2008年08月18日

“ゆとり教育”の中で育ってきた内定者の特徴

こんばんは。
就職エージェントの熊沢です。

今日、社内に回ったとある研修会社さんのプレスリリースが
おもしろかったので載せてみます。

プレスリリース 2008年08月18日
アルー株式会社 代表取締役兼CEO 落合文四郎

「'09新入社員 “ゆとり世代”の傾向」意識調査の結果発表について

この度、来年度の新入社員育成について考えるために、
アルー株式会社(代表取締役兼CEO:落合文四郎、東京都渋谷区)は、
2009年4月入社予定の内定者である大学生・大学院生310名
(男性155名、女性155名)を対象に意識調査を実施しました。

調査結果 概要
2009年4月入社予定である内定者の意識調査結果から、
“ゆとり教育”の中で育ってきた内定者の特徴が明らかとなりました。

集団行動よりも単独行動を好む内定者が過半数を超えており、
集団の中では1位ではないが上位にいることで満足する人が多く見られました。
また、内定者の9割以上が携帯メールをコミュニケーションツールとしている一方で、
ビジネス文書のような文章力や論理的思考力が求められるものに
対しては、苦手意識を感じている人が多いことが明らかとなりました。

さらに、これまで周囲と比較される経験が少なかったため、
本人の認識と周囲からの評価にはギャップが生じている可能性も
うかがえました。全般的にコミュニケーションに対する苦手意識が
見られ、企業の選択基準においても、安定した企業というだけではなく、
入社後の人間関係も意識している面が見受けられました。
上司・先輩に対しては、愛情ある厳しい指導よりも、
優しく手厚いサポートを求めているようでした。

こうした“ゆとり世代”の彼らの育成においては、まず組織という
集団に対する意識を高め、一人ではなく周囲・相手を意識した
コミュニケーションを身につけることが必要不可欠となります。
また、彼らが求めているような手厚いサポートだけではなく、
与えられることに慣れてしまっている彼ら自身の成長意欲を
引き出すことが鍵となるのではないでしょうか。



なるほど・・・深いですね。
実は、この会社の2年目の女性と週末お酒を御一緒しました。

アルー飲み.gif

いやいや、残念ながら2人きりではなく3人♪
この会社の役員の方が、大学時代の友人なので、
その結婚式の打ち合わせに、この女性も同席されたわけです。

ちなみに、C-SQUAREで就職エージェントが就活セミナーを始めた時の
2007年度卒の就活生がその女性。(写真にうっすら。)
就職エージェントの3年生用のセミナーのリピーターの中で、
10回以上参加をした学生さんを勝手に私はフタケターズと呼びますが、
彼女は、その中でもクイーンの称号を持つチャンピオンでした。

自分の足りない面を見つめて成長させるセンスが高かったのでしょう。
研修を生業にしている会社に進まれ、2年目で活躍している日々の話を、
久し振りのお酒とともに聞きました。


そんな世界観を持っている彼女に、聞いてみました・・・

「就職エージェントを使って就活をする学生さんを人事は、
どう見るんだろか・・・新入社員研修を手掛ける視点でどう思う?」


と。

彼女から鋭い答えが返ってきました。

「どんな新入社員が成長し、伸びるかと言うと、
 『人の意見を聞き入れて、自分の足りない面を認め、聞きいれて、
 そこから、何くそ!と頑張れる子ですよね・・・
 成績が優秀な子ばかりを採用したところでタカが知れてますよ。

 就職エージェントのシステムは、一言でいえば、入社前から、
 その人の意見を聞きいれて、自分を成長させるシステムですよ。
 ゆとり世代が上がってくるからこそ、必要なシステムですよ。きっと。」


いやー、驚きました。
彼女の成長と、その視点に驚きました。


そして感謝をしました。


就職エージェント。。。まだ前にでます!






posted by 就職エージェント熊沢 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。