2009年07月15日

就職委員会に属していらっしゃる先生方

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、東海大学の教授達と、
「いまどきの就職活動生について」
というテーマで、コミュニケーションをさせて頂きました。

20人ぐらいの教授達の前でお話しするのは、
さすがの私も緊張します。。。
就職委員会に属していらっしゃる先生方が大集合です。
(ほとんどの大学では、就職課とは別に、
教授の方々が就職委員会というチームを組んでいます。
その方々が就職課とは別にいろいろ考えていらっしゃるのも、
大学という組織の就職支援の一つ重要な役割です。)


我々が知っているリクルートスーツ姿とは違う普段の姿
(EX 私服でオオハシャギしているとか、
 学内を走る電気自動車に乗る順番を待つ姿とか)を、
知っているのは、学校の先生なのですよね。

CA390054.jpg

そこは、最近の学生像をより深く理解するためには、
お話を伺うことが大切だろうな・・・と、
ド緊張の中で、コミュニケーションをさせて頂きました。

結局、私の前職の選挙ネタが良いアイスブレイクになり、
終始、笑いあり、うなづきありの中で私の話を聞いて下さり、
各種の共有をとらせて頂きました。

一番、身にしみた話は、「学生さんの集団に関する意識と、
会社員の集団に対する意識に差があるであろう・・・
そして、それは乖離を続けているかもしれない。。。」
という話でした。

確かに、孤独を怖がり、他者と同一を目指し、
個として目立とうとせぬ学生さんの世界観は、
会社人としては、存在価値がないのと同意です。

結果(目的)に対して、動くことができない集団は、
何をもって集団とするのか・・・それは謎ですね。
そこに信頼関係や、困難へのモチベーションはなく、
お互いをどうやって傷つけないか・・・という判断基準で、
存在を肯定しているような気がします。

サークルと、学生団体と呼ばれる集団の差ですね。

自分の所属している集団に、目的があるかどうか?
その目的に向かって、自分が役割を果たしているかどうか?

そのあたりを大学生活の必須の思考として、
自分を見直してみると良いかもしれませんね。

CA390055001.jpg CA390056.jpg

そんな話を終わった後に、初物のサンマを突っつきながら、
ふかーく考えていました。。。教授の方々とお話をしたので、
少し学術的な???ブログになってしまいました。

たまには、そんな日もあり!ってことで。。。いつもと変わらないか?




posted by 就職エージェント熊沢 at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。