2010年05月23日

コガンジー

突然ですが実は、大学時代の友人が、今、インドにいます。

友人の名は通称:コガンジー。 http://twitter.com/tkoga

s-P1020129.jpg

(上は、一週間前の早朝に、渋谷の駅で撮った写真ですが、仲間に
 見送られ?拉致られ?成田空港から、飛び立って行きました。
 行き先は、ぼくら仲間が勝手に決めました。ここへ行け!と。
 コガンジーは崇高なので、車内の奥後・部座席にいて
 写真には映っていません。ヒキツリ過ぎで映せませんでした。)

コガンジーは大学時代に、
起業家サークル20⇒21という学生団体をやっていて、
当時の私は会社経営にまったく興味がなく、
「起業が先か?自分のやるべきことを見つけるのが先か?」と、
コガンジーに議論をふっかけたのを覚えています。

ちなみに私、2年生終了時には100単位以上もっていたので、
3年生から自分の大学にあまりいかなくなって、
総武線で、となりの駅の大学にいってました。週に何度かは・・・。
必ず出ていた授業もありました。(もう時効だろ。。。)

「法学部の管理行政学科の熊沢です!」と質問したら、
「そんな学科は、ウチの大学にはないぞ!」と言われ笑われました。
そんな授業の後に、コガンジーには出会った気がします。
なつかしい思い出です。もう10数年前の話なんですね・・・。

そんな彼は、卒業後も何社か会社の経営をやり、
卒業して10年!最近まで役員をやっていた会社を退いて、
「ちょっくら自分を見つめにインドに・・・」というわけです。

コガンジー曰く
世界がゆがみ、啼いているように思うのです。
ギリシャの暴動と欧の金融不安、日米の同時株安、円の独歩高。
朝鮮半島の軍事的緊張の高まり。タイの政治的混乱と暴動。
中東、中央アジア諸国のテロの多発。アイスランドの火山噴火。
今年頻発する大地震。僕たちは今何をすればいいのだろう。


就活中にも、ひたすら考えることだと思いますが、
そんなことは、一生考え続けることなのです。
コガンジーですら、考え続けていることなのです

就活中に答えなんか見えるわけがなく、
小さな島国で、20歳そこそこで、初の雇用契約を獲得するために、
人生を悩んだからと言って、悟りを開けるわけでもない。

なやんでいるということ・・・それは健康的なことです。
それをしながら、足を前に出し続けることが、健康的なことです。

立ち止まっても、何も見えて来はしませんよ。

きっと、死んだら灰になるだけです。

死ぬまで、前進し続けましょう。

進み続けること。。。これが内定までの最短ルートです。

悩んでいるだけでも、止まってしまっても、
決してゴールは見えてきません。前へ、前へ!で、行きましょう。




posted by 就職エージェント熊沢 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。