2010年03月01日

銀メダル・・・



銀メダル・・・でしたね。

就活生の2個下である彼女たちの緊張を考えると、
面接の前に緊張している話が戯言に聞こえてきます。

刺激と学びはまとめておいて下さい。
面接で聞かれるかもしれませんよ・・・。笑

一部、広告ビジネスの匂いに競技より個性がフォーカスされた
バンクーバー五輪報道に感じました・・・
色々な選手が自分のパフォーマンスにコメントを出す中で、
TV画面の中で、「悔しい」と表現する選手に共感した日々でした。

「国家を背負って戦う気迫がなきゃダメだよ!」
そんなコメントを出していた石原都知事に、強烈な時代遅れを感じ、
オリンピックと現代日本人を考えてみました。軽くですけど。

実際、多くの企業やその構成員が敗戦を繰り広げていると思います。
2月、3月の決算期を前に、万歳三唱が出来ている企業はなく、
トヨタ社長の姿よろしく…ボロボロです。
トヨタ方式を貫いて…大量リコールで、良いわけないですね。

国家は背負ってないにしても、会社組織や集団は背負っていますよね。
自分がかかわっている社会が負けて良いわけないと思います。

「オリンピックの感想は?」と最終面接で聞かれたら、

「勝負はメダルの数や色では関係ないにしても、
 自分らしくやりきった選手が多かったから良かった。」

「勝負はメダルの数や色では関係ないにしても、
 選手達の成長や努力の結果をまたソチでみたいですね。」


やはり、後者がグッときます。
日本経済や現代日本人に足りないところは、そこじゃないでしょうか。

「負けて、良かった」なんて言っている場合じゃないです。

就職活動でも、結果が出なかったら、悔しいと思い、
その上で自分に足りなかったものを、冷静に見つめなくては、
次へのトライはなく、悔しいと思うだけでも、実感していきましょう。

カーリングの選手たちや、上村愛子さんや、浅田真央さんから、
その「悔しさに立ち向かう」強さを学びたいですね。

【スピードスケート】「泣いても泣き足りない」橋本団長

現実を突きつけられることは、痛いですよね。
でも、その痛みの先にしか成長はないこと、そして、
その痛みの先を見つめて、覚悟を決められるのが強さだということを、
再度、認識させられた五輪だったと思います。

「自分らしく・・・」という美談だけでは何も生まれません。
全部落ちたら、院に行きますか?留年しますか?
それはアナタらしいかもしれませんが、強いものの判断ですか?


就職活動には銀メダルはありません。

0,02秒たりなくても、金にはなりませんし、
最終面接で落ちても、不合格は不合格なんです。

現実を両手で力強く受け止めて、乗り越えていきましょう。



posted by 就職エージェント熊沢 at 01:05| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。