2010年02月04日

リーダーとは何か?

昨日は、会社を早めにでて歌舞伎町で食事をしました。
メンバーは私が選挙をやっていた時の学生スタッフのツートップ
(右腕・左腕になって頂いたお二人)と、その議員さんです。

お店はこちら!京都おばんざい 茶茶白雨
完全個室のお店とは逆のオープンスペースなつくりで、
スペース自体がオシャレな作りになってました。
大学生はほとんどいませんね。大人な飲み屋さんという感じでした。

3時間ほど、いろいろな話をしました。

学生の就活の内定率の酷い話、若者たちのワーキングプアの話
大手企業のオジサン達のノンワーキングリッチの話。
自分たちのワーカーホリック的な生活の話。。。
戦友達と食事を囲むとお酒なんか飲まなくても、楽しい時間です。

s-CA390243-0001  新宿.jpg
<OB訪問本は、お陰さまで売れ行き快調です。>

先日も地元の国会議員の新年会にヒッソリと参加していました。

別に、政策がどーのこーのとか、政局がどーのこーのとか、
次の選挙は・・・とかには、あまり興味がないのですが、、、。

ただ、その町のリーダーがどんな話をするのか、
この国のリーダー達はどんな雰囲気をもっているのか?
ということを感じたいので、比較的いろんな所に顔を出します。

既得権まみれのマスコミ報道からは読み取れない「生」は大切ですよ。
言うなれば、ナビでは会社の人事の雰囲気がわからないってことです。

私がセミナー等で学生さん達の前に立ち、
未来のリーダーになれ!と、社会を引っ張る若者に!!と語る為には、
リーダーとは何か?を考え抜く必要はあると思っています。

勿論、ケースバイケースですし、一言では難しいですけどね。

昨日のメンバーとも、バカ話半分ですが、マジメな話の中で、
そんな話しをしました。超総合商社と有名な銀行にいる2人から、
いろんな話を聞きつつ、社会を眺めた時、次の世の中を考えて、
次を指し締められるリーダーとは何か?って議論ですね。

歴史をみると、明治維新や、戦後復興は、坂を駆けあがるように
次の時代をみてリーダー達が引っ張りました。坂の上の雲を目指して!
元々、この島国の人々はプロイセンを御手本に、アメリカを御手本に、
遣唐使を御手本に、昔から何かを御手本にするのは上手いようです。

しかし、NHKドラマの龍馬伝よろしく、先が見えない現代では、
過去の思想・人物に御手本を見出すべきでしょうか?
そもそも御手本を探すべきなのでしょうか?
皆が一つの坂の上を見出して走らねばいけないのでしょうか?


それを考えたとき、自己成長のために自己投資をするためには、
見識を広く時代を考え続けなければ動けない…と、
再度、当たり前のこと気づきました。そして省みました。

車ぐらい買え!なんて言いませんが、貯蓄や貯金に夢中になり、
そこから動かないこと、リスクを取らない姿勢を貫く今の若者の姿は、
きっと次の時代を作るリーダーの姿ではないと、私は思います。

混乱期にこそ、次の時代を描き、時間と努力とお金の投資をかけ、
自己成長できる人が、次の時代を作るのだと思います。

思春期に女の子にもてたければ、カッコイイ洋服に投資ぐらいしろ!
って話です。それは思春期という混乱期には、リスクもありますが、
それくらいの投資は必要ですね。間違っても学びになるからです。

さて、皆さんは、就職活動という混乱期にあって、
しっかり自分を捉え、時間と努力とお金の投資を出来ますか?


自己投資をすることを一気に始める前に、
次の時代を睨めるリーダーになる覚悟を作ってみてほしいものです。
そしてその前に、仲間達と考えてみたらどうでしょう?

リーダーとは何ですか?

そして、その答えにアナタの選んだ会社の社長は、当てはまりますか?




posted by 就職エージェント熊沢 at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 周辺の“使えるお店”情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。