2008年06月11日

今度は、<就職A>が、スーパージャンプに載りました。

こんばんは。
就職エージェントの熊沢です。

スーパージャンプに載りました。
今日発売の号に、就職エージェント!!!!って書いてあります。
是非、書店・コンビニで!

作品は・・・そう、御存じ!銀のアンカーです。

スーパージャンプ.gif

この漫画ま勿論、フィクションですが、、、、
フィクション!と書いてあれば極めて現実に近いことを描ける!
ってのが漫画の凄いところですね。テレビドラマも一緒です。

ただ、テレビドラマと雑誌が違うのは、その収益源です。
雑誌というのは購読者からお金を取っているます。
でも、テレビは提供CMを入れている会社からですね。

つまり、提供CMを入れている会社に不利益なことは描けません。
たとえば、、、物が売れない時代だ!とかドラマで言ったら、
メーカーから高額な提供を頂くことは出来ないし、
携帯電話の不便さや本体の価格が上がっていて学生が泣きそう・・・
っていうシーンはCMに白い犬を出したい場合は、描けないわけですね。

ところが、漫画はそうではないわけです。ガンガン描きます。
かなり真実に近いところまで描けます。広告収益が関係ないからです。
皆さんが買ってくれて初めて、作品になるわけです。
その分、大袈裟に描いてあるところもありますが、
描くことを規制されていることは少ないです。

スーパージャンプは大人向けの漫画雑誌なのでレベルの高い表現も、
そのポイントだと思いますよ。



ちなみに、今回、私たち就職エージェントがお手伝いしたストーリーは、
大学におけるキャリアセンターの実態!!の部分です。

たとえば、この春にも大分多くのキャリアセンターの方々が移動されて、
キャリアセンターの現場に配属になってらっしゃいますが、
それまで「就職」というステージを研究してきたわけではないので、
語弊を恐れず言えば、その移動したばかりの大学職員の方々は素人です。

そこから、どうやってその大学職員の方々が、
何を考えて、プロとして、どう成長していくか!みたいな内容は、
リクナビやマイナビ、各種の就活本には載ってないですが、
就職活動生の(低学年もですが。。)皆さんには関係のある話ですね。

例えば、キャリアセンターの人たちが皆さんに一番近い社会人だったり、
一番近い「事務職」の人(大人気職種の一つ!)だったりしますね。
事務職の人たちの生活感覚の理解もできるでしょうし、
配属・転勤のリアル!から学ぶことは多くあるはずです。


実は、就活生の成長と喜怒哀楽を誰よりも一緒に感じているのは、
キャリアセンターの人です。そこの苦しみもわかってくれます。

情報会社とは違い、就職エージェントは、そんな気持ちになる、
心が近い仕事をさせて頂いているので話がすごく伝わります。
その中で感じた事を集英社さんに伝えさせて頂きました。

集英社1.gif
(先日、集英社で、とある雑誌の取材をした際に廊下で撮影!)


この作品が、全国の就職活動生と、
全国のキャリアセンターの方々に呼んで頂ける事を祈ります。



posted by 就職エージェント熊沢 at 21:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。