2009年04月08日

仙台の友(ダチ)に感謝を。

おはようございます。
就職エージェント 熊沢です。

さて、仙台で朝を迎えました。

いや・・・昨日は飲みました。つまみの牛タンが旨過ぎたのと、
仙台に住む友人達との再会が嬉しすぎて、時間とお酒が進む進む。。。

女王と大城.JPG

「久しぶりだし、知らない街だしわかるかな〜」
『私、ちゃんと着物着てきたから、目立つわよ!!
 学生時代に、日本画やってた私は、和に戻ったのよ〜。
 さっき若者に、「昔の人だ…」って小声で言われた・・・けど!』


「お前は、よくこんな時間に会社でられたねー!不動産業界が!」
『あ〜うん。大丈夫だ。全てを会社に捨ててきた。』

牛タンが来た.JPG

そんな一言二言が、楽しく、嬉しく、誇らしく。
話す内容は、景気がどうだとか。最近はどうだとか。
(この辺りは、私の独壇場。)
誰が結婚したとか、誰が別れたとか。
早く結婚しろだとか。。。ちゃんとやれ・・・だとか。
(後半になるにつれて、私はまったく言葉が出なくなりました・・・
 なんだか怒られている小学生みたいに小さくなってました。)

結局、牛タン屋を出た後、2時ぐらいまで飲んだくれていましたが、
昔話と、恩師の話になりました。

『10年たったけど、やれていることはほとんどないね。
 おのおのが自分に自信のある業界に行き着いて、
 本気で戦っていても、まだ結果がついて来ない。
 あの人のお墓の前に立っても、家族が出来た報告ぐらいかな・・・』


そう言いながら、それでも、その報告をしっかりすることの大切さに、
気づかされたところで、解散にしました。

「友遠方より来る、また楽しからずや」の瞬間に反応できる大切さと、
非日常の空間と時間で、自らを省みることをすることの大切さを、
改めて強烈に感じている、帰りの新幹線の中です。


そして、この車両にも沢山の就活生を見かけ、
彼・彼女達の力になることが、今の私にどれだけ出来るか。。。

自問自答を繰り返します。

やれること、やれないこと。

たかがこんな自分は〜と、開き直って、前に進むこと。

でも、進むしかない。前に。できる限りの超高速で。


流れる仙台の風景に感謝をして、桜が咲く東京に帰ります。


実家の桜.JPG

出発前に撮影した浦和の実家の桜。満開です。。。なんかホッとします。



posted by 就職エージェント熊沢 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>旅を住処とす。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。