2010年02月21日

おれ最高!銭湯

ゆっくりとした週末を味わうためと、サッカーの筋肉痛をいやすため、
最寄り駅の逆側にある銭湯に立ち寄りました。

さすがに銭湯の中は写真が撮れなかったので残念です。
温泉と言う名が付いていていますが、もう昔ながらの全力銭湯です。

初めて暖簾をくぐらせてもらったのですが、
昼は3時から営業・・・夜の終了は10時半で、値段は450円 。
良心的ですね。最近の健康ランドがバカバカしくなる値段です。

脱衣場には有利ロッカーは無く良心的ですがドライヤーは20円です
タオルやシャンプーなどは有りません。買えますけどね。

東京独特の黒っぽい鉱泉の色のお湯と無色透明のお湯の2つ。
前者は足の裏がヒリヒリしている上に、熱くてはいれませんでしたが、
後者は3種類のボコボコが出ていて気持ち良かったですね。

だいぶゆっくりしました。ゆっくりつかりながら、思いだしたのは、
10年近く前に参加した「おれ最高!銭湯」というイベントです。

たしか、俺最高!と思って自己表現をするイベントの
第一回か第二回かに、フラっと参加したのを思い出しました。

銭湯の定休日に関係のない人たちが銭湯の中でやっていたイベントで、
近隣住民が「なんだ!なんだ・・・」と集まって地域活性になるし、
広いし歌も歌えるし、雨が降っても出来るし・・・で、
なんだか独自性のある最高のイベントだったのを思い出しました。

素人落語の小ステージがあったり、バンドの演奏があったり、
水風船やお菓子を売っていたり、美大生が絵を飾っていたり・・・と、
もうメチャクチャ楽しいイベントだった記憶があります。

ネットで調べたら、ちょっと復活してました。

最近、こういう普段の生活を離れて感受性を全開にする時間を
とっていないな・・・と、ふと我に返りました。

休日の使い方は色々ですが、その目的は体を休めることと同時に、
頭をまっさらにすること・・・なのかもしれないなと思いました。

半年間は少しコン詰めて走ってきたので、
一度、意識的に頭を切り替えていくことをやらないと、
良い頭の循環にはならないか・・・・と、銭湯の中で反省しました。

就活生の世界でも、春ごろに選考がうまく進まないと、
急にブレーキがかかってしまう人がでますよ。毎年のことです。
でも、それはゴールには近づいていません。


学校に行かなくなる2月以降は自分に休日を与えてあげるのも、
重要な就活スキルですよ。地元の街をフラフラと歩いて、
銭湯でも見つけてみたらいかがですか????


posted by 就職エージェント熊沢 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。