2009年06月11日

就職合宿で最強の仲間を!!

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は大学のキャリアセンターに3校お邪魔しました。
各大学のキャリアセンターの方々とは、
就職エージェントがやっていることと仕事が似ている・・・ということもあり、
よくお邪魔します。加えて、学生さんがキャリアセンターに行く時期というのが、
一年間の中で何回か山があって、その一つの山が今〜夏休みの一ヶ月半だから、
この時期は、集中していろいろな街をめぐります。

勿論4年生の就活生のために色んな情報共有をしにいくわけですが、
就職エージェントからみえる世の中の景気変動と、かなり近いものを、
大学の方も感じていらっしゃっていて、ため息の共有もします。
その一方で、我々が頑張らないと!!という話もします。

それから、3年生の話も出てきます。5月〜7月のどこかで、
各大学は3年生向けにガイダンスをするわけですが、
その集まり方が、ここ数年では類を見ないほどの量だ・・・という話です。
3年生にも危機感は伝わっているのですね。

足元をすくわれないのなら、早くから動くことは良いことだと思います。
私が特にオススメしたいのは就活合宿ですね。
規模が大きな大学は、実際に企画しているところもありますし、
民間の組織が仕掛けているものもあります。

とにかく、数時間のガイダンスやセミナーに気分転換がてら参加するのではなく、
「ガッツリ」と時間と場所を区切って自分に向き合う機会を作るのは、
3年生には有効な手段だと思います。
日常の中では、「就活って・・・」ってのは、なんだかわからないですからね。
自分自身のことなんかもっと分からないですよ。

就活を開始する前に、これだけ不況で混乱している時代ですから、
まず手に入れるのは仲間ですね。なんでも、1人で解決すると思わないことです。
就活を乗り切るのは、仲間・先輩・親・専門家、この4エリアのブレーンを、
バランスよく身の回りに配置していくことが、第一だと思います。

いろんな人の意見を聞きながら、自分達の行き先を決めていくのは、
就職エージェントが大学にお邪魔するときの心境とまったく同じです。
社会の中で生き残るために必要なのは、とにかく優秀なブレーンだと思います。

そう思いながら、また大学への訪問を数多くこなしていきます・・・。


ちなみに、携帯のGPS機能を使った無料の位置ゲームに
軽くはまっている私としては、格好のポイントためるチャンス!です。笑





posted by 就職エージェント熊沢 at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

ながーーーーく、人とお付き合いする意義。

こんばんは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、とある大学の職員の方(澤さん)と、
PUFFのクギサキ社長と、PUFFのマネージャー伊藤さんと、
弊社下薗と食事でした。新宿南口1分のお店で乾杯です。

CA390636.jpg

話していて偶然に気づき驚きました。
このメンバーの中でクギサキ社長とお会いしたのが、
一番、昔なのは私でした。

私は10年前、、、
伊藤さんは9年前、、、
弊社の社長も8年前、、、
澤さんも、6・7年前、、、

学生時代に営業にお邪魔して、協賛金まで頂いたので、
取引をしたのも、私が一番、昔でした。

ま、このメンバーからすると関係性としては一番薄いかと思いますが、
大学生時代にお会いした社会人の方々の中でも
一番昔からお付き合いを頂いている方というわけです。

大学時代にお会いした社会人の方々と、
どれぐらい長くお付き合いできるか?ってのも、
重要なことだと思います。今、自分が何をやっているのか?を、
報告・連絡・相談をしつつ、自分が成長していく姿を、
横から見ていていただくことが実は自分のキャリアの棚卸になったり、
自分が壁にぶつかったりしたときに、必要になるのだと思います。

内定が出て、キャリアセンターやゼミの先生に報告にいくのは、
義務なのでも、マナーなのでもなく、実は自分のためかもしれません。

人とのつながりなんてなくても生きていけるさ〜と、
ないがしろにしてしまうのではなく、人生でどれだけ多くの人と、
素敵な乾杯ができるか?いつでも連絡が取れる体制を作っておけるか?
というのも、私の中では生きる価値です。


そういう意味では、このブログも、
きっととっても意味があることなんだと、
改めて続けることの意義を感じました。。。
忙しくなるとサボり気味になってしまいますが、
気合を入れなおして、パソコンをたたきます。

では!

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

10年春の大卒採用、都道府県は18%増

10年春の大卒採用、都道府県は18%増 
団塊退職を補充、日経調べ



 都道府県の2010年春の大卒採用計画数は、
09年春の実績に比べて18%増える。
団塊世代の定年退職者の補充に加え、
地域の雇用対策として採用を増やす動きが広がっている。
景気の冷え込みで民間企業が大幅に採用を絞り込む中、
就職難の学生にとっては一助となりそうだ。

 日本経済新聞社が各都道府県に取材し、まとめた。
事務、技術系合わせた採用数の合計は4694人で、
今春に比べて719人増える。
企業の事務系総合職に当たる「行政職」の採用計画数は
19%増の2167人。(07:00)



公務員の世界の話ですよ・・・

ま・・・倍率は悲劇的なことになりそうですけどね・・・。

公務員の世界の採用事情の現実は、
また詳しいことを調べてレポートします。

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

講師は野村総研

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、二日間飲みまくったのと、
実家でやらなければならない仕事があって、お休みを頂きました。
ぎっくり腰だ!と踊る母親と一緒にセコセコと実家の押入れを漁り、
探していた 〜25才ぐらいまでの写真を見つけて、軽く感涙です。もうやだ〜(悲しい顔)
昨日の応援指導部と、その時代の自分の写真が出てきたのは、
なぜか感動を引きづります。私にも・・・こんな時代が・・・とね。

さて、もろもろの仕事を終えた後、夕方時間があったので、
知り合いのやっている勉強会に顔を出します。わーい(嬉しい顔)
今すんでいる地域の社長達が平日に集まって色々な勉強をやっている会で、
今回のテーマは、「世界の中の日本経済!」です。たらーっ(汗)

この不況はいつからはじまって、いつまで続けるのか?という話を、
総復習と予想を兼ねて、各業界の社長達が集まって真剣に共有します。

バディーズ.jpg

ちなみに講師は野村総研の同世代の人でした。

GDPってのは、日本で生産されたサービスと財の総計だとか、
民間消費と投資と政府支出と輸出から輸入を引いたものだとか、
その中での自分の会社の立場はどうなのか?
ブリックスってなんなのか?ユーロはなんなのか?
アセアンはどうしたのか?などなど話は多岐にわたります。

中学校・高校で政治経済で名を馳せた私としては、興味深々です。
※えっと大学受験の時は政治経済の偏差値は常に70を超えてましたし、
大手予備校の全国ランキングに何度も名前が載ってました・・・
高校では常に学年首位です。ま、受験には不利な政治経済ですが、、、、
学問としてて、それがやりたかったので、仕方ないかったのです。ちっ(怒った顔)

しかし、いつ参加しても、社会人の勉強会ってのは良いですね。
実体験に繋げるセンスがあがっていますので、記憶や感性に残りますし、
お金を自分で払っているので必死ですし、
終わったあとにビールが必ずついてきます。

勉強会.jpg

こんな時代だからこそ、原点を見つめつつ、アンテナを高くして、
色々な人にあって、色々なことに好奇心を刺激して学び、
「今」が求めていることを生み出して生きたいものです。

この激動の3日間に、原点とアンテナを誓って、
また明日を迎えに行きたいと思います。




posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

第49回 演技発表会「臙脂の集い」

こんにちは。昨日、なんやかんやと朝まで飲んでいたわりには、
私は今日、午前中には起きて、週末の必須家事である「洗濯」をして、
12時過ぎには家を出て実家の埼玉に向かいました。

6月の第一週(時々、第二週)は、母校に戻る日です。
春日部高校文化祭にて、応援指導部の演技発表会「臙脂の集い」が行われ、
そして、その日の夜にはOBが集まってのOB総会が行われます。

CA390641.jpg CA390640.jpg
<OB総会は、ずらーと歴代のメンバーが並びます。
(中央の)若手が自然と正座になってしまうのは、パブロフですね。>

いや、そんな大それた話ではなく、吹奏楽部の「定期演奏会」みたいなもんです。
年に一回やっている発表会が約50回目ということですよ。

ただし、私のやっていた応援団は名門・・・
というか、比べる対象もないですが、歴史と伝統があると自称しています。
大学の応援団に進む人間が、最高に凄い!という考え方も部内は、
特にありませんが、過去に明治大の団長が数人います。
最近も、私の数代後輩に早稲田大がいるのと、今年の大学一年生に、
慶應大の応援指導部の新入部員が2人いますね。(現役合格・・・がく〜(落胆した顔)

ちなみに、今年の高校3年生の幹部は84代目で、私は72代目です。
卒業して15年近いわけですね。あっと言う間です。。。
そんなに時間がたっても母校に行くのですが、私なんかまだ若いほうで、
大先輩はその数倍の時間を費やして高校に顔を出しにいく文化があります。

CA390644.jpg
<今回引退された会長は、私の父よりも年上ですし、
 その隣の新田先輩は・・・「やっと平均寿命が・・・」と、
 駄洒落を言いまくって、高笑いされてました。無敵です。。。>

私がこの会に行く理由は。。。3つほど、スルスルとあがります。

@弱音も強気も出し会える気取らない仲間(先輩・後輩)に会える!
A自分が圧倒的に頑張っていた時と対峙して、今の自分を鼓舞する!
B同じ道を進んで向かってくる後輩を激励し、応援したい!<ドS>
(逆に先輩に、自分のスキを指摘されたい、つめられたい。<ドM>)


この3つを、一言で言うなら、カッコつけでなく、素っ裸の感覚で、
「意地の張り方」を確認できる・・・と言うことかもしれません。

意味とか意志とかというものは、自分達がそこにそれが存在すると
信じなければ生まれ無いと思いますし、それを集団で追いかけるために、
組織をつくり価値をつくり、そこに生活が生まれていくのだと思います。
(お金や仕事は、その手段に過ぎないとすら思います。)

私がこの応援団に引かれる理由は、その意味とか意志とかを、
自分達で作らなければ、組織になれない集団だと悟ったからです。
自分達の存在に価値が無い。。。だから、その価値を決めて、
それを実現しなくてはいけない
のが応援団です。

逆から言えば、そんな組織の価値は無限です。
新しい価値を作り続けることが出来れば、その存在は永遠に続きます。
昔からの伝統を継いでいるだけで形になる応援団など、
これだけ価値観が多様化している現代においては、
どこにも存在しないのではないか?と思います。

時代の中で、常に価値を考えて、
残すものは残し、生みだすものを生みだして挑戦をしていかねば、
その存在は危ぶまれ、その組織員は離れ、価値を受け共感してくれる人たちも、
遠ざかっていくということですね。

そのスタイルは、まるで、経済の中の企業の姿です。
ベンチャー企業の姿そのもの。。。な気すらします。

私が既存の価値を守るだけのスタイルが嫌いで、
新しい価値を生み出すところにしか身を置けないのは、
この後天的なDNAを、多感な高校時代に培ってしまったからかもしれません。

各世代や、各学年で、違う価値や違う基準を持ち、
それがお互いに認め合えるようになってはじめて、
このOB会という組織が形を成します。

応援団のOB同士というのは、ただ単純に、
「同じことをやってのけた奴ら」
というだけの認識をしているわけではないわけです。
もっと深いポイントで認識しあっていると思っています。

「お前と俺は違う!でも、一緒だ!おまえは凄い!」そんな感じです。

象徴的なシーンが今回のOB会にもありました。

<地元の中学校の教師になった若手と、その担任クラスに、
 娘が在籍している先輩。先輩が褒めてます。「いい教師だ。」と。>
CA390645.jpg

一つの地元との繋がりいう組織の中で、個人とか仕事とか、
そんなちっぽけなサイズの話でなく、年齢を超えてお互いの価値を、
認め合える関係性。。。この2人の偶然の関係が羨ましい限りです。

私自身、それを必然に作っていけるようにならねば・・・と思います。

〜アナタがいるから私もいる〜

そんな力強い価値を今の会社でも作れたら・・・と思います。
それが共有できたときのお互いを尊敬しあえるお酒は、
きっと、ただの飲んだくれ飲み会よりも、ずっと美味しいと思います。




posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(1) | TrackBack(1) | <特>埼玉県立春日部高校応援指導部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

酔っ払い自己分析

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。
今日は、会社のメンバーの結婚式でした。
就職エージェントのメンバーもお呼ばれして、大集合です。
いつものスーツからドレスに着替えて・・・記念写真!!

IMG_0785.jpg

当社は、20代の若いメンバーが中心なので、あまり結婚式がないですね。。。
20代といっても、一階に300万〜500万もかかる結婚式というイベントが、
盛大にやれるってのは、両親から強烈な金銭的サポートが無い限り、
新入社員から数年間では難しいですからね。

そんなこんなで会社のメンバーの結婚式なんて、久しぶりに出ました。
ま・・・30代のメンバーで結婚をするメンバーはいますが、、、
海外でちょろっとあげる・・・なんてのが、流行っている気がします。

さて、で、どうだったかというと、、、まぁ飲みすぎましたね・・・。

IMG_0757.jpg

会が始まる前から、カラオケで何杯か飲んで、余興の企画を練り。。。
(「よし!!準備万端!感動させにいくぞ!笑いを取るぞ!!」)


IMG_0789.jpg

私もマイクを握って、企画が一応の成功をした後は、
もう無責任に酔っぱらってしまいました。。。

飲みすぎたし、暴れすぎましたね・・・。久々に超反省しました。
パーティが終わって、カラオケ行って、ワールドカップ見に行って、
ラーメン屋に行って・・・もう、カラオケぐらいから記憶が曖昧です。

(後日、この私の記憶はいい加減で、焼き肉やが消し飛んでいるのと、
一晩で、カラオケ屋さんに4回いったことが判明しました・・・)


昔から私は酔っ払うと、人に電話やメールをしまくるか、ないしは、
肉体的制御が利かなくなり(大声を出したり、飛び跳ねたり)
強烈に活性化してしまうか、この2点で人様に迷惑をかけてきました。
弱点が分かっているのに制御不能です。この状態はガキンチョですね。
(大学生の時も、それでカラオケ屋に多額の損害を与え、
弁償金を持ってくるまで・・・と、学生証を預けた記憶があります。
後に、そこでアルバイトをする、、、という笑い話つきで。)

今回は両方やってしまった気がします。起きたら傷だらけでしたし、
送信履歴には、数え切れないメールがありましたし・・・。

新郎新婦が喜んでくれていたことだけが心の救いですが、
中には朝起きたら、呆れて、ものすごく怒っていた人もいましたし、
あー、本当にダメ人間です。飲んだくれると、深い反省に襲われます。

当社の悪いケース<※野蛮人飲み会>⇒<海賊王飲み会>
 ⇒ワンピースのルフィ的な飲み会を、開催してしまったわけです。
(※社長を筆頭に、男ドモが自己満足に走り続けるスタイル)
いつになったら、大人になれるのか。。。と思い込むばかりです。


精神世界の大解放は、その瞬間、やっている人たちは楽しいですが、
周りのメンバーは楽しくないかもしれませんね。場は荒れるし、
コミュニケーション能力の低い、まるで大学生のサークルのようです。
そうなると飲み会の趣旨が、「自分が楽しむこと」になり、
集団社会を形成するレベルに満たない人がやる行為になります。あー。

私の場合、お酒による内臓的な制御不能はないのですけど、
大体、制御できなくなる時には、喜怒哀楽の何かの感情が最大化して、
精神から肉体の限界を超えていってしまうケースが多いです。

今回、自分を制御できなくなった最大の感情は、「嬉しさ」でした。
つまり、「喜び」と「楽しかった」が合体していたというわけです。

これだけ不況で、身の回りに良いニュースが無い中で、
身近なメンバーが、幸せをつかんでいるのを見たら嬉しくもなります。
その状況に反応して周りの若手がオオハシャギしだしたら、
普段は「あーあー、止めないと・・・」と思う正義熊沢が今回は、、、
「負けられませんよ…一番、嬉しい気持ちを表現するべきです」と、
正義の仮面がはがされてアランカルになります。いや、ホロウに・・・

きっと、酔っ払ってた時に出てくる自分が、
実は自分のコアに隠された自己の一部なんでしょうね。
精神的ストレスが開放された状態になるわけです。えー、卍解です。

私は「自己開示欲求」と「開示後の共有欲求」が強いんでしょう。
体を動かしまくるのは、肉体的運動不足感覚の開放というより、
暴れることによって、「私を見て♪」という状態になっているんだと
思います。野生の王国。。。とかの動物番組に出てくるゴリラですね。
誰かに体をぶつけたり、パンチしたり、キックしたりはしないです。
(かと言って、喧嘩が少ないってことじゃないです。それはそれで…)


これじゃ、ガリガリ営業職か体育会系しか着いて来ないわけです。
32歳になったので、その辺りを考えられる大人に。。。と思います。

以上、グダグダと私の反省文と酔っ払い自己分析でした。

あと。。。吟じるのは。。。禁止になりました。



<下記、数々のゲーム商品を総なめにする就職エージェント>

IMG_0794.jpg

写真はないですが、クルーザーなんとか・・・って、
おとなデートができる特別賞を、
ウチの新入社員がとったのが一番いい賞でしたね。

IMG_0795.jpg

ちなみに、私は携帯番号を書いた紙が抽選され、
電話がなって商品がであたる!というゲームで、
見事、最後の商品「現金10000円」を手に入れました。

「新郎と新宿二丁目で飲んだときにタクシーに乗って帰宅し、
その分のお金をいつも、私が払っているので、取り返しました!!」
なんて発言を、思わずしましたが・・・

今回の新郎と飲んだくれてタクシーで帰ったときは常に割り勘です。
私が多めに払ったことすらない気がします。

彼の名誉のために、この場をかりて訂正を。


そして、この10000円は2人の幸せを増大させる何らかの企画費に、
当てたいと思っています。よろしくお願い申し上げます。


あらためて!!オスギ!おっしあわせに!!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>はっぴーWEDDING♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

モチベーション向上研修(究極版)

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

今日は、モチベーション向上研修(究極版)を受けました。

しかもたった3分の。。。研修です。
激烈に感動して言葉を失いましたし、思い出すだけで、
今、この瞬間に涙がこぼれてきそうなほどに、胸が熱くなります。

なんと、取引先のマングローブさんが、ただのMTGにも関わらず、
私が誕生日だと言うだけで、花束を買ってきてくれたのです。
花を買ってきてくれたのではなく。。。花束を・・・です。

CA390635001.jpg

私はアナタに聞きたいです。経験したことが、ありますか?

誕生日に、取引先からバラの花束を贈られたことが。。。そんな経験が。。。

そして、すべての営業マンに聞きたいです。

アナタは取引先にバラ花束を買っていこう!と思ったことがありますか?

思ったことすら、、、、無いですよね。。。普通の常識感覚では。。。

人を動かそうと思ったら、相手の予想を超えなくてはならない。
予想とは常識だ。その相手の常識を想像して、それを超えるのだ。
その為には手段を選んではならない。それができると、
人は感動して、思わず体を動かしてしまうのだ。

例えば、映画のラストシーンで若者たちが
「あのデッカイ夕日に向かって走ろう!」と、走り出すのは、
なんだか、もう自分たちの常識以上に大きな夕陽をみてしまい、
思わず心と体を震わせるからだ。。。春高生の予想を超えてやる。


私の高校時代の日記に書かれていた文章です。
こんなことばかりを必死に考えた高校時代でした。
誰かの心を動かすには、どうすればいいか???
それを考え抜かなくては、そして、それを実践できなければ、
応援団に存在価値などない・・・そう思って生きてきました。


今日。。。私はそれを思い出しました。強烈に・・・です。

頂いた花束の中の手紙には、こう書いてありました。

「就職エージェントのOFFICEで行う打ち合わせが毎週毎週楽しみです。
これからもっと盛り上げていきましょう。」
と、、、

「これからの面白い展開がもっとできそうで可能性にワクワクしています!」と、、、

「業界一インパクトのあることを一緒に頑張って行きましょう!」と。

これが社交辞令だとか、戦略だとか言う人がいても良いですよ。
それでも、それを想像できない人間には行動として出せない一筆です。
苦しみの世界では、人の心を救う一筆ですよね。


落ち着いて、いつもの23時からのブログタイムになってみても、
やってやる・・・やってやりますよ。。。そんな気持ちで一杯です。
「やれるとはいえない・・・でも、やるしかないんだ!」
そんな気持ちを口走って、飛び出していく感覚です。


人材ビジネス業界は、景気の回復の影響を最後に受ける業界です。
与謝野さんが何を言おうが、経済学者がどう判断しようが、
我々に必要なのは実績です。就活生の現場のピースサインと笑顔です。
生き残れるか。。。まだまだ勝負の<ど真ん中>です。

バラの花言葉を調べて思いました。
この4つを、常識以上に高めることでしか、
私が生き残る術はないだろうな・・・と。


CA390638.jpg

バラ,ばら(薔薇)
(赤)「愛情」「模範」「貞節」「情熱」





CA390644.jpg

あ・・・でも、私は厳しい世界だけでなく、
甘い世界のケーキも好き♪パカッと開いた時に、
4つもあったら私の常識を超え過ぎていて、失神しそうです♪
その甘さが無いと、きっと私は自分を詰め過ぎて倒れてしまうから♪
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

高田馬場の焼肉屋で、誕生日プレゼント!

こんばんは。

就職エージェント 熊沢です。

今日は浦和レッズの高原選手の誕生日でした。
日経新聞のスポーツ面に、その事実と共に、久々弾!!と
彼の半年以上ぶりの得点を讃える記事が載っていました。


スポーツ選手のこの手の記事は、良く見ますね・・・。
本人だけではなく、奥さんや家族までいれたら、
かなりの数なんではないかと思います。
これだけプロスポーツ選手がいたら、だれかは誕生日だろ・・・
と、つっこまずにはいられないですね、、、。

でも逆に、それだけ精神世界が重視される世界でもあるのだと思います。
記念日を力に変え、結果が出せる人は、強いですね。

実は、私も今日が誕生日です。

朝から直行でアポイントを二件こなし、お昼は高田馬場の焼肉屋です。
午前に二件の訪問をこなすと、そのハイペースに、ちょっといい気分です。

CA390642.jpg CA390643.jpg


この焼肉屋が凄かったです。高田馬場の方々には、オススメです!!!
700円で、肉が10枚出てきて、ナムルのセットとサラダがつきます。
その上、山盛りライスとスープはお代わり自由と来たモンです!!!

普段、430円のお弁当で節制している私には、大当たりのお昼でした!!
私も、記念日を力に変えられるタイプかもしれないです。

ただ、、、

ライスお代わり「半分で!」の日本語が店員さんには理解出来なかったらしく、
2杯目も山盛り!には予想外でしたし、「オジサンは、こんなに食えないな…」と
同席していた上司が半分、私の器に入れるのとは、、、もっと予想外でした。

計2.5杯の山盛りライス。。。誕生日プレゼントでしょうか・・・

ま、高校時代から「先輩に頂いたものは残さず・・・!!」
が、身についている私は、有無を言わずに完食しました。

おかげで、午後の2つのアポと、深夜のMTG(21時〜23時)が終わっても、
24時まで雑務とブログを書いても、まったくお腹が減りません。
(途中で、ちょっとサラダとか食べましたけど。。。)

いやー!!ラッキーばかりに包まれた幸せな誕生日でした。

運を天につけて、また明日から32歳!!頑張りますよ!!!!


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

大学就職課の方々からお話を聞いて・・・A

さて、昨日の続き、、、ということで、今日も八王子駅です。

PAP_0638.jpg

会場となる東急スクエアに向かいます・・・良い天気です。

PAP_0639.jpg

あー、この二日間に及ぶ、学生さんの苦しさの解決のために、
なんとかならないのか・・・と天を仰ぐと、

CA390635.jpg

「くまざわ書店」という本屋さんがありました。
くまざわ社長という人がいらっしゃっるのか。。。と思って、
きっと頑張ってらっしゃるのだろうな・・・と、
負けん気を出し、もう一度、学生達のことを考えてみました。

この3日間でお聞きした話を、総じて表現するとこんな感じでしょうか…


お母さんが立って歩けそうになっている子どもを見ている時、
子供はヨチヨチしつつ、転びます。
お母さんの後を、必死についていこうとして、躓いて転ぶのです。

その時!!お母さんは、その子に手を差し伸べて
立ち上がらせてはいけません。。。という話を聞いたことがあります。

なぜなら、その子は転んだら立たせてもらえる・・・
と思って次回から差し出される手を待ってしまうからだそうです。

子供ですから、すぐに立ち上がるし、
それを繰り返すと足の筋肉もつくわけですね。

「転んだっていいや・・・走って、ママに追いつくほうが楽しいや!」
と、思えるようになるわけです。

そこで、ママが甘い気持ちで、手を出して立たせてしまうと、、、
「あ・・・転んでも立たせてもらえるんだ〜」と思ってしまいます。

だから転んだら、ほっとけばいいのだと。
「ほら、立ちなさい!行くわよ!」というのが、
子供をいち早く歩ける、走れるように育てる時の基本だと聞いたことがあります。

今の就活生を、この子供が立って歩けるようになるシーンで比喩するなら、

今の就活生は、転ばぬ先の杖「インターネット」をもった子供!

だと言うわけです。そう見えますよ...という話が多く聞こえました。

とっても小さくまとまっている・・・子供が多いということです。

転んでも良いや!転んだら立ち上がればいいや・・・と思う人はほとんどいなくて、
それどころか、転ばないように踏ん張ってみるから!と思える人もいなくて、
転ぶといやだから、前の進むのを止めよう・・・と思っちゃうわけですね。


なるべく転ばないように進もうとすから、転んだ経験がないわけですね。
転んだ経験が無い人に、立ち上がる能力なんて期待できません。

でも、新入社員に期待するのは、その「立ち上がる」能力なんです。
正社員の経験など、あるわけもないので、どーせ、全員、転ぶのですから。

「先輩社員が、転ばないように手取り足取り教えてくれるものだ・・・」
とすら、思っている。。。だから出てくる「御社の研修制度は。。。」の質問。


そんな時代じゃないですよ。先輩達が生き抜くのに必死なのですから。


だから、、、今の学生さんがするべき対応は、こんな感じです。

まず、転ぶ。転んでいいから。で、にっこり笑って立ち上がる。
で、「うわー!転んじゃった・・・くそー、もう一回だ!」と思うことです。

「え?私の就職活動ですか???はい!落ちてます!
 内定がもらえません!悔しいです!でも、御社こそは・・・と思って、
 本日参りました!がんばります!よろしくお願い申し上げます!」

なんて一言が、一時面接で元気良くいえたら、
まず、その一時面接は、通りますよ・・・きっと。

CA390640.jpg

結局、三日目の今日も満席でした。。。

結局、三日間で1500人近い学生さんが来場しました。
昨年は、500人足らずだったのに・・・です。

不況は不況です。

赤ちゃんが、最初に出た外界は転ばず走りまわれる芝生ではないようです。

でこぼこ道で、雨が降った後かもしれませんね。

でも、足さえとめなければ、甘えなければ、、、

きっと、泥まみれになって立ち上がることを覚えた赤ちゃんが、最強です。

そこを目指して進むしかないですね。

私達は、ママではありませんが、手を差し伸べることはせず、
必死に学生さんたちの立ち上がるのを信じることで、
まず一つの支援だと思います。無力・・・あまりにも・・・無力です。

多摩地区合同説明会は、改めてそんなことを気づかせてくれました。

お世話になった関係各位に、この場を借りて深くお礼申し上げます。

posted by 就職エージェント熊沢 at 15:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

大学就職課の方々からお話を聞いて・・・@

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

昨日に引き続き、八王子の多摩地区合説明会に来ました。
全部で、17大学の学校の職員の方が、3日間にかわるがわるいらっしゃるので、
空いた時間で、「最近の学生さんはどうですか??」という話を聞きます。

口裏合わせているわけではないでしょうに、皆さんの答えが、
どの大学の方々もほとんど一緒だというのが、
なんとなく、時代を捉えている気がして気になりました。

大前提として、不景気で企業の採用がすくない!!という事実はあります。

CA390637.jpg CA390641.jpg
(今日も受付前には行列ですし、会場前の控え室は満員で入れません。)

そこは、語弊なく「かわいそうですね、、、一年生まれてくる時が、
違うだけで、こんなに違うのですから、、、」
と話した上で、、、下記です。

まず、とにかく「就活から逃げたがって、小さくまとまっている・・・」とのこと。

「就活が楽しい!と思って、ドンドン進められる学生さんがほとんどいない。」

いやなことを、いやだな〜と思って、ちょびちょびやっている人は結果が出せない、
目の前のいやなことを、がっちり捉えて乗り越えよう!と思えないというわけです。

そのいやなことを捉えて昇華する能力がないと、運良く社会人になれても、
不況下の<仕事>からは、逃げ出してしまうのではないでしょうか。。。
就職活動より、仕事の方がずっと理不尽で、大変なんですから。

例えるなら、、、

そう、、、目の前に長距離走大会がある。。。できれば出たくない。

その状況の中で、長距離走大会を「楽しむ!がんばってやろう!」
というスタンスに<きりかえらる人>は、大会当日に、
ゴールした時に手に入ったものが違うし、思い出が違います。きっと順位も。

別に、イヤイヤやっても、長距離走大会は終わるんですけどね。


ただ、就活は終わらない。。。だから逃げ出したくなる!ってわけですね。
内定辞退が流行ったのが一昨年で、内定取り消しが流行ったのが去年。
今年は・・・就活辞退が流行りそうな気配すらします。


身に降りかかる<いやなこと>に対して、ストレスをかかえ、それを昇華して
それを乗り切る成功体験が学生さんが少ない!ということでしょうか。

それを受けて、別のとある就職課の方が言うには、
「その昇華どころか、ストレスになる<いやなこと>を捉え、対処する前に、
 それを受け止める習慣が無い。すぐにそれを回避する策を練ろうとする。
 もっと言うと、すぐに、それを解決する技をネットで調べる。答えを求める。」


いやいや・・・ゲームじゃないんですから。。。
回避は駄目ですね。。。根本の解決になってない。。。です。

時代にしても、学生さんの質にしても、
この業界にいる者として、何とかならないものか・・・

と、思わず、天を仰いでしまいました。

<明日へ、続く。。。>
posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

多摩地区合同企業説明会 2010年卒 @

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、多摩地区合同説明会のお手伝い行きました。
多摩地区の大学17校が一致団結体!!協力体制で、
八王子の駅前で合同説明会を開催しているのです。
大学一校の主催では、なかなか集まらない企業も学生さんも、
数多く集まっていて、会場は大盛り上がりでした。

この大盛り上がりを支える各大学の職員の方々には、頭が下がります。
それこそ、自分の大学の生徒でなくても、必死にサポートするのです。
「どこ回りたいの?」「あと一社行ったら?」「いいね〜」と、
会場運営と同時に、学生達の気持ちを落とさないように声をかけて回ります。

人・人・人・・・普段、私がブログに書いている世の中の状態を、
目の当たりにして頂けますでしょうか?全部、、、4年生です。


CA390644.jpg CA390643.jpg

参加社数は、一日に40社が集まって、3日間で120社です。

特記すべきは、大学主催ですから利益を求めているわけではないので、
企業の参加料金が安い!驚愕の市場価格の100分の一という点です。
さらに、もう一点は、参加企業が大学とやり取りをしている。。。
つまり、採用実績があったうえで、そのOBOGが活躍している!!
という評価を持っている企業のみが呼ばれているという
点です。

要するに、参加している企業が学生を採用するということにかけては、
責任感のある「いい会社」が多い!!と言えるかも・・・ということです。
(学生の将来に酷いことをする会社は、大学から嫌われますので・・・。)

今日も、会場入りした瞬間に、「学生が多く来場している・・・」
ということを察知した人事の人達が、急に立ち上がって説明を始めていました。
一見、当たり目に見える現象ですが、こんなところにも、
今回参加している企業さんの若者の対する質の高さが伺えます。。。
4年生向けのこの時期に人事総立ちの合同説明会は脅威でした。
毎年、20ヶ所近い合説にお邪魔する私の目からは異様にすら、
見えました。「秋のマイナビEXPOじゃあるまいし…」という感じです。

CA390641.jpg

今日のところは、数をご理解していただければ・・・と思います。
6月に入っても、まだまだ就職活動中の学生さんも、、、まだまだ、
(採用枠減少でも)必死に入社説明をする人事も、、、まだまだ、
沢山いるので・・・!!!!諦めず頑張って欲しいです!!
(みんなやっているから、まだ大丈夫だ〜ではなく!!)

私自身も、多くの大学の就職課の方々と話をして気がついたことも、
思ったことも、数え切れないほどあったのですが、それは明日に。。。

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。