2008年12月05日

公立で、市民のお金で運営されている大学

こんばんは。
就職エージェントの熊沢です。


これ・・・

ドア.gif

なんだかわかりますか?

ドアボタンです。

JRは寒い地方には、自動ドアを停止させて、
ボタン式の手動ドアを付けます。
ポチッと押すと、車内に入れて、東京に帰ることができます。

そう・・・私は今日は北に行ってきました。
高校時代に熊谷高校応援団の部室で、ゲロを吐いたことを思い出しつつ、
その熊谷をこえて、さらに北へ・・・。

とは言え、目的地は「高崎」ですから、大したことはないですが、
湘南新宿ラインで、新宿から2時間。
高崎経済大学でセミナーをやってきました。

くま.gif

ほとんど「非常に面白かった!」に○をつけてくれたアンケートの
内容を見る限り、私がお伺いした価値があったかな〜と思いました。
セミナー内での発表も非常にハッキリと理想的な形で進みましたし、
就活に関しての意識も高そうな印象を受けました。すばらしいです!

高崎経済セミナー.gif


ただ、就活のスタートは確かに早くないですね。

先週、TBSのエントリーが締め切り、
ワコールのエントリーシート提出が来週だね!もう書いたよ!。。。
という東京の意味不明な強烈な就活スピードには、
新宿⇒高崎 JRで2時間!というこの距離が邪魔をして、
なかなかついていきにくいだろうな。。。と思いました。

一昨年に静岡大学に訪問した時と、同じ感想です。

勿論、その異常なスピードについていくのが
単純に幸せなことだとも思いませんしがね。

是非、「高崎」という環境に引きこもらず、2年生、3年生のうちから、
自分たちの街の外からの刺激を入れて、皆で酒を飲みながら、
内での会話や意見交換を深くし、自分自身への認識を高めてほしいと思います。
自分を探すことからは、逃げず隠れず、進めてほしいと思います。


一回の飲み会の4000円があれば、
就職エージェントのある新宿まで行って帰ってこられるわけですから。

そうやって自己意識を高めながら一つの価値に辿りついてほしいものです。
例えば、公立で、市民のお金で運営されている大学だからこそ、
自分たちの街!という意識があっても良いと思います。
セミナー後、企画スタッフの皆さんとお酒を共にさせてもらいました。

高崎経済集合!.gif


その飲み屋に向かう道という道で、
(高経生はほとんど車通学。。。だから飲む時は運転代行を頼む。)
色々なお店のアルバイトの大学生から、声がかかります。

「おー!飲み会?今夜はどこで飲むの??」と。
ビックリするほど、街に友達がいて、どこを歩いても高経生。
お客様が・・・どころか、お店の人が、高経生。

乾杯.gif


街にとけ込み、街をささえ、街から学び、、、
あとは、自覚をもって街を支えることができれば、そんな素敵な大学生は、
日本全国になかなかいないだろうな・・・と思いました。

新しい学生さんたちとの出会いを得て、
また明日から頑張るぞー!と思いました。

高崎経済大学が、今後とも「ふるすまいる」でありますように!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。