2008年02月09日

神瀬講師の「就活に喝!」 〜面接対策2〜

こんばんは。
THE C-SQUARETIMES 編集長 熊沢です。

今日は、神瀬さんの面接セミナーのレポートです。
正確には昨日に行われたものですけどね、一日早くUPしてしまいましょう。

今月は、、、決算月で仕事がメッチャ忙しいので、
ブログを書くスキがないです・・・月初に大口を叩いて、反省してます。
でも負けないです。ここで諦めたら、、、アンザイ先生!!。。。ですから。

そういえば、「熊沢さんはセミナーを企画している時や、
セミナーをやっている時以外は何をしているんですか?」
と質問を受けますが。。。色々です。私の肩書きはマーケティングチームです・・・。

というか、私の仕事の中で3年生向けセミナーの仕事は、
30%ぐらいなもんです。メインの仕事ではありません。
(大袈裟にいえば、オマケです。カッコ良く言うと、投資です。)

さて、今日の面接の話ですね。
張り切って書こうとも思いましたが、なんだか偶然に4年生が遊びにきて、
セミナーに混ざってくれましたので、彼女の感想を貰うことにします。

彼女は学生団体シンゴウという大学を超えた就活サポート団体をやっています。
最近、就活スペシャルイベントを企画中だそうで、とってもイキイキしてました。

4年生になっても社会に出る準備や力を付ける感覚を持っているのは、
素晴らしいことですね。

面接セミナー.gif荒井さん.gif

こんにちは。学生支援団体シンゴウの荒井(写真右)です。
今日はひっさびさに神瀬さんのセミナーに参加させて頂いて・・・
もう一回就活したくなりました(笑)

今日学んだことをもう一度実践で試してみたくなりました。
就活は自分が動くことが一番自分を育てると思います。
そういえば就活時代は色んなセミナーに参加して色々な
企業を見ていたな・・・と。

そんなことを思い出させてくれたセミナーでした。以上。


ん。。。編集長です。
感想が思いのほか短い。。。
4年生としては、すっかり楽しんだ感じでしょうか。。。

ちょっとフォローを。面接で大切なことは、相手の気持ちになることです。
そうは言っても、人事の気持ちなんかわかりませんね。

最初は誰でもそうです。
だからこそ、わかろうとすることが大切です。
なんとか相手の気持ちになってみようと試みてください。
それは、C-SQUAREでの面接練習の時でも、
実践の選考の時でも良いです。
相手の気持ちになろうとすればするほど、
ある時、突然!は!っと見える何かがあります。

それが、見ず知らずの人と、
コミュニケーション能力の第一歩ですね。

留学経験のある人は面接が得意です。英語力の話じゃないですよ。

英語が得意じゃないのに留学とかにチャレンジすると、
Body language(ノンバーバルコミュニケーション)で、
なんとか、相手の気持ちを捉え、自分の気持ちを伝えようとして、
アガクんです。そのアガキが次の扉を開くんです。

就職活動も同じです。
そのアガキを人事とか社会人とかの前で、必死に出してみてください。

必ず、扉は開きますから。






posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。