2010年05月16日

自分を取り戻す戦い

さて、GWにハーフマラソンに参加したのが昨日のようで、
まだ思い出になっていない状態にも関わらず、今日は駅伝です。

調布市は、味の素スタジアムに集合して、
「もう夏ですか?」と思うような五月の暑い日差しの中で、
20KMを、今回は4人のチームで走ってきました。

今回も大入りの会場で、集まりに集まった約3500チーム。
つまり、4人組ですから、1万4千人を下らないわけです。
早朝の1KMの戦いに名乗りを上げていた子供たちを入れたら、
いったい何人になったのでしょう。オソルベシ!ジョギンブブーム!

s-P1020134.jpg

感想としては・・・ハーフマラソンより、倍はキツかったです。

10時スタートのハーフマラソンと、
11時半スタートで、アンカーの私がスタートしたのが、
12時45分だったという時間による日差しの差もあるでしょうが、
重かったのは、文字通りの襷ですね。

仲間が必死につないで来た襷が心に圧し掛かって、
手を抜けない・・・というわけですね。

20人ほど声をかけた大学つながりの同期生や先輩や後輩の中から、
「よっしゃ!その話、乗ったるで!」という4人の勇者が結集でした。

サッカーや陸上で、若かりし頃に鍛えた腕(足)前?も、
もはや錆だらけ・・・かもしれませんが、ハートは錆びないものです。
いや、錆びて、折れてなるものか・・・と思うわけです。襷マジック。

練習時に5KM25分のタイムだったのが、
本番は、22分代を続々と出すペース・・・。
4人で、一時間半強でゴールしました。
GWに、私が一人でハーフやったときは、2時間7分ですから、
強烈に早いペースでした。すっかり足が言うことを聞きません。

ただ。。。そんなこんなで終わった後のビールと笑顔は最高ですね。
実は、私以外は初対面だったにも関わらず、
「あー。あの人、知りあいなの?」と話がはずむはずむ・・・
一気に仲が良くなりました。
メンタルで苦労を共有すると、コミュニティは一気に強くなりますね。

s-P1020140.jpg
(お話を頂いた某大学への宣戦布告とかねて、こんなTシャツで
 走ったので、見知らぬ人からの大学名での声援が相次ぐこと…)


終わってみて、一番の若手である通商「ダル」曰く。。。

むー、自分の可能性を感じましたね。
 まだ行けるんじゃないかな・・・秋はハーフに出ようかな・・・


大学時代から、体を動かすのが、部活ではなく、サークルになり、
30前後になったとしても、汗をかくのが好きだから、
日々、フットサルやサーフィンなどで体は動かしているものの、
それは楽しいからで、自分のメンタル面と向き合っているわけでは、
ないですね。それが大人たちの体を動かすということですね。

駅伝やマラソンなんて、客観的にみたら、ただのカケッコ大会です。
ただ、それは大人たちにとっては自分を取り戻す戦いなわけです。

ブレーキをかけることは簡単だし、
普段は、気づかぬうちにブレーキをかけているわけですから、
それを打ち破る機会は、自らの手で創造していかないといけません。

就活生も同じですよね。心のブレーキ外して行きましょう!

自己分析ランナーズの熱い戦いは、今後も続きます!



posted by 就職エージェント熊沢 at 12:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。