2009年06月05日

モチベーション向上研修(究極版)

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

今日は、モチベーション向上研修(究極版)を受けました。

しかもたった3分の。。。研修です。
激烈に感動して言葉を失いましたし、思い出すだけで、
今、この瞬間に涙がこぼれてきそうなほどに、胸が熱くなります。

なんと、取引先のマングローブさんが、ただのMTGにも関わらず、
私が誕生日だと言うだけで、花束を買ってきてくれたのです。
花を買ってきてくれたのではなく。。。花束を・・・です。

CA390635001.jpg

私はアナタに聞きたいです。経験したことが、ありますか?

誕生日に、取引先からバラの花束を贈られたことが。。。そんな経験が。。。

そして、すべての営業マンに聞きたいです。

アナタは取引先にバラ花束を買っていこう!と思ったことがありますか?

思ったことすら、、、、無いですよね。。。普通の常識感覚では。。。

人を動かそうと思ったら、相手の予想を超えなくてはならない。
予想とは常識だ。その相手の常識を想像して、それを超えるのだ。
その為には手段を選んではならない。それができると、
人は感動して、思わず体を動かしてしまうのだ。

例えば、映画のラストシーンで若者たちが
「あのデッカイ夕日に向かって走ろう!」と、走り出すのは、
なんだか、もう自分たちの常識以上に大きな夕陽をみてしまい、
思わず心と体を震わせるからだ。。。春高生の予想を超えてやる。


私の高校時代の日記に書かれていた文章です。
こんなことばかりを必死に考えた高校時代でした。
誰かの心を動かすには、どうすればいいか???
それを考え抜かなくては、そして、それを実践できなければ、
応援団に存在価値などない・・・そう思って生きてきました。


今日。。。私はそれを思い出しました。強烈に・・・です。

頂いた花束の中の手紙には、こう書いてありました。

「就職エージェントのOFFICEで行う打ち合わせが毎週毎週楽しみです。
これからもっと盛り上げていきましょう。」
と、、、

「これからの面白い展開がもっとできそうで可能性にワクワクしています!」と、、、

「業界一インパクトのあることを一緒に頑張って行きましょう!」と。

これが社交辞令だとか、戦略だとか言う人がいても良いですよ。
それでも、それを想像できない人間には行動として出せない一筆です。
苦しみの世界では、人の心を救う一筆ですよね。


落ち着いて、いつもの23時からのブログタイムになってみても、
やってやる・・・やってやりますよ。。。そんな気持ちで一杯です。
「やれるとはいえない・・・でも、やるしかないんだ!」
そんな気持ちを口走って、飛び出していく感覚です。


人材ビジネス業界は、景気の回復の影響を最後に受ける業界です。
与謝野さんが何を言おうが、経済学者がどう判断しようが、
我々に必要なのは実績です。就活生の現場のピースサインと笑顔です。
生き残れるか。。。まだまだ勝負の<ど真ん中>です。

バラの花言葉を調べて思いました。
この4つを、常識以上に高めることでしか、
私が生き残る術はないだろうな・・・と。


CA390638.jpg

バラ,ばら(薔薇)
(赤)「愛情」「模範」「貞節」「情熱」





CA390644.jpg

あ・・・でも、私は厳しい世界だけでなく、
甘い世界のケーキも好き♪パカッと開いた時に、
4つもあったら私の常識を超え過ぎていて、失神しそうです♪
その甘さが無いと、きっと私は自分を詰め過ぎて倒れてしまうから♪


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。