2009年02月19日

梅は咲いたか〜♪

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

梅は咲いたか〜♪桜は、まだかいな〜♪

昔の人が、春を待ちわびて作った歌ですね。

CA390517.gif

最近の熊沢は4年生の最後の就活生のために、
大学と大学の間をかけずり回っております。
学校が休みの期間に入り、最寄り駅からの
学バスが無くて悲鳴を上げています。一時間に一本って・・・。

ダイヤ.gif

しかし、苦しんでいる4年生がまだいる以上は足を止められません。

・・・というか、このブログは3年生の姿を、
数多く写真に出しますが、熊沢の仕事はそれではなく、
4年生のために施策を練るのが半分以上の内容です。

正確には、今の3年生が4年生になったときのために、
今の3年生とも会っているといった方が良いでしょうか。

ちなみに、3年生のために動いているのは、熊沢だけです。
熊沢のチームは5人いますが、全員の力を50としたら、
3年生のために裂いている力は、2〜3といった所ですね。
その2〜3を担当しているのは光栄ですが、
当社は、すべてのセクションが4年生のために必死です。

ただ・・・

そんな4年生に必死な中でも3年生のためにも力を出しています。

理由は、それが夢だからです。

未来に賭けるということは、夢を描くことに他なりません。
逆に言うと、未来に賭けられない状態・・・
つまり、今にまみれてしまう仕事回しの仕方には、夢はありません。
そこには現実の戦いしかないです。どんな世界でも!です。

それでは人は持ちません。

「夢ですよ・・・でも、夢がなければ詰まりませぬ!」
(『太閤記』 竹中直人主演 NHK大河ドラマ豊臣秀吉より。)


夢の自在な描き方がわかっている人なんていません。
夢を現実にする方法も、簡単ではありません。


それでも、3年生のために力が避けるかどうか?を、
日々勝負するのが就職エージェントの夢の時間です。
ここに命を賭けるわけには行きませんが、明日を賭けて、
我々は3年生に対する企画や施策を練ります。

人事が新卒を採用する理由も、これに近いですね。
現実の仕事を回すためには中途採用でOKですが、
新卒を採用するのは、夢を見たいからです。

未来に賭けたいからです。

どんな会社もその未来への挑戦をするために、
新卒を採用するわけです。皆さんは会社の夢を背負うんです。

それは覚悟がいりますね。
でも、その覚悟を生みださせるのは、皆さんの笑顔だったり、
元気の良さだったりするわけです。梅の花に未来を感じて!
何社落ちても元気よく!


さ!皆さんの春もそこまで来てます。咲き乱れましょう!

CA390518.gif


posted by 就職エージェント熊沢 at 15:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。