2009年07月01日

過去最悪の有効求人倍率は、0.44倍

5月の失業率、5.2%に悪化 求人倍率も最悪更新

 厚生労働省が30日発表した5月の有効求人倍率(季節調整値)は、
前月を0.02ポイント下回る0.44倍で、
63年1月に統計を取り始めて以来、過去最低となった。


TKY2009063001.jpg

総務省が同日発表した労働力調査によると、
5月の完全失業率(同)は前月から0.2ポイント悪化し5.2%だった。

 企業の生産活動には一部で回復の兆しが出始めているが、
雇用情勢の悪化は続いており、
厚労省は判断を「さらに厳しさを増している」と下方修正した。

 有効求人倍率は、ハローワークで仕事を探す人1人に対し、
企業から何件の求人があるかを示す。このうち、
正社員の有効求人倍率は過去最低の0.24倍で、
一つの働き口を4人以上で奪い合う状態になっている。


 産業別では、製造業が前年同月比55.9%減と大きく落ち込んだ。
都道府県別の有効求人倍率(同)は、
香川県が0.71倍で最も高く、青森県が0.26倍で最も低かった。

 完全失業者数は347万人で、前年同月より77万人増えた。
増え幅は過去最大。リストラなど会社都合が前年同月比46万人増の
110万人と大きく増えた。年齢別では、働き盛りの35〜44歳が
同26万人増の77万人と目立つ。うち会社都合が19万人を占めた。



読み取って頂きたいのは、、、社会に出てしまったら、
こんな数字の中の一員(未就労者)として、
就活をしなくてはならない・・・ということです。

しかも、その時は集団面接で隣に座り敵となるのは、
私のような社会人経験者です。

今は、経験値の低い(というか社会人経験は皆無な)学生さんと、
面接で戦う就職活動ですが、卒業してしまったら、
戦う相手が私であるということです。

中途社員と闘う中で勝てるイメージが無いのなら、
今、視野を広げて、とにかく正社員になる道を探って下さい。

まだ間に合いますよ、、、視野を広くすれば!!!



posted by 就職エージェント熊沢 at 18:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。