2009年08月15日

家族旅行

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

さて、ひとしきり式だとか食事会だとかを終えて、
ゆっくりと温泉に入り、部屋に戻りました。

久々の家族旅行に、時間を共有することの大切さを、
改めて認識をしました。会社という組織も、たぶん、
時々、旅行に行った方がいいと思います。

それは、利益がどーしたとかいうことではなく必要な気がします。
大笑いと汗と時間の無限な設定が、本音の共有を生む気がします。

ウチの営業チームも、よく朝まで飲んでます。
私が入籍する前日の夜も、多くの若手営業マンが中心に、
就職エージェント独身会のメンバーが朝まで付き合ってくれました。

独身会集合.jpg

平日でしたから・・・それは賛否両論や反省もありますが、
私は大切な時間だったと思っています。

そんな感じで、時々、巻き込まれて、巻き込んで頂いて?
朝まで同席すると、そこには本音が聞こえてきます。
(本音を話す前に、倒れていくメンバーも大勢いますけど・・・)

独身会歌.jpg若松死亡.jpg
西森さん死亡.jpg死亡.jpg

逆に、いつか部下と朝まで一緒にいる機会のない上司になったら、
なかなか本音を「聞く」のに苦労するだろうな・・・と思います。

本人が認識をしている本音を聞きだすのは、
そんなに難しくなくても、本人が認識をしていないレベルの
心の底にある根源的な本音は、、、
時間をかけないと本人から出てこないことがあると思います。

同時に、自分の心の声も聞こえてきます。
独身会のメンバーと明け方まで飲んだ時に、
ベンチャー企業だから、いつか別れてしまうかもしれないけど、
「この若手と、もっともっと魂が振るえるような仕事がしたいな〜。
 なんか、まだまだ満足してないなー。今のままじゃ嫌だな〜。」
と、自分の心の声が聞こえてきました。


時間だとか、常識だとか、何かを許しあわないと、
出てこない本音のところに重要な感覚ってある気がします。

いや・・・朝まで・・・でなくても、「旅行」で良いと思いますし、
上司・部下の場合、本音を聞かなくても、本音を「察すれば、」
それでOKだという考え方もある上で。。。ですよ。

お酒も豪華な食材もいらず、静かな空気と互いの会話が、
そこにあるものや、その先にあるものを描く・・・
「ボソッ」っとつぶやく瞬間に、、、ってあると思います。

私は今回の旅行で、そこを確認したかったということがあります。
そして、あらためて自分の家族達の声だけでなく、その家族に、
感謝を感じている自分自身の本音に耳を傾けることができました。

それだけでも、何かとっても暖かい気持ちになりましたし、
嬉しいとか、楽しいとか、もう一度やりたい!とか、
そんな気持ちが先頭にくることはありませんでしたが、
「覚悟」を認識することは出来たと思っています。

エジプトの話やら、メーカー営業の話やら、音楽機材の話やら、
もっと家族と話をしないといかんなー。
そこが足りてなくて、親族や御先祖様なんて、
あったもんじゃないなーと。

そんなことを思いつつ、それでも、そこに気づけた
非常に価値が高い家族旅行でした。また企画しよう。。。


posted by 就職エージェント熊沢 at 01:11| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>はっぴーWEDDING♪ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。