2009年06月18日

初の株式会社立のLEC大が募集停止

初の株式会社立のLEC大が募集停止 定員割れで経営悪化

 株式会社立の大学として初めて設立された
LEC東京リーガルマインド大(本部・東京都千代田区)が18日、
2010年度以降の学部生の募集を停止すると発表した。
入学者が減少し、学部の累積赤字が3月末で約30億円に達するなど
経営が悪化したためで、本年度は本部のある千代田キャンパスだけで
募集していた。会計大学院については募集を継続する。

 LEC大は東京、札幌、宇都宮、横浜、大阪、神戸、広島など
全国に12キャンパスがあり、04年に構造改革特区制度の適用を受けて開校。
司法試験などの資格試験対策の予備校を経営する
株式会社「東京リーガルマインド」が設置した。

 現在は法律、会計学、都市政策などを学ぶ総合キャリア学部に459人が在籍。
募集停止後も在校生がいる間は授業を続ける。(01:07)



定員割れや経営悪化の話が遠い世界の話かと思っておりましたら、
都内。。。それも、私が学内でセミナーをやったことがある大学にも、
こんな話が出てきてしまいました。

まだ初報ですから、この後、どんな決定がされるのか?に注目ですが、
この大学に在籍している学生さんに限らず、
自分という存在から、大学という肩書きが消えたら、
いったい、自分を証明するものはなんだろうか・・・
ということは考えてみてもいいかもしれませんね。

特に、大学2年生や3年生など、いよいよこれから就活!という人は、
自分の肩書きはずし(フレームはずし)の練習をすると、
自分研究の第一歩は踏み出せるのではないかと思います。

それにしても、LEC大学・・・心配です。。。





posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。