2009年05月25日

JCDA認定CDAの資格試験に合格♪

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

今日は、一つご報告を。

JCDA認定CDA(キャリア・デベロップメント・アドバイザー)の
資格試験に受かりました。土曜日に合格通知が来ておりました。

合格通知.gif

まずは、今までお世話になった方に「ありがとうございます!」を、
そして、「今後CDAとして出会う方々に、よろしくお願いします!」
と、申し上げたい…
のが、ありきたりですが、今の正直な心境ですね。

いやー、2007年の秋から専門学校の通信教育を受けはじめ、
年明けから120時間の通学授業を受け、
通学終了後の一次試験(筆記)にいきなり落ち、
再チャレンジでなんとか受かり、二次試験(実技)で、また落ち、
またまた再チャレンジで、やっと受かったわけですが、
この道のりは、、、いやはや短く無かったですね。

新市場を狙うベンチャー企業で働く私は、
どうしても投資的な仕事に時間を割くことが多く、普段の帰宅時間は
たいてい23時以降です。(ま・・・これは私の能力不足ですが。)
そこから、数時間の知識学習を確保するために、電車内での勉強や、
数十分でも早めに帰る有効性を知るのは、受験生のような感覚でした。

週末も学生さんのために会社にいる一年の後半(セミナー期)は、
週に一日、唯一の休日を朝から晩まで専門学校にいるわけですから、
帰宅してからのワイシャツのアイロンがけの嫌だったこと・・・。

そんな日々を思い起こし、「努力を一つの形する重要性に、
久し振りに気付けた良い思い出だった!」
とまとめるのは簡単ですが、
もう少し前向きにとらえるなら、やはり、終わってみて気付いたのは、
「これは、一生やり続ける作業なのだろう!!」ということですね。

社会人だからといって、「学生」の役割を忘れてしまうのは、
あまりにも勿体無いですし、努力や学びのないところに、
次への成長があるわけないですからね。
与えられた業務だけやっていて、成果があがる時代でもありませんし。

なにより、「キャリア」に関する勉強(学生としての時間)は、
自分自身を見直す機会として、最高の時間でした。

<自分がどこから来て、どこに行くのか・・・>

そんなことをじっくり考えられたのは、
不況就活時代を超えて、20代で4つの仕事をしている私には、
とっても貴重なことでした。


そして、30代(再来週で32ですが。。。)の時間を、
充実させるために、「CDAは一生勉強だ!」と心を新たにし、
このブログの新しいカテゴリーを作って記して行きたいと思います。

改めて、今までお世話になった方々に感謝を、
(特に、講師の方々、クラスのメンバー、勉強会のメンバー、
 それから、暖かいメールや御言葉をかけて下さった有資格者の方々)
そして、これからCDAとして出会う方々、よろしくお願いします!


続きを読む


posted by 就職エージェント熊沢 at 13:07| Comment(4) | TrackBack(0) | CDAは一生勉強。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。