2009年07月27日

1人になる時間。

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

突然ですが社会人になると、1人になる時間が確保しにくくなります。
学生時代に比べて極端に少なくなるものの一つではないかな?
と思います。(そもそも絶対的に時間がなくなるんですけどね。。。)

正確には誰かのことを意識せず、自分だけのことを考える時間を、
「1人になる時間」と定義すると、一週間の生活の中で、
無意識に一時間確保するのは、ほとんど不可能では?と思います。

当たり前ですが、会社にいれば電話はなるし、隣に同僚はいるし、
営業中も、一人では無いですね。誰かに会いに行くわけですから。
会いに行く間の時間は、その人・その会社のことを考えています。
帰宅後や休日も、何かプライベートなことをこなすわけで、
1人になる時間確保しにくいです。疲れて寝てることが多いです。
寝ているときは自分のことを考えていないですし。
もし家に、家族がいれば、なおさら1人にはなれないです。

だから、私は1人になる時間を意識的に作ることにしています。
自分と話をする時間が、絶対に必要だと思っているからです。
まさに、社会人としての自己分析の時間ですね。


私の場合、それは家の近くの石段を上がった先にあります。

いつか聞くかな?と思って買った聞き込む気の無い音楽
(たとえば、コブクロの冬の歌の詰まったベストアルバムとか・・・)
を、格安の1980円のポータブルCDに新しい電池と一緒に入れ、
サウナスーツとイヤホンを、無敵の装備とばかりに玄関先で身につけ、
静かに石段を駆け上がることにしています。

CA390071.jpg

そこにあるのは多摩川の河川敷です。
天気がいい日は、出来るだけ「走る」ことを自分の時間としています。
視界にギリギリ捉えられるぐらいの先の橋をめがけて、
ポータブルCDの曲がとばない程度のスピードで、ゆっくり走ります。

多分、70分間ぐらいじゃないかと思います。
小中でサッカー、高校も男子校で厳しい運動部でしたので、
私は短距離より長距離好きの元気印です。1500mは4分30秒くらい、
体育のクラスではいつも3位ぐらいのスピードだったと思います。
そんな経験が、すぐに速度を上げようとしてしまうので、
今は、ローピッチを意識して、高性能音楽機材ではないヤツを相棒に、
自分が倒れそうにならないように、あえて長距離をゆっくり走ります。

CA390074.jpgCA390073.jpg

もはや、空と川しか基本的にはなくて、同じジョガーの人々も、
ほとんど風景の一部です。風に半分寝転ばされている雑草からの
「季節の匂い」に包まれた時以外は、心に入ってくるものは皆無です。
スポーツクラブに内定を持っていた私は、トレーニングジムも、
大好きなんですが、室内は人が風景にならないので辞めました。

土手の木の下を腰を落としてじっくりとしたスピードですから、
多分、腰が高い外国人がランニングで追い抜いていくときは、
熱中症希望者のようなサウナスーツがゆっくりと走っていると、
「侍?」と思われているかもしれません。別にそんなつもりは無くて、
ハイスピードだと、相棒のCD機材が止まるからなんですけどね。。。

川崎方面にガス橋。逆側に丸子橋。全長5kmぐらいでしょうか。
前に、、、前に、、、ゆっくり走りながら、自己分析を進めます。

(ガス橋からじゃ、丸子橋見えないですね。5Km・・・もっとかな?)
CA390076.jpg

どこかで諦めてないか?
どこかで甘えてないか?
どこかで迷ってないか?
辛さに逃げてはいないか?
限界点を見失ってないか?それと勝負をしているか?

日々、楽しいか?
日々、嬉しいか?
日々、気持ちいいか?
感謝を忘れてはいないか?
困っている、助けを求めている周りの声を聞く耳はあるか?


相棒が回り続け、自己分析が深いところまで入っていくと、
走り終えたときに、体だけでなく、脳みそまで良い汗をかいています。
答えを出したいわけではありません。自分と話したいだけです。

そんな時間を「1人になる時間」として、
社会人になっても、しっかり、じっくりと、確保することの大切さを、
心と体で感じた日曜でした。(ちなみに1KGぐらいはすぐ↓ですよ。)

そこが自覚できると、次は挑戦を求めてみたくなるものですね。

ゆっくりと、前に、、、前に。。。

その繰り返しだろうな・・・と改めて思います。

1人の時間の中で、<自己分析 X 前に。。。前に。。。>です。





posted by 就職エージェント熊沢 at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。