2010年05月08日

アイドマプレゼン

今日は朝から、大学のゼミの後輩達に呼ばれて学校に来てます。
(正確には、教授に・・・でしょうか。)

行政系のゼミなので、とある地方自治体に政策提言を行います。
年に一度の大イベントでしょうか、そのゼミ内コンペですね。

いやー、おもしろかったです。

行政系というのは、マーケティング系とも言い換えられますね。
ビジネス企画にも繋がる後輩たちの言動に、自省を感じすらしました。

後輩たちのネタを書いてしまうと、ぶっ飛ばされそうなので、
書けませんが、結局、審査員がいるような提言・提案イベントの
ポイントはネタとプレゼンでしょうね。

プレゼンに関しては、リアルの部分とツールの部分があって、
ツールに関してはパワーポイントを活用できるか?でしょうが・・・
今日の発表は、ツール部分は、かなり高得点だったと思います。

もちろん、免許皆伝としては、もっとレベルUPして欲しいですが、
パワポが使いこなせる3年生の春・・・
大学生の4年間のITリレラシー成長速度としては、良い感じです。

あとは、リアル部分に関しては、
WEBをくるっと検索してみましたら、、、
参考になりそうなのは、下記に・・・

アイドマプレゼン@

アイドマプレゼンA

と、言いたいところですが、いやいや、チームで戦うのですから、
お互いを鏡にして、他者から技や視点を盗む(共有する)ことで、
かなりのレベルUPにはなるはずです。

就職活動の自己PRも、言ってみたらプレゼンですから、
セルフブランディングをして、プレゼンテーションスキルをあげて、
ヒアリングスキルが上がれば、どんな面接でも、かなり通じますね。

もちろん、その先に雇用契約を結ぶというフェーズが出てきますが、
まずは、仲間と自身をアウトプットする能力を切磋琢磨することが、
3年生の春には、第一だと思います。

色々な機会を好機に捉えて、挑戦者になってほしいと思います。


posted by 就職エージェント熊沢 at 12:26| Comment(3) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月06日

首都圏ステイに説明会ツアー、大学が就活支援あの手この手

首都圏ステイに説明会ツアー、大学が就活支援あの手この手

これは凄い作戦ですね。

大学にしかできない作戦ですな。OB訪問の最終形態かもしれません。
すばらしい・・・かなり感動しました。愛がありますね。愛が。


長引く不況で学生の就職活動が厳しさを増す中、各大学は、
あの手この手で就活支援に乗り出している。

学生の経済的負担を減らすため、
卒業生宅でホームステイできる制度を作ったり、
企業説明会に合わせて格安のバスツアーを組んだり。
就職に失敗した卒業生を応援する動きも出始めた。

熱を帯びる就活支援の背景には、
少子化に伴い大学間の学生獲得競争が激化し、
就職させないと生き残れないという大学側の強い危機感があるようだ。

 京都外国語大(京都市)は昨年10月、
首都圏で就活する学生向けにホームステイ制度を導入した。
ホストファミリーは30〜60歳代の卒業生8家族。
大学側が謝礼金を支払い、すでに学生延べ160人が活用。
多くは1、2泊しており、「家庭の雰囲気が精神的な支えになる」
と好評だ。(後略)
posted by 就職エージェント熊沢 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

燃やせる総熱量なんか決まっている

なんで、マラソンなんてやるんでしょうね。

途中で倒れている人もいましたし、
足を引きずって顔をゆがめている人もいました。

それでもゴールを目指す姿に、なんだか「生きる」を感じました。
手を抜いてもいいし、途中で止めてもいいし、
極論、別に参加しなくても良いんですよ。参加費3000円ですし。

でも、きっと燃えるものがあるから走るんですよね。
個人個人の記録との戦いかもしれないし、
仲間との連帯感かもしれないし、ランナーズハイかもしれないし、
それが何かは、人それぞれなんでしょうが。。。

GWに、ボケーっと寝てても一日は過ぎるわけです。
でも、走る。そこにカロリー消費をするという決意をするわけです。

別に90歳で死ぬまで、ボケーっとしてても時間は過ぎますね。
でも、がんばる。何かに自分の熱量消費をかけて踏ん張って働く。。。
それが、生きるってことじゃないでしょうか。

どうせ死にます。どうせ燃やせる総熱量なんか決まっているし、
燃やせるタイミングも一生になんどあるかわからないです。

じゃ、ボケーっとして生きるのか、
それとも、「挑戦」の名の下に走るのか。。。

それは人それぞれです。

私は走りたいと思います。
走って、走って、汗かいて、体内で生み出せるだけ多くの熱を、
エネルギーを燃やしまくって生きて生きたいと思います。
エネルギーを燃やせるだけ燃やしまくって、
それで刺激を受けてくれる時代への挑戦者たちを、
応援し続けたいと思います。そうやって死んでいきたいと思います。


そんな人生がマラソンにはあるなぁ・・・と、真剣に感動しました。
沿道の人たちの声援も、本当に心に響きました。
やっぱり応援って良いんですねーされる側になることがないので、
改めて、その価値を知りました。マラソンは人生です・・・。


今後も、がむしゃらに走り抜けたいと思います。



posted by 就職エージェント熊沢 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

完走!春日部大凧マラソン!の感想・・・

ということで、マラソン当日です。

私が通った高校の駅から三つ先にある駅で降りて、会場に向かいます。
人の多さに驚きながら・・・。まるで、ダイヤの乱れた山手線のように
前の人とぶつかりながら、改札を出ます。

エントリー者8000人の名レースです。参加者を土手や街中を
走らせるだけですから、お金もかからないですし、
もはや、町おこしイベント以外の何者でもないイベントですね。

生まれて初めて、人を掻き分けながらのレースとなりました。

s-CA390309.jpg

結果は、2時間7分。目標が2時間半でしたので余裕のクリア!です。
ただ、感想としては、次は2時間切れるな・・・という感覚で、
正直、終わったあとも倒れこむこともなく、心地よいぐらいでした。

一度も歩いたり休憩したりしませんでしたが、
前半はかなりゆっくり走りましたし、半分で携帯メールしてましたし、
とにかく素人で、スタートの位置取りや給水所での動きは、
まったく手探りで段取りの悪い状態以外の何者でもない感じでした。
スタイルもサッカーのスタイルで、ジョギングシューズではないし、
携帯でのペース把握に苦戦しました。タイムは良くなるはず!です。

で、結局一番感じたのは、「生きるとは何か?」ということですね。

私の2倍どころか、80近い方もいらっしゃったのだと思います。
小学生もいました。20キロ以上のレースですよ。

多くのランナーの背中を見ながら、
「なぜ、やらされているわけでもない、この苦しい時間を、
自ら望んで味わうのか?」を考えました。

ぶっちゃけ、今回はわざと、
走りながら、その答えを考え続ける2時間を手に入れた・・・
という感覚です。日々に煽られて生きていることの息抜きですね。

それがとにかく嬉しく、楽しく、素晴らしい時間でした。。。
2時間以上、ニコニコしながら、走っていた気がします。

その素晴らしさは、、、明日書きます。

今日は疲れたので寝ます。

posted by 就職エージェント熊沢 at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

実感への渇望

明日は、ハーフマラソンを走ってきます。
人生初の長距離です。10キロ以上は走ったことがありません。

未知の世界に挑戦することへのワクワク感が抑え切れずにいました。
この年齢になると、未知の世界に挑戦できることというのは、
ほとんどありません。いや正確に言うと未知の世界への挑戦ではなく、
「経験をもとに想像が可能な世界」への挑戦しかできなくなります。

許されなくなる・・・ということです。
会社の人・モノ・金を使う場合は、当たり前にそうですし、
自分以外の誰かの集団と挑戦するときは誰かがやったことあるのです。
リスク管理がうまくなるわけですね。それはツマラナイんですけどね。

で、今回、私は「とにかく一人で挑戦する。誰かを誘わない。」を、
まず考えました。一人での判断はリスクもゲインも一人のものです。

走っているときも、走り終えたときも、手にする感覚は私のものです。

それを味わいたかったわけです。実感への渇望ですね。
今年のGWは、とにかく自己整理と、それを味わうことにしています。

未知・・・それに挑戦できること...こんな幸せなことはないです。

朝が早いので家を離れて大宮のパレスホテルで一泊。

s-idx_head.jpg

となりでやっているB級グルメの大会には目もくれず、
興奮しないように早めに寝るとします。

posted by 就職エージェント熊沢 at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月01日

バッテリー

今日はGW中ですが、ちょっと会社によって、
「え?なんでGW前に休みとって長期連休にしていたのに、
中で、会社に来るんですか?」という私服の若手社員と笑いあって、
一仕事です。ま、仕事が好きなんですね。

その上で、私の担当している仕事は、社内にメンバーがいないほうが、
はかどるというわけです。ドラッカーよろしく、組織と私って話です。

そのあと、埼玉に帰って高校の友人たちと食事です。

といっても、数人で野球部のメンツばかり。
実は、野球部で最後の結婚者が出たので、
その結婚式の出し物の打ち合わせです。

たいてい、この手の打ち合わせは何も決まらないです。
主役は呼ばず、集まったメンバーで喜びを共有して、
その主役がどんな奴だったかを、語り合って、
企画の大筋と責任者はだれなのか?を確認して終わりです。

結局、確認したいのは、その信頼関係です。

茨城のメンバーは「さすがに今日は行けなかったけど、どう?」
と電話してくるということに本質がある気がします。

最後の残ったのは、私の代のエースピッチャーと、
キャプテンのキャッチヤーです。なんか漫画のワンシーンのようで、
終電で帰らなくてはならない我が身を少し呪いました。

「俺は高崎だから北だ。熊沢はどこだ?
 あ、神奈川か・・・じゃ、また当日な。頑張れよー!」

そんな別れの一言に、応援は俺の役だぞ、とるなよ・・・と思いつつ、
マラソンのことか・・・と思い、心から感謝と共に折り返しを、

「おう、お前も痩せろよ。しぬぞ。」

必死の一喜一憂を共にした仲間が何人いるか?

人生の豊かさは、そんなことかな・・・と思います。
我々の世代は、高度経済成長時代でも、バブル時代でもないので、
物や金に幸せを感じにくいです。その分、焦点をあてられる幸せを、
確認して味わっていきたいものです。






posted by 就職エージェント熊沢 at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。