2009年10月23日

動け!若者よ!

こんばんは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、午前中に会社にもよらず、自宅からとある学校に直行し、
4年生のカウンセリングの予約受けて一対一でじっくり2人ほどやり、
そのまま午後に、別の学校でセミナーをやってきました。
そっちは、2コマで500人ぐらいでしょうか。

後者の学校の講義台の上からは、こんな景色です。

s-CA390151001.jpg

(筆記試験対策講座なので、参加してくれる学生さんは3年生。
 不況を前に、不安があふれているんでしょうね。
 足きり回避のため、必死に解法を勉強しています・・・。)

いや〜、昨日も同じようなスケジュールだったので、疲労がたまり、
会社にもどってMTGを一つこなし、明日の準備をして、
23時に家に帰ってきたら、一瞬リビングで意識を失いました。

危ないですね・・・風邪をひいてしまいます。それは避けねば!

ヘロヘロになってしまう理由は、いろいろありますが、
そもそも、セミナーやカウンセリングの行為をこなすということが、
大変なわけではありません。(私の場合は・・・ですよ。)

大変なのは、その行為を通じて熱を伝える部分です。
私の中では、セミナーというのは説明行為ではないと心得ています。
仕組みで出来る話ではないということです。

やるだけ・・・しゃべるだけ・・・聞くだけ・・・なら、
別に、大した話ではありません。原稿も作ってから臨みますしね。
司会やMCだったら、運営をするのが仕事になりますので、
比較的「慣れ」でどうにかなります。効率や気遣いをする「作業」です。

ただ、カウンセリングやセミナーは、仕事の質がそこではなく、
事後に、その学生さんが「動いてくれる」ことを目的にします。

セミナーでは、どなるわけではないです。叫ぶわけでもないです。
カウンセリングなど、口を開くことすら行為としては減らします。
両方とも目と空気と体言語で相手の心から何かを引き出す行為です。

声はオマケです。

その上で、「なんか熱い時間だった・・・」と思ってもらえるか、
思ってもらうだけでなく出来れば、その後の一歩につなげられるか、
『おこがましい』と思われても、そこを目指したいと思っています。

伝わらないかもしれない。

でも、伝え続ける。信じ続ける。

目には見えないものを届け続ける。


きっと、ドラボンボールで言うところの「気」とか「戦闘力」とか
聖人戦士星矢で言うところの「小宇宙」(読めます?コスモです。)
ガンダムで言うところの「プレッシャー」
ワンピースで言うところの「覇気」
NARUTOで言うところの「チャクラ」

そんなものを自分の体内で膨らましてプラスの効果として、
学生さんに渡し続ける行為ですね。うまく言語化できませんが。。。

不況という苦しい時代の中で、これらをやり続け
「動け!若者よ!」と言い続ける使命を勝手に感じて、
明日へ!未来へ!とまた進みます。次の不況世代へ何かを繋ぐために。



こんなこと・・・1人でやっていたら、倒れてしまうかもしれません。

が!

私は会社に戻って来ると、それと同じようなことをやって、
ヘロヘロになっている仲間が沢山いて馬鹿笑いしながら、
皆でPCに向かってます。苦しい時代や状況は皆一緒ですね。

この集団に身を置ける有り難さを再認識しました。

社内だけではなく、社外にも同じ地点を目指す仲間が沢山います。
同志や共感者いること・・・こんなに力強いことはないですね。

さ!

また次に会う学生さんに向かうために、今は布団に向かいます。

今日、私が出会ったすべての学生さんの未来にエールと感謝を。。。

動け!若者よ!!

(「プレッシャー」が理解できるロスジェネ世代の方へ。
  上記、ギレン風に・・・ですよ。「立て〜!」ということで。)




posted by 就職エージェント熊沢 at 00:17| Comment(1) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。