2010年02月13日

inspireの逆を目指して・・・

今日は、OB訪問本の出版記念パーティーでした。

OB訪問を受け入れてくれOBや、スタッフ、寄稿文を頂いた方、
そして先行で本を購入して下さった方々にお声をかけさせて頂いて、
報告と感謝をお伝えする会でした。少人数の予定が、あれよあれよと
人数があつまり、最終的には定員の1.5倍の来場を頂きました。

お時間を割いて頂いた方が、本当にありがとうございました。

s-IMG_1559-1.jpg

スタッフもほとんど就活生だったにも関わらず、
また塾・家庭教師系のアルバイトをしているメンバーは、
本当に一番忙しいシーズンにも関わらず、
久々に半分以上が集合し、お互いに達成感を喜びあいました。
(来られなかったメンバーは改めて是非!!)

s-IMG_1834-1.jpg

会の途中でお話させて頂いたのですが、
「OB訪問は、きっと「世間知らず」からの脱却の方法。
それを経験すると世間知らずではなくなる・・・」
そのことを、目の前で確認できた一日でした。

これは「世間」の「世」の部分を知ることではなく、
(それはきっと、ネットでも出来ます。)
「世間」の「間」の部分を知ることなんだと思います。

こういうイベントをやると学生と社会人との
出欠や、それに関する当日の連絡の「いい加減さ」が、
鮮明に分かれます。これが、この「間」ということです。
信頼関係の構築としての基本事項ということですね。
スタッフはそのあたりを感じられるようになってました。

このプロジェクトのスタッフメンバー達を見ていて思ったのは、
そこの部分「間」の急成長でした。


相手と距離を作る方法
相手と関係性を構築する心構え
自分がいることで生まれてくる価値の創出


それらは名刺一枚や付け焼刃で手に入ることではなく、
多くの人に会う回数をこなすことでしか、身につきません。

それが身についたら、就活なんて恐れることはありません。
面接の練習も要りません。結果は後から付いてきます。

後はinspireの逆を目指して、自分の内側の覚悟が出てくれば、
誰かと比べられる・・・選考も、最終面接も、怖くはないでしょう。

だから、OB訪問は無敵の就活法なんですね。
(ま、OB訪問をした後が肝心で、行っただけではダメですけど…)


勿論、内定をとったからといって、働くとは何か?が、
簡単にわかるわけでもないでしょうし、世間の中で価値を作り、
お給料をもらっていくことや、社会人とは何か?が、
本当に自分の心から言語化できるわけではないと思います。

でも、その第一歩は確実に踏み出せると思います。

会場に開会前からいらして下さった方々に書きを頂いた
「社会人とは・・・」が永遠のテーマでしょうし、
そこにグッと近づくのは簡単ではないと思います。

s-IMG_1802-1.jpg

でも、そこを目指さなくては、新しい社会をつくっていくことは、
夢のまた夢になってしまいます。

若者が挑戦すべきは、新時代を作っていくこと!

内定のその先を感じるため、多くのOBに是非会ってください。
そして「世間」の価値を知ってください。

それがあなたのeripsniであるはずですから・・・!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 14:46| Comment(1) | TrackBack(0) | C-SQU人脈 内定者・OBOGが登場! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。