2007年12月05日

住友系列商社の人事の方は春日部高校出身。

こんにちは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、住友系列商社の人事にお越しを頂きました。

「秘密にしようかな〜」と思っていましたが、
本人がぶっちゃけてしまっていた・・・ので、
敢えて紹介すると、この方は、私の高校の友人です。

前半は、アイスブレイクと講師紹介です。
中盤は、商社の歴史から、商社ってなんだ?というお話をして頂きました。

まだ、皆さんの意識としては、「商社もありだな・・・」ぐらいの感じだと思うので、
自社のことはおいておいて、商社について一から丁寧に教えて貰える機会は、
貴重な機会ですね。私自身も非常に勉強になりました。


吉村さんセミナー.gif


<商社の話>

国力を高める戦前の時代・・
復興を目指していた戦後の時代・・
その後のエネルギーの資源投資の時代・・・
円高、バブルの時代、、、(原料⇒生産加工⇒小売)の時代。。。
ITの発達、小売が海外拠点を自分たちで探しだす、、、。

そこで出てきた「商社不要論」。
これを切りぬけるための事業の再構築の話。

大手商社はビジネスの川上(原料)⇒川下(小売)まで、
ビジネスに入り込んで動き出した。

じゃ、大手でなく専門商社はどうやってのりきったのか、、、
これは、年明けの会社説明で。。。


<お待ちかねの「面接」の話>

ぶっちゃけ、新卒採用はすべて、ポテンシャル採用ですよ。
ポテンシャルというのは、可能性採用という意味です。

で、その可能性を感じる求める人物像になるんですけど、
それはどこの会社もある程度一緒で、
その業界、その現場で頑張れそうな人の採用ってことですね。

例えば、、、商社なら、本当にがんばれないと無理!なわけです。

15分ぐらいの電話の最中に、
「電話入りましたよ!」というメモが、
20枚ぐらい貼りついたこともあるし、
メールも3時間で70通とかくることもあります。

そんな状態で、どんなに忙しくても、
そこから新しいことに挑戦する個性を欠落しないで出せる人が欲しいです。
一歩上の世界を常に狙っていける人でないと、現場でやれない。。。


だから、そんなイメージのある人を面接で探すわけです。

色んな質問をして、、、エントリーシートや履歴書と面接での印象をみて、
「この子は信頼しても良いかな。。。」と思えたら、選考を通すんです。そんなもんです。

吉村さん三つの質問.gif


あと、ポイントなのは、選考に関しても、OB訪問に関しても、

「人事は味方です。だから、上手く活用しろ!」

ってことですね。選考に通り始めたら得に!

その他、皆さんに伝えておきたい就活生への雑感は、
人事は結構、見てますよ・・・ということです。わざとじゃないんですけどね。

普通に受付を通る人は、チェックしませんが、、、。
コートは?イヤホンは?マフラーは?
一生懸命な学生さんを数多くみているからこそ、
そうでない学生さんを目で追ってしまいます。
そうでないひとは、わざとじゃないですけど、、、覚えちゃうんですよ。
説明会での態度も覚えちゃいます。見えちゃうんです。悪い人も、良い人も。




下記は、編集長 熊沢として、今日のセミナーの個人的感想ですが。。。

高校2年生で同じクラスだった友人が、10年以上たって仕事で触れ合える、、、
この偶然と、相変わらず、気持の良い人間性でいてくれたことに感謝をしました。

そんな友人が、当時もっていたオーラと変わらないものを身にまとっていて、

「学生さんから感じるオーラみたいなものを信じて採用してます。」

と言っている現実に、なんか不思議な嬉しさを感じました。

素晴らしい採用活動になることを応援しております。

吉村さんに、質問する学生さ.gif


posted by 就職エージェント熊沢 at 19:01| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。