2010年01月28日

09年の有効求人倍率、過去最悪0・47倍

09年の有効求人倍率、過去最悪0・47倍
1月29日8時44分配信 読売新聞

 厚労省は29日、2009年の平均の有効求人倍率が0・47倍で、
統計を取り始めた1963年以降で過去最悪だったと発表した。

 総務省が同日発表した09年の平均完全失業率(速報値)も
5・1%で、2003年以来の5%台となった。

 求職者1人に何人分の求人があるかを示す有効求人倍率は、
08年秋のリーマン・ショック以降、企業が人員を削減したことなどから、
09年は7、8月に過去最悪の0・42倍を記録するなど、
年間を通じて極めて低い水準で推移した。
その結果、過去最悪だった1999年の0・48倍より悪化した。

 09年の平均失業率は、08年の4%から、
 1・1ポイント上昇した。上昇幅は過去最大だ。

 一方、09年12月の有効求人倍率(季節調整値)は0・46倍で、
11月より0・01ポイント上昇し、4か月連続で改善した。
同月の完全失業率(同)も5・1%と、0・1ポイント改善した。

 ただ、厚労省は「力強い数字ではなく、
 雇用失業情勢は依然として厳しい状況だ」としている。

 鳩山首相は29日朝、首相公邸前で記者団に、
10年度予算案の早期成立を図る考えを示したうえで、
「働きたいと思っている方々が就職できるような環境を作り上げていく」
と述べた。




鳩山さーん。

C-SQUAREに来て下さーい。みんな一生懸命ですよー。

働きたいと思ってい・・・ます・・・よ・・・??

あ、内定欲しいだけかも。。。


学生さんたち。。。は、
働きたい!!と思っている人がハローワークに100人並んで、
仕事があるのは、47個ってことがわからないかもしれませんね。

自分は大丈夫・・・と思っている人は、
本当に超大丈夫か、本当にダメか、、、どっちかです。

自分は大丈夫じゃないかも・・・と思っている人は、
努力すれば、なんとかなります。
「内定を取るために!!」ではなく、
「働くために!!活躍するために!!」ですよ。

企業に入っても、中途人材がこれだけ余ってて優秀なんですから、
数年で、すぐに入れ替えられちゃいますよ。

「内定取ったら、安心!」なんてことは、
土日が休めて、月末は飲んだくれられるサラリーマンがやれる!
なんてことは、もはや、ありえない21世紀の日本社会でございます。

「サラリーマンを、ナメンジャネーぞー!!!」
って言葉が、心に響き今日このごろでございます。




posted by 就職エージェント熊沢 at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。