2010年01月11日

交際相手がいる新成人が過去最低率。

成人式が各所で行われていたようですね。
素晴らしい社会人になってほしいものです。

渋谷の駅でも8人ぐらの女性達が横に広がって、
ワイワイと晴れ着で「社会の迷惑」を展開してました。
それで御婆ちゃんが、通りにくそうに横に逸れてました。

思わず、後ろから晴れ着の裾ふんずけて
「その視野の狭さじゃ、内定でねーぞ!」と、
怒ろうと思いましたが、その御婆ちゃんが、
ニコニコと晴れ着を見ていたのでやめました。

いやー、年配者の方の心の深さに完敗です。

さて、この時期は新成人のアンケートが多く出ます。

マーケティングチームと言うところにいる私は、
とっても気になるのでテレビに齧りつきます。

見方によってはGDP2位の位置から、
19位の現在まで転がり落ちた右肩下がり世代が
今年の新成人とも言えますが、一方で、生まれたのはバブル絶頂期で、
(つまり、親はバブル真っ盛りで結婚した人たちが多く)
思春期を過ごしたときは、若干、景気が上向いた時だそうです。

はたして、どんな感覚で社会をみているのでしょうか。
不況が他人事に見えていないことを祈ります。

さて、WEBでも色々とアンケート調査が出ていますが、
多くは「草食系男子が多くて、どうのこうの・・・」
というアンケートの話ばかりで、つまんらなかったので、
ちょっとその先を調べてみました。

すると、恋人がいるかどうか?の調査が出てきました。

O-netが新成人800人に対してアンケートを行ったところ、
現在交際相手がいる人は27.1%(男性23.8% 女性30.5%)で、
女性は過去最低値を記録したそうです。

2010y01m12d_185147310.jpg

まー、いろいろな理由があるのでしょうが、私が思うに・・・

バーチャルばかりで、リアルな自分のことが的確に分かっていない。
自分と違う世界の人に対するコミュニケーション能力がない。
傷つくのが嫌だ。チャレンジをしない。今のままで良い。。。


このあたりが原因ではないかと思います。

あら・・・ひっくり返したら、企業が求める人物像ですね。

数値で見たら、私が渋谷で見かけた女子8人のうち、
2、3人しか恋人がいないわけですね。

ま・・・そんなもんかもしれませんね。このまま不況が続いたら、
大学院や留学に逃げた今年・来年の就職浪人たちが、
一気に就活をするのが、この新成人の人たちの就活時期で、
現役での内定率も、8人に2、3人かもしませんね。。。

いったい、この新成人が作る日本社会は、どうなることやら。

クワバラクワバラ。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月10日

坂本龍馬が富士山を見て「日本一の男になりたい!」

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

昨日と今日は、山中湖に来ています。
山中湖?と思った方・・・ここです↓ここ。

CA390215-0001.JPG

東海大学の就職合宿に関してのお仕事を頂き、
企画・設計をやらせて頂きました。
・・・と言っても学生さんの参加は50名で、
4年生が数人フォローに入ってくれますので、
1人でやったわけではありません。

企画の主催者でいらっしゃる教授の先生の過去の
教え子たち(3年生からみたら兄弟子ですね。)が集まり、
徹底的にしごく2日間の筋書きをやらせて頂いたというわけです。

兄弟子たちは、マスコミ業界やら旅行業界と言った人気業界から、
自動車や金融や通信という採用数が大きい業界まで様々で、
総勢12名の社会人が夜中まで学生さんをシゴキにシゴキます。

ま、日中は全員スーツで模擬面接特訓コースですが、
夜はOB訪問の延長戦のようなものですね。
さすがに先に寝るわけにもいかず、私も3時過ぎまで付き合いました。

ただ、2日間で3年生の学生達の顔色が変ったのを感じたので、
やりつくした感覚を抱えて、セミナーハウスを後にしました。

さすがの私も、疲れてドロドロになった感覚です。

今回の合宿で学生さんたちに一番感じてほしかったのは、
「面接は美しい状態で終わらない・・・勿論、就活も。」
ということです。どんなロジックになってしまっても、
なんとか意志をもって、ゴールに向かうことでしか、門は開きません。

もしかしたら、初めて受注する仕事とは、そんなものかもしれません。
内定というのは社会から初めて受注する信用→仕事ですからね。

きっと面接を奇麗に格好よく乗り切れると思っている学生さんは、
一生懸命にやっている大人をみたことがないのでしょう。
ドラマに出てくる誇張された美しい・スマートな社会人などおらず、
実は、どんな大企業の人でも無駄なことを必死でやっているのです。

それを先輩たちが、合宿に参加して、
「ドロドロになって後輩の面倒をみますよ。それが社会から
 託された私の仕事ならば・・・」
と背中を見せてくれるわけです。

見返りはお金ではなく・・・

社会貢献。。。先生への恩返し。。。未来に期待をしたい。。。

そんなもの・・・で、です。

ホスピタリティというものよりもっと利己的に、
ドロドロになる背中を見せてくれるわけです。

そういう感覚が時代や社会をつくっていくのだと思います。

いやー、先輩達ってのは、デカイですね。

まるで富士山のようにデカイですねー。

坂本龍馬が富士山を見て「日本一の男になりたい!」と言ったと、
司馬遼太郎さんが書いてますが、、、


お正月に先輩に社会人術を、
深夜まで稽古つけてもらえる合宿なんて、
なんて素晴しい機会なんでしょう・・・。

いつか、その先輩を乗り越えて、日本一になってください。

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | <特>旅を住処とす。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

「人件費抑制し、少数精鋭で」 企業の採用担当者向け調査

今日は、御休みをもらって健康診断に来ております。
正確に言うと、定期検査の再検査の再検査なんですけど。
 
血を沢山とられました・・・私は採血が苦手です。

昔、血の気が多かった高校時代に、学ラン姿で、
「世ののためだ!」と喜んで、大宮の献血センターや、
学内に来る献血バスに、行きまくる習慣を持ってました。
ある程度抜くと、新しい血が生まれ健康になる!
とも聞いていたので純粋な熊沢青年は心と血をたぎらせていました。

ある日、献血バスの中で白衣の天使に血を取られた後に
「顔色が悪いから、寝ていきなさい・・・」と言われ、
しばらく寝させられた挙句、「数値が酷いわ・・・」と言われました。

たしか、夏合宿かなんかが終わった翌日だったので、
心も体もひん死の状態だったのでしょう・・・。
以来、なんか血を採る白衣が信用できず・・・どーも採血は苦手です。

ただ、今日は結構元気です。御休みもらったからでしょうか。

来週は、腹部エコー検査と、数字の分析詳細報告とのこと。

楽しみです。

さて、社内に人事・採用ニュースが流れてましたので、そこに一言。


総合人材サービスのインテリジェンス(東京・千代田)は6日、
企業の人事・採用担当者を対象に実施した
2010年の採用・人材育成に関する意識調査の結果を発表した。
従業員の採用・育成に関する関心事について複数回答で尋ねたところ、
最も関心が高かったのは「より良い人材を採る方法」で57.4%、
続いて「人件費について」で49.8%となった。

同社では「不況で人件費の抑制を迫られる中、
少数精鋭での運用を目指す動きが加速しており、
より良い人材へのニーズが高まっている」と見ている。

 従業員の育成については「2010年は09年よりも強化したい」
との答えが42.5%で最も高かった。
具体的な強化法について複数回答で尋ねると「研修を強化する」
との回答が56.4%で最も多かった。

 調査は09年12月1日と2日に、企業の人事・採用担当者を対象に
インターネットを通じて実施した。有効回答数は1000人。


就職活動的に言うと、
コスト効率を深く考えて、良い人材のみを入れて、育てる!
ということでしょう。
採用サポートもヘットハンティング型になっていき、
研修商品が売れていくのですかね・・・ま、これは極論ですが。

就活生の皆さんの視点・解釈としては、
「こいつ・・・育てたいな・・・」
と人事に思わせることができるかどうか?ですね。
就活テクニックや、調子のいいことばかり言っても、
育てたくねーや。。。要領よさそうだけど、実力なさそう。。。
と思われてたら、企業の血になれないと言うことですね。

企業も新しい血を入れないと、
古い血ばかりでは動きが悪くなるのでしょうね。

でも、これだけ不況だと、新しい血も選ぶということでしょう。
古い血を抜き、より良い血をいれて、流れを生み出し、
それを出来るだけ効果的に流す・・・

人体も、組織も似たようなものなんでしょうね。

posted by 就職エージェント熊沢 at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月04日

10年春卒「就職できず」6割増 氷河期並み13万人に

今日から出社です。

出社初日から苦しいニュースが社内に回っておりました。
ま・・・予想通りとはいえ、具体的な数字になってくると、
ロストジェネレーションの私としては、背筋に冷たいものが走ります。

年末年始の新聞や経済番組をみて考えてみても、
結局、もうこの国は大学を出たからと言って、
正社員の座が確保されている・・・なんてことは無さそうですね。
構造的に若者を守れる社会になってない気がします。

頑張ったものだけが、生き残れるという社会。
ある意味、健全ですが・・・。ただ大学を出たというだけでは、
「がんばった人」とは認識されていないということでしょうか。

 2010年春に大学を卒業する予定の学生のうち、
卒業までに企業から内定を取れず就職ができない人が
前年比6割増の約13万人に達する公算が大きくなってきた。
卒業見込みの人のほぼ4人に1人の割合で、
「就職氷河期」といわれた03〜04年卒に迫る水準。

大学は卒業までの内定獲得を狙い異例の支援体制を組むが、
再び「ロストジェネレーション」(失われた世代)を生む懸念が
強まっている。 就職情報サービスのディスコ(東京・文京)が
文部科学省の学校基本調査などを基にまとめた推計によると、
10年卒は進学も就職もできずに卒業する「無業者」が
6年ぶりに10万人を超え、フリーターも過去最多の3万人程度に
のぼる見通しとなった。



ちなみに、今日、早速NHKさんが取材に来てました・・・

夕方のニュースでご覧になった方も多かったと思います、

「各段に減ってます!!!」


posted by 就職エージェント熊沢 at 10:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月01日

松陰神社のストラップ

新年があけました。

今年もよろしくお願いいたします。

さっそく初詣に近くの神社に行ってきましたが、すごい人で、、、
境内に入るまでの行列が長く、、、寒くて凍えました・・・。

でも、気持ちが新たになるものです。

初詣.jpg

あまり信心深い方ではありませんのでお守りとかは買いませんが、
ストラップは新しくしました。

去年のストラップは、コチラ!

トューリオ.jpg

ガッツで戦う田中マルクス闘利王選手に、
自分と就職活動生を重ねてつけたストラップでしたが、
浦和を去ってしまったので、もうダメですね。


今年は、こちら!

松陰.jpg

松陰神社のストラップにしました。
今年は竜馬伝もやりますし、明治維新のパワーに、
自分と就職活動生を重ねてみたいと思います。

吉田松陰。土方歳三。山田顕義。

あたりが好きですねー。

偉業を成した人よりも、
常に後輩に背中を見せられる賢人にあこがれますね。


さて、新しい時代じゃー!!!がんばろー!!



posted by 就職エージェント熊沢 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。