2010年05月05日

燃やせる総熱量なんか決まっている

なんで、マラソンなんてやるんでしょうね。

途中で倒れている人もいましたし、
足を引きずって顔をゆがめている人もいました。

それでもゴールを目指す姿に、なんだか「生きる」を感じました。
手を抜いてもいいし、途中で止めてもいいし、
極論、別に参加しなくても良いんですよ。参加費3000円ですし。

でも、きっと燃えるものがあるから走るんですよね。
個人個人の記録との戦いかもしれないし、
仲間との連帯感かもしれないし、ランナーズハイかもしれないし、
それが何かは、人それぞれなんでしょうが。。。

GWに、ボケーっと寝てても一日は過ぎるわけです。
でも、走る。そこにカロリー消費をするという決意をするわけです。

別に90歳で死ぬまで、ボケーっとしてても時間は過ぎますね。
でも、がんばる。何かに自分の熱量消費をかけて踏ん張って働く。。。
それが、生きるってことじゃないでしょうか。

どうせ死にます。どうせ燃やせる総熱量なんか決まっているし、
燃やせるタイミングも一生になんどあるかわからないです。

じゃ、ボケーっとして生きるのか、
それとも、「挑戦」の名の下に走るのか。。。

それは人それぞれです。

私は走りたいと思います。
走って、走って、汗かいて、体内で生み出せるだけ多くの熱を、
エネルギーを燃やしまくって生きて生きたいと思います。
エネルギーを燃やせるだけ燃やしまくって、
それで刺激を受けてくれる時代への挑戦者たちを、
応援し続けたいと思います。そうやって死んでいきたいと思います。


そんな人生がマラソンにはあるなぁ・・・と、真剣に感動しました。
沿道の人たちの声援も、本当に心に響きました。
やっぱり応援って良いんですねーされる側になることがないので、
改めて、その価値を知りました。マラソンは人生です・・・。


今後も、がむしゃらに走り抜けたいと思います。





posted by 就職エージェント熊沢 at 01:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。