2009年02月23日

主体的とは何か?

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は主体的とは何か?について考えてみたいと思います。
昨日、お世話になっていた議員さんの事務所に行ってきました。
理由は、新しいインターンシップ学生の歓迎会に呼んで頂いたからです。

私が仕事を早く終えて事務所に到着したのは22:00でした。
ま・・・私としては最速ラップだと思うのですが、会はもう宴も終盤で、
皆で持ち寄ったお酒を片手に、残り物を突っつきながら熱い会話の時間です。

私は酔っ払っていませんでしたが。。。一応、仕事ですから、
「ま・・・議員インターンシップをやったとか、かばん持ちがどうたらとか、
履歴書に偉そうに肩書きを書いても、人事は評価しないよ。まったく。」

と、切り出してみました。一瞬の沈黙。。た。そして、その後に、
「やっぱり・・・」の笑顔と、「まじですか・・・」の溜息が聞こえました。

主体的って、こんな瞬間に見えるものですね。
何かに守られようとしてやることや、誰かに言われたからやることは、
主体性の評価の対象にはならないということです。当たり前ですけどね。
(ただ、効率的仕事能力の評価にはなるかもしれませんよ。)


そういえば、就活講師なのにパワーポイントの講義もやっています。
キャリアセンターから依頼されて大学内でやることもあれば、
就職エージェントに学生さんがPCを持ってきてやることもあります。

パワポ講座 C−SQUAR.gif

何年か前にゼミの後輩に依頼されたのがキッカケです。
依頼、何度かボランティアで引き受けます。
きっと後輩たちは私のゼミの恩師に「熊沢先輩に・・・」と言われて、
緊張しながら私に電話をかけてきているのでしょう。

このセミナーは主体的な学生さんとそうでない学生さんの差がでます。
セミナーの最中に自由製作タイムがありますが、
そこで必死に何かをやる学生さんもいれば、
終わった後に、自分のプレゼンしたい内容を必死に作る学生さんもいます。

逆に、セミナーに参加しただけでパワーポイントが使えるような気になって、
二度とふれない学生さんもいるでしょう。

だからセミナーの最後に私は言います。

「パワーポイントなんか教わっても上手くなるもんじゃないですよ」と。

就職活動もきっと同じですね。
就職エージェントのセミナーや会社説明会に何度参加をしようが、
家に帰ったあと、そのチャンス主体的に活かす気がなければ、
参加しなかったのと、まったく一緒です。

すでに差が出てきています。
熊沢の時間を抑えようとアポをとり出す学生さんもいます。
(討死するケースの方が多いですけど。。。)

ESを添削してくれ!とメールする学生さんもいます。
(血まみれになるケースがほとんどですけど。。。)

討死しても血まみれになっても、なお噛みついてくる学生さんもいます。
(逆に、お礼のメールも書けない学生さんもいます。呆れます。)

中には「休日暇ですよね?模擬面接やってください!」
なんて言う学生もいます。恐ろしいですが、良いことです。

グループディスカッションの練習会を自分たちで企画をして、
C-SQUAREを借りに来る学生も、以前はいました。


内定を取ろうが、会社に入社しようが、
それを自分の人生に主体的に活かしていくつもりがなければ、
内定を取っていようが、会社に入っていようが、意味はありません。

それに普段の景気なら、そんな入社もあるでしょうが、
この景気じゃ、その主体性が描けなさそうな学生さんには、
絶対に内定が出ないですね。


さて。。。主体性・・・あなたの履歴書から感じますか?








posted by 就職エージェント熊沢 at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。