2008年05月03日

九州おすそ分け旅行記D

そんなこんなで記憶が途切れ途切れになって2日目が進む。

「博多どんたく」のパレードがどうでもよくなっていく。。。

どんたくA.gif どんたく.gif


13時に博多について、20時までの滞在予定だったのだが、
昼の15時には、その日3回目の乾杯をしていて、気がついたら、

「熊沢さ〜ん。いきてますか〜。」

と、トイレのドアを叩かれて存命確認をされるほどに、
酔っぱらっていた。前半で完全に意識を失っていたわけだ。

まるで大学生の新入生歓迎コンパである。
「博多いらっしゃい!大歓迎コンパ」なわけだ。

なので、2日目の記憶はほとんどない。
数多く残された写真も、私の記憶を助けてくれない。

1日の最後に、烏滑稽ラーメンに行ったのは、
かすかに覚えているが、、、味の程は、
「醤油より、味噌が上手かった」ということぐらいしか、記憶にない。

ウコッケイ.gif

元ラーメン屋が聞いてあきれる態度と味の記憶の悪さで、
夜は中学の友人の家(赤間という街)まで足を延ばして、
宿を借りる予定であったのだが、
20時の列車「特急ソニック55号」に乗るところの記憶もないし、
柳川社長にしっかりお礼の挨拶ができたのかも、ほぼ覚えていない。

強烈に失礼なヤツが東京から来た・・・と思われていないことを祈るしかない。

なにしろ、九州の夜の電車は終わりが早い。車社会だ。
しかも、本数もない。赤間という駅はメジャーな駅ではなく、
最近人が住み始めた新興住宅地らしく、その駅までの電車に、
乗り遅れると、到着が30分どころか1時間遅くなる。

アカマ.gif

「ソニック・・・ソニック・・・」

とウワゴトを繰り返して、必死に私は赤間の駅に辿り着いた・・・
ということを、後で聞いた。何度も言うが、記憶はない!

よく時間どおりに、予定の地につけたと思う。

我ながらアッパレである。


この場を借りて、もう一度、就職エージェント九州の人たちに、
お礼を申し上げ、かつ、無礼を詫びたい。

スミマセンでした、そして、本当にありがとうございました。



もちろん、中学校時代の友人との久し振りの再会であるから、
赤間でも飲み屋に入るが、、、もう記憶どころの騒ぎではない。

「旅の恥はかき捨て」と言うが、
「もはや捨てる恥はない、、、」と思うようになっていた。

「ウーロンハイのハイ抜きをオカワリ!ダブルで!」
と、意味不明なことを何度も何度も、店員さんを捕まえては、
言い続けていたということも、、、やはり後で聞いた。

私の人生で初めて足を踏み入れた博多は、
アルコール漬の理科室にある蛇の標本のように、
無色でかろうじて形をとどめているフニャフニャなものとなった。


そうして、2日目の夜が更けていった。



posted by 就職エージェント熊沢 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>旅を住処とす。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州おすそわけ旅行記C

九州旅行2日目である。

フラフラで大分は別府を飛び出して、
博多までのバスの中で爆睡をして昼過ぎに天神に着く。

結局、この日は大分の夜同様に、丸1日、
博多の街をフラフラとしたわけだが、、、
知らない街で、道に迷ってフラフラしていたわけではない。

就職エージェント九州の柳川社長はじめ、
浦川さん、河野さんが、店やら街やらを、
次から次へと案内して下さって、
「博多どんたく」という博多最大のお祭りで、
トンデモナイ人の数にも関わらず、迷うことはなかった。

IMG_0275.gif

長渕剛が若い頃にいた店なんかにも連れて行って頂いて、
「て〜んじ〜ん♪あたりの交差点で〜♪」
と、すでに乾杯前から、大声で歌うほどに気分は上々であった。

その上、話題の店には、私が着く前から並んで貰ったり、
近道を教えて貰ったり、それこそ地元ならではの道を歩き、
「これぞ!博多!」という一面をいくつも見せて頂いたので、
気分が悪いわけではない。地に足がついていない状態が続いたが、
さまよっていたわけではない。

昼間から、≪よっぱらっくらって≫、フラフラしていたのだ。

ランチで、ビールと焼酎が4杯?

インドの方々の路上の売店でビールを買っては、また乾杯。

IMG_0278.gif

「次は、最近できた屋台村に行きましょう!ウコン杯を目指して!」

もうソンジョソコラのヨッパクリ状態ではない。
なんで撮ったのかわからない写真が、携帯にたくさん残っている。
まっすぐ撮影できているものが1枚もない。

CA390195.gif イチラン.gif

この写真もなぜ撮ったのかわからない。
「お!俺!知ってるこのラーメン屋!東京に支店あるじゃん!」や
「弟の会社の九州支店だ!」ってなことがあっただけで、
大喜びでミーハーな観光客になりきって写真を撮って、
メールで送っていたようだが、もはや、
その送信メールを認識したのは翌日であった。

加えて、このタイミングで色々な人に電話をしたようだが、
もちろん、その発信履歴を確認したのも翌日であった。

世の中の人たち、、、ほんとうにゴメンナサイ。

posted by 就職エージェント熊沢 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>旅を住処とす。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

九州おすそわけ旅行記B

日本人の8割は知っていると思うが、別府には温泉がある。

ただ、さすがに温泉に入っている写真はない。
このブログを読んでいる人で、私の裸に興味がある人など、
いるはずがないので、写真を撮ることもやめた。

その代りに、海なら撮った。(下記)
今回泊まったのは、オーシャンビューの素晴らしい宿であった。

すっかり説明が遅くなったが、
2週間前に「別府に行こう!」と思い立ったわけだが、
そんなギリギリで、素敵な宿が取れるわけがない。

しかし!私は4つの宿から泊まるところを選ぶ権利すらあった。

なぜか。。。それは、
地元の学生旅行を手掛ける会社にネットワークがあったからだ。

ネットワークというより、失礼を恐れずに言うならば、
その会社は我々、就職エージェントの同士!と言っても過言ではない、
その会社の名は・・・就職エージェント九州!である。

この強烈な繋がりを使って、最高のホテルを超格安で、
泊まらせてもらった上に、そこにいる知人との酒盛りを楽しんだ。

CA390190.gif


そんな夜で酔っ払わないわけがない。

オーシャンビューの宿で美味しいお食事を頂き、景色に酔って、
ビールを追加注文しまくって、3人で30000円ぐらいを、
「おら!おごっちゃるで〜♪」と、初日の夕食から使った。

旅行先で財布の紐が緩んだら、もう止まらない。

「まだ8時じゃん!」と、別府の町に繰り出して、焼酎X焼酎。


IMG_0259.gif

もはや、このあたりから記憶がない。

CA390191.gif

すうとうぱ.gif

えっと、この帽子のナイススマイルは、誰だっけ???

たしか、、、このスマイルは、店長だった気がするが、
なんで店長が私の席で飲んでいるのか・・・とか、
店を出て、どうやって宿に帰ったかとかは覚えてない。。。

後で聞いたら、

駆け抜ける喜び!!!

とか叫びながら、別府のキラビヤカな世界を、
走り抜けていたらしい。あ、、、遊び狂ったということではなく、
街をダッシュしまくっていたらしい。。。
(30歳が、街を走りまくっていたらタダのアホだな。。。)

しばらくして、店から離れたヤマザキデーリーストアーで、
発見されたらしいが、私は、そんなところに行った覚えはない!

断じて!

で、この手がつけられない酔っ払いオッサンの記憶は、
朝の布団の中で復活するが・・・

どうやって宿に帰ったか?どころか、
どうやって布団に入ったのか?
風呂には入ったのか?すら、
記憶になく、、、(ちゃんと部屋の風呂には入ったらしいが、、、)

なんとか起きて、意地で朝食までに屋上の露天風呂に辿り着いて、
また、そのオーシャンビューに包まれるまでは確実に正気ではなかった。

ただ、その美しい景色に感動して泣きそうになり我を取り戻した。

海と空しか見えないので、
本当に自分の小ささを認識するしかない。。

そういう景色に私は弱い。

「はてーしなーい〜♪
 大空と〜、広い大地の〜♪」

と、誰もいない露天風呂で歌って気持ち良くなっていたが、
今考えると、女湯の方には誰かいたかもしれない。

あと、その歌は、北海道の歌だ・・・。

先が酷く思いやられる形で、九州の2日目に突入するが、
この酔っ払い状態は、プロローグ「序の口」であったことを、
その時の私自身が知る由もなかった。。。





posted by 就職エージェント熊沢 at 15:20| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>旅を住処とす。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。