2010年04月25日

公務員新規採用、4割以上減の大幅抑制方針

 政府は23日、各省庁の一般職国家公務員の
2011年度新規採用数を大幅に抑制する方針を固めた。

09年度採用実績(9112人)より4割以上減らす案が浮上している。

 公務員制度改革を担当する仙谷国家戦略相や
原口総務相ら関係4閣僚が同日、国会内で協議して大筋合意した。

公務員の定年前の肩たたきにあたる「早期勧奨退職」については、
各省庁などの再就職への関与がない場合に限り、
当面継続させる見通しだ。


こりゃ・・・なかなかデスネ・・・・ちょっとビビりました。
私の人事院統制に関する卒論も、ここまでは予見できませんでした。
(空想にまみれた作品にも関わらず、、、)

天下りも禁止して、採用もしないとあっては、
本当に天下国家を考えられる人しか、公務員になれないですね・・・

ん?

あ、それで良いのか・・・。






posted by 就職エージェント熊沢 at 13:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。