います。
でも、ワークは白熱してるし、話を聞く姿勢は真剣そのもので。
こちらも気が引き締まりました。フレッシュさ、真摯さを見習っていきたいと思います。

【感想】
C-SQUAREは、始めて来ましたが。。。4年生の目から見ると、
「ただ内定を取る為だけのセミナーでなく、
社会人としての基礎を見つめなおしてもらう、体験してもらう。
本当の就活サポートを送る、誠意のあるセミナーであるなぁ」

というのが、まず第一の感想です。

それから、「話は面白いし、為になるし、
この時期からこの内容を知ってると、ものすごく強いなぁ。
PC技術なのにGDの要素があったりして、二度おいしいなぁ。
俺も3年の時にやっときゃぁよかったなぁ。

と、ぽわぽわ〜っと『気づき』が頭に渦巻きましたね。
「採用担当の人事の方をガッカリさせないように、最低限のマナーを知っておこう。」
という神瀬さんの最後の一言が、心響きました。

私も、採っていただいた以上、ガッカリさせないよう、
今日学んだことを生かしていきたいものです。



THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、本当にありがとうございました。

ちなみに学生団体コアットは、07のC-SQUに来てくれていたメンバーの
林くん(通称 のぶ)が作った団体で、就活イベントでは抑えきれず、
就活の本を出してしまう程、後輩たちへの熱い魂を持った集団です。

その第二期ということで御挨拶に来てくれたので、
思わず特派員をお願いしました。。。笑

この出会いに感謝。

コアット.gif

今後の学生団体コアットに幸多き事を!!!
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月07日

久し振り!と話せる場所の価値。

こんにちは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、PUFFさんの10周年記念パーティーにお邪魔してきました。
創立10周年記念式典.gif
学生さんのリアルな成長を目の前でみる!!という感動を、
共感できる新卒人材ビジネスの会社は、実はそんなにないです。
(多くの人材系の会社さんは、お客様である人事と握手はしますが、
 学生さんとは握手ができません・・・。会うことすら・・・
 会うと言っても、合説が関の山で、まず内定後の涙は見れません。)

その成長共感の部分が理念が当社と近いので、PUFFさんは、私の大好きな会社の一つです。

そういえば、このパーティで、PUFFさんの社長様の涙がこぼれていましたが、
07のメンバーの合同内定式を何十人とやった時に、ウチの社長も目を真っ赤にしてました。
共通の九州男児の血なのでしょうか。。。
感動の涙が流せる仕事を手に入れられるって、スゴイことです。

そんな会社に10年間で集められた笑顔の数々を共有させて貰えるなんて、
なんて素敵なことなんでしょー!と思って、SCセミナーの司会を、途中で抜けて参加しました。

前からお会いしたかった就活講師「本田勝裕」さんにも会えましたし、
就職エージェントの外食系のお客様で、
一度お酒を御一緒したかった方とも、じっくり話せて非常にいい機会でした。
思わず、外食出身の私としては、自分の昔の店に行って、
7000円近く使ってしまいました。(ラーメン屋さんなのに。。。)

中村てんちょー.gif井上ヒロト.gif

ちなみに、このお店。画像をヒントに探してみてください。
池袋で最大級の大きさのラーメン屋さんです。北口です。「中村てんちょー」です。
3階建てで、2階にはテーブル席が30席弱あります。
就活生はちょっと書類(履歴書)を書くのにも便利ですよ。
選考と選考の合間に行くと、喫茶店より100倍リラックスできます。

PUFFさんの10周年記念パーティーもきっと、
「久し振り!です」との声が飛びまくっていたでしょうし、
私も池袋の店で思わず、昔のスタッフメンバーに電話をしました。

持論ですが、帰れる場所がある!ってのは、それだけで強いです。
久し振り!と言える仲間がいるってのは、最高です。

私の『同窓会優先順位』は、親族の冠婚葬祭の次ぐらいの位置にあります。

そこに集まる仲間は、自己分析の一つの手段にもなってくれますし、
何かで失敗した時に、優しく包んでくれるネットにもなってくれます。

今月は忘年会シーズンですね。
今年は是非、地元の友達と「ひさしぶり!」と言いあって、
乾杯しまくることをお勧めします。


地元の友人は、思ったより自分の事を分かってくれてますし、
「友達になんて呼ばれますか?」っていう人事の質問(あだ名じゃななくて、印象)
の対策には、大学の友達より地元の友達の方が有効です。

本質的に自分を知ってくれている昔の仲間を、命を賭けて大切にして下さい。

それは、あなた自身なのですから。。。

そんな年末年始をオススメします!是非!
posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月05日

住友系列商社の人事の方は春日部高校出身。

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、住友系列商社の人事にお越しを頂きました。

「秘密にしようかな〜」と思っていましたが、
本人がぶっちゃけてしまっていた・・・ので、
敢えて紹介すると、この方は、私の高校の友人です。

前半は、アイスブレイクと講師紹介です。
中盤は、商社の歴史から、商社ってなんだ?というお話をして頂きました。

まだ、皆さんの意識としては、「商社もありだな・・・」ぐらいの感じだと思うので、
自社のことはおいておいて、商社について一から丁寧に教えて貰える機会は、
貴重な機会ですね。私自身も非常に勉強になりました。


吉村さんセミナー.gif


<商社の話>

国力を高める戦前の時代・・
復興を目指していた戦後の時代・・
その後のエネルギーの資源投資の時代・・・
円高、バブルの時代、、、(原料⇒生産加工⇒小売)の時代。。。
ITの発達、小売が海外拠点を自分たちで探しだす、、、。

そこで出てきた「商社不要論」。
これを切りぬけるための事業の再構築の話。

大手商社はビジネスの川上(原料)⇒川下(小売)まで、
ビジネスに入り込んで動き出した。

じゃ、大手でなく専門商社はどうやってのりきったのか、、、
これは、年明けの会社説明で。。。


<お待ちかねの「面接」の話>

ぶっちゃけ、新卒採用はすべて、ポテンシャル採用ですよ。
ポテンシャルというのは、可能性採用という意味です。

で、その可能性を感じる求める人物像になるんですけど、
それはどこの会社もある程度一緒で、
その業界、その現場で頑張れそうな人の採用ってことですね。

例えば、、、商社なら、本当にがんばれないと無理!なわけです。

15分ぐらいの電話の最中に、
「電話入りましたよ!」というメモが、
20枚ぐらい貼りついたこともあるし、
メールも3時間で70通とかくることもあります。

そんな状態で、どんなに忙しくても、
そこから新しいことに挑戦する個性を欠落しないで出せる人が欲しいです。
一歩上の世界を常に狙っていける人でないと、現場でやれない。。。


だから、そんなイメージのある人を面接で探すわけです。

色んな質問をして、、、エントリーシートや履歴書と面接での印象をみて、
「この子は信頼しても良いかな。。。」と思えたら、選考を通すんです。そんなもんです。

吉村さん三つの質問.gif


あと、ポイントなのは、選考に関しても、OB訪問に関しても、

「人事は味方です。だから、上手く活用しろ!」

ってことですね。選考に通り始めたら得に!

その他、皆さんに伝えておきたい就活生への雑感は、
人事は結構、見てますよ・・・ということです。わざとじゃないんですけどね。

普通に受付を通る人は、チェックしませんが、、、。
コートは?イヤホンは?マフラーは?
一生懸命な学生さんを数多くみているからこそ、
そうでない学生さんを目で追ってしまいます。
そうでないひとは、わざとじゃないですけど、、、覚えちゃうんですよ。
説明会での態度も覚えちゃいます。見えちゃうんです。悪い人も、良い人も。




下記は、編集長 熊沢として、今日のセミナーの個人的感想ですが。。。

高校2年生で同じクラスだった友人が、10年以上たって仕事で触れ合える、、、
この偶然と、相変わらず、気持の良い人間性でいてくれたことに感謝をしました。

そんな友人が、当時もっていたオーラと変わらないものを身にまとっていて、

「学生さんから感じるオーラみたいなものを信じて採用してます。」

と言っている現実に、なんか不思議な嬉しさを感じました。

素晴らしい採用活動になることを応援しております。

吉村さんに、質問する学生さ.gif
posted by 就職エージェント熊沢 at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月02日

今年参列した結婚式の写真集

こんばんは。

THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

先週末、先々週末と、結婚式が相次ぎました。

今回のふた組は両方とも、私の会社のチームのメンバーです。

チャペル.gif松.gif

会社のメンバーの結婚式ともなれば、
私も挨拶にマイクを頂くこともあります。それなりにカッコつけてでます。

社長ならば主賓挨拶となります。
普段ケンカばかりしていても、ご両親を前に涙が出てきます。

思ったより、色んな人に囲まれて生活している事実を結婚露宴は教えてくれます。
そして、その人達と共に生きて行くのだという人生を…
自覚するはずです。(私はやっとことないのでわかりませんが。)


社長挨拶.gif熊沢.gif

まぁ、考えてみれば光栄な話だと思います。
幸せの共有を許されているわけですからね。
でも、30歳というのは、恐ろしいですね。
年間に50回ぐらいしかない週末に何度、賛美歌を歌ったことか。
ちょっと試しに携帯電話のデータを漁って並べてみました・・・。

えい。

桜.gif宮.gif塩.gif藤原さん.gif

結構ありますね。。。
上の2つとは違うカップルがをピックアップしてますので二桁ですね。

マ.gifス.gifシ.gif

もう、いっちょ!

カ.gifミ.gifソーペー.gif

最後に、謎のガッツポーズがありましたが、
私がみた今年の中での最高のナイススマイルです。
全て今年に私がお呼ばれした結婚式の新郎新婦か新郎単独の写真です。

なんでいきなり、結婚式の写真を並べまくったか。。。と言うと、
就職と結婚は似ているからです。

・人生の帰路に立たされて判断をしなくてはならない点。
・結果として、どんな結果でも、周りの人々の祝福を多く受ける点。
・その結果と手に入れる前の自分より、ずっと自立をしていく点。
・目に見えない覚悟を、自分に対して誓わなくてはならない点。
・自己分析を徹底的にする点。
・1人ではなく、相手とのマッチングが絡む点。


そして、なにより、「ゴールでなくてスタート」だと言う点。

より良い相手を選ぶことに頭の大部分を使うくらいなら、
その相手との永遠に続く道にある困難をどう乗り越えるか?を、
考えた方がマシだ!なんて言われ方すらします。

まったく、似ています。考えれば考えるほど、そっくりです。
今、皆さんは就職活動という期間に入り、
必死に相手を探そうとしていますが、大切なのはその先かもしれません。

人からどうみられるか?という観点で、最高の相手を選ぶことより、
自分にとって、相手がどれだけ合っているか?で選んでください。

その先にこそ、幸せな笑顔があるのだと思います。
結婚式の写真は誰かに自慢する為に映るというより、
むしろ、その時の自分を忘れないように、
いつか振り返れるように写真に残るんだと思います。

就職活動で書く履歴書・エントリーシートも、
それを誰かに自慢するためでも、評価されるためでもなく、
後から自分がじっくりみるものだ、、、と思うと、
思ったより書きやすいかも知れません。背伸びをせず書けば良いわけです。

そうすると、きっと、就活も結婚も、
力の抜けた最高の笑顔がでるんじゃないかな。。と思います。

ウェディングロード.gif

一人ぼっちになる気がしますが、、、
就活は一人ぼっちでは乗り越えられません。

年末年始は、出来るだけ多くの仲間と会って話をしてみて下さい。

どんな結果になっても、結婚式も就活も、
最後の最後は、仲間は集って、そして祝ってくれるはずです。

(↓披露宴に呼ばれて無いのに、乱入して来る春日部高校の皆さん)
聖歌隊.gif

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>はっぴーWEDDING♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。