2010年01月30日

何で、今期は「優」だったのか?「良」だったのか?

あまり知られてないと思いますが、
というか誰もしならいんじゃないか・・・と思いますし、
社内ですら興味も持たれてないかもしれませんが、
私、実は経産省認定の社会人基礎力運営委員会の外部委員です。
(ついでに、産業技術人材育成支援事業の外部講師ですね。)

とある大学が委託されている立派な国の教育事業ですね。

今日はその評価委員会でした。

学生に関する・・・そして講座に関する色々な意見が交わされて、
勉強になりましたねー。とくに理系の出身の方々から、
理系のプログラムに関しての考え方なんかは、新鮮でした。

PBL プログラムベースラーニング

などなど、教育のプログラム運営は、
私にはあまりなじみがなく新鮮でした。

良く考えると、PDCAを回せ!と国の指導も、
会社の基礎的な考え方も、そうなっていますが、
大学の授業って、そうなってないですね。

何で、今期は「優」だったのか?「良」だったのか?

テストが返却されもしないし。
テストが終わった瞬間に長期休暇では、復習もできないですね。
高校まではテスト返しのあとの復習が大切!
ってやってたんですけどね。それで、実力チェックもできましたしね。

大学の教育って不思議ですね。
つまり、やったら、やりっぱなし・・・なんですね。

これでは・・・授業を通じて実力が付かないわけです。

貴重な国の予算でやっているわけですから社会人基礎力講座では、
そんなことがないようにしていきたいものです。

今日はツブヤキき程度に・・・。



posted by 就職エージェント熊沢 at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。