2009年06月30日

ガツン!と、怒られること

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

最近は時期的に、大学を訪問させていただいていることが多いです。
6月7月は、4年生の就活生が就職課を利用することが多い時期ので、
何かお役に立てることが無いかと、情報交換です。
「就職エージェントほど、4年生の世界観が分かっている民間企業は、
他にありませんよ…」なんて、お褒めの言葉を頂くことも多いです。
本当に、大学就職課との世界観が近いビジネスなんでしょうね。

私の訪問目的は、その場で何かの依頼(売上)を頂くことではなく、
情報交換と、課題の共有、信頼関係の構築が目的です。

世に言う「ルート営業」ってヤツですね。

担当が私1人しかいないので、新規開拓もやりますが、
大学というのが相手である以上、クライアント数は少ないです。
売上構築が目的で無いので、行動量やシーズンも限られますしね。
勿論、ご依頼を頂いて売上があがることもありますが、
それは本当の信頼関係がないと、発生しない案件ですから、
私は、強烈に正直に、強烈に信頼関係をつくるという
ちょっと特殊な「ルート営業」と言ったところですね。

だから、、、ガツン!と、怒られることもあります。
ここ数日で、数校にお邪魔しましたが、初訪問の15分ぐらいで、
「では、この場で荷物(資料)をまとめてお帰りください。今すぐに。
 そのスタンスは、まったく評価ができません。何しに来たのです?」
と、面と向かって言われて、30分ほどお説教を頂ました。
久しぶり(ほとんどこんなことは無い)なので、びっくりしたのと、
すこし残念な気持ちになりました。

ま。。。相手に課題がなく、
(こちらが相手の課題を発見・整理できず、)
それを解決する術としての提案が無い場合、
こちらにしかメリットがない・・・時間の無駄と思われ、
「お前らとは、今後付き合わん!」
と言われることもルート営業にはあります。

色々な考え方があるので、仕方の無いことですが、
自分達が価値あることだと信じていることを理解されず、
出入り禁止だとばかりに、頭ごなしに怒鳴られるは、
悔しさすら生まれますね。

なんとか信頼関係を築こうとしますが、
自分と相手個人の関係しか築けるだけでは、
法人代表として先方に行っている以上、敗戦・・・となります。

信頼関係構築技術の修行がたりんな〜と思いつつも、
久々に登場された、昨日の強権的なボスキャラに、感謝をしました。
人は、言われないと気づけないことが多いですからね。
言ってくれる方が近くにいる、その人たちに耳を傾けられるってのは、
自分の成長に繋がりますから、ありがたく受け止めて、前進します。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。