2009年05月31日

歌舞伎町流血ろっくんろーる事件。

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

頭が痛いです・・・

風邪(パンデミック)ではありません。二日酔いでもないです。
朝から大盛り上がりの近所の運動の応援合戦が煩いからじゃないです。
その父母の席のお母さん方が、同じ年ぐらいだったとことや、
その女性達のタバコを吸いまくりながらの品の無い会話が、
聞こえてきたからでもありません。それは、それで、頭痛いですが…。

金曜日に頭をぶつけました。
どこで、どうやって頭をぶつけたのかは記憶がないです。。。

ゆっくり思い出すと、、、高校の後輩が会社に来たので、
帰える前に、23時ぐらいから、ラーメン屋で一杯やっていましたら、
営業の若手リーダーが私を捜索するようにやって来ました。

「熊沢さん、こんなところで何してんですか!!」
と、言われ、、、半ば命令のように拉致られるように席を立ちました。
若手営業がワラワラと飲んでいるところに、合流してて、
もっと気がついたら、2時。。。また終電が行ってました。

こうなったら、開き直ってカラオケです。

CA390213.jpg

たぶん、私が飲みたかったんでしょうね。
先日、お金の使い方をブログに書いて、
自分で読んでみて、なんか寂しくなったのでしょうか。
お給料貰った後の金曜日ぐらい飲みに行かないと、、、と、
私のお財布的には、一番、危険な人たちの飲み会に合流したわけです。

だから、誰のせいにするわけでもなく、自ら合流した気がしますし、
「タマには社内の若手と飲まなきゃいけません!!!」
と、最初っから、勝手に思っていたんだと思います。

お陰で、社内の事や市場のこと、また社外の仲間のことなど、
さらに、高校の後輩がいたので、昔話(オッサンですね。。。)など、
普段はあまり話をしないことまで、ワイワイと盛り上がりました。

ただ、月末の不況下に営業が楽しいわけないですね。
「くっそー!儲かりテーゼ!!」と、叫んでいる営業の若手リーダーの
大勢に反骨する<ろっくんろーる魂>を見て嬉しくなりました。

明け方に、まだ、なんとなく飲み足りなかったので、
その若手リーダーだけをタクシーに載せて、
逆に拉致って歌舞伎町に向かいました。6時とかだった気がします…

不況(財布薄いし、安く飲んで帰ろう〜か・・・)と言う逆境に、
反骨精神という<ろっくんろーる魂>を付きつけて、
明け方の歌舞伎町で、忍法・福沢諭吉手裏剣!!です。

やっぱり社内の人間と飲んだくれるときは、サシに限りますね。
楽しいだけの時間でも、集団心理から来る一言でもなく、
サシで本音を共有することが、後は行動がバラバラでも、問題はないです。


この本音をサシで共有するという意味でも、就職活動の面接の時間って、
素敵なことだな〜と気づきました。そりゃ本音がショボイ人は落ちますね。


その意味では、とっても良い飲んだくれタイムだったわけですが、
た〜だ、誤算だったのは、そこで、頭をぶつけての流血事件です。


たぶん、「たこ焼き屋」で、飲んだくれていた時だと思いますが、
緑茶ハイの二杯目のグラスが血で汚れて大変でした。
その次の店でも、血がいっぱいで。。。髪の毛の中に指をいれると、
「鼻血か?」と思うほどに手の平が真っ赤になる感じで、
お絞りが、何枚も運ばれてきたころには、どうでも良くなってました。

翌日、自宅でシャワーを浴びて、「ギエー!!」と叫ぶまで、
忘れていましたが、ドでかいタンコブが、今でも私の頭に・・・。

気をつけないといけないですね。。。
はしゃぎまくってケガする年ではないですからね。。。

歌舞伎町(この町は私の戦闘力を上げます)での流血事件と名づけ、
大勢に対して儲かってやるぜ!!という熱きろっくんろーる魂をの誇りと、
31歳・・・やり過ぎの反省とともに、ここに記して、5月を閉じます。






posted by 就職エージェント熊沢 at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。