2010年05月31日

6000人退社のリクルート、3度目の正念場


む・・・人材ビジネスの巨頭がグラグラ来ております。

6000人退社のリクルート、3度目の正念場(ビジネスリーダー)


 未公開株譲渡事件、ダイエー傘下入り、そして――。
今春、創業から50年の節目を迎えたリクルートが
3度目の正念場を迎えている。業績が急速に悪化、
この1年で6000人が退社するという異常事態に直面する。
リクルートに何が起こっているのか。

従業員の4分の1が退社

 「利益を確保するために人を切る。“普通の会社”になった
リクルートに未練はなかった」

リクルートのグループ会社を昨年退職したOBはこう打ち明けた。



たとえば、

自民だ民主だの与党が人気なくなっている日本政治に近いです。
自動車業界でいうところのトヨタが工場を動かさない感じです。
IT業界でいうところのyahooのWEBを皆がみなくなった状態です。

あら???比喩じゃなく現実のニュースですね。。。

どこも、同じようなもんだというわけです。



posted by 就職エージェント熊沢 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。