2008年07月24日

春日部高校 決勝!! ならず・・・

「お前、梅宮たつお???」と、
課長から突っ込まれるほどに、日焼けして帰ってまいりました。

就職エージェントの熊沢です。

初のベスト4!甲子園が手の届く距離にあった昨日は、
本当に、会社を休んで球場に向かいました。
お休み届を出しつつ、夕方は大学に行ってセミナーしてましたが。。。

行動予定.gif

で、結局、春日部高校野球部は、今年の夏はベスト4で終了でした。
最後になった昨日は、2対7敗戦でした。良く打ったチームでした。
昨日も2桁安打(5試合連続2桁安打。)で、相手のヒットとほぼ同数
攻撃的な春高野球でしたが、点になりませんでした。野球は難しいですね。

進学校が、受験勉強の最中の3年生中心でチームを作り、
サッカーの経験しかないという野球部の新監督と共に、
80年以上の応援指導部ですら見たことのないベスト4の成績。。。
良く戦ったと思います。楽しませてもらいました。
父兄の方々、OB諸兄、現役の野球部・応援指導部・吹奏楽部、
さらに、現役の全春高生に、心から感謝を申し上げたいと思います。


準決勝.gif
(客席の一番端に置く太鼓からでは、メインが見えないほどの大観衆。
超満員の春高スタンドですが全校応援ではなく、自由参加でこの状態。)

4試合スタンドで叫び声を上げさせて頂いた今年の夏野球で、
私が個人的に確認できたものが、いくつかあります。

それは、自分の人生の大部分をしめるものと改めて認識をしました。

@自分の誇りを信じぬく心

私は母校の勝利と繁栄を、無条件で信じ抜く心を持っています。反面、
最近、「何かをが我武者羅に信じ抜くこと!」をしてない自分がいました。
仮説と検証をするのが社会人(企画チーム)の基本とはいえ、
何かを生み出し、創りだすベンチャー企業の魂は、
自分達のやっていることを、まず自分達が信じ抜くことだと思います。

Aそれを共有できる仲間

私の部活の先輩や後輩は、遠方からスタンドに飛んで来てました。
岐阜から、福岡から、なんてのはザラで、
「予定変更して、フランスから来たんだけど?何か?」という、
2歳上の先輩(リーダー長)には、一生勝てないかもと、、、思いました。
応援指導部や野球部に所属をしていなかった同期のメンバーも、
続々とスタンドに詰めかけて毎試合毎試合、盛り上がりました。

そんな同期(元・相撲部部長)こんなメールをもらいました。

>勝敗がほぼ決していた9回に、応援指導部が学生注目で言っていた
>「我々は野球を応援しに来てるのではない、
> 闘う春高生を応援に来てるんだ!」
> という言葉に涙が出そうになったよ。


このレベルの感覚を共有できる仲間達は、かけがえのない私の宝物です。


B新しい全力笑顔との出会い

10年ぶりに出会う名前も知らない野球部の一歳下の後輩に、
「あ!熊沢さん!どうも!」と声をかけて貰ったり、
応援指導部の後輩に、新しい家族を紹介して貰ったり、
一つ一つの新しい笑顔との出会いをくれるこのコミュニティが、
新しい発見と繋がりを与えてくれます。

偶然に、球場〜大宮駅の道に「古着屋」が新オープンしていて、
春高Tシャツが入口にかかっていたので、思わず入ったら、
「え?同期?」と、高校時代の同期生の経営している店でした。
アメリカ古着のセレクトショップで、ナカナカ良い感じでした。

古着店『train in vain』さいたま市大宮区大門町3−195美幸ビル1F
CA390310.gif
(伊藤ちゃん!今度、皆で買いに行きます!安くして!)



そして最後に、これらは周囲の人達や自分スタイルに、
支えられているのだと、それに対して、
もっともっと努力をしなくてはいけないと思いました。
それらを維持するのは、並大抵のことではないし、
油断してた瞬間に崩れて行くものであろうからこそ、
大切にして生きて行きたいと思い直しました。


何が大切で生きていくのか…なんてことは、
具体的でなくて良いのだともいますが、自分の言葉で、
言語化はしておきたいですね。
人生の岐路で常に意識することだからです。

就活もその岐路の一つに間違いないです。

その言語化が少しだけ得意だから、
私はこの仕事をしているのかもしれないです。

個人的には、仕事なんて、なんでも良いと思っています。
自分の得意なものを、社会に価値として評価されるように、
改良して努力して形にしていけば、きっと食べては行けます。

でも、自分の人生で何が大切か?は、
何でもいい・・・というわけにはいかないと思います。

もし何かがあるなら、ちっぽけなことでも、
それを誇りに思って生きて行きましょう。

※春日部高校が甲子園で校歌を歌うときは、
 絶対に会社を休んで、涙を流して、一番でかい声で歌います。
 110周年近くの学校で、最高記録のベスト4でしたから、
 今後、いつチャンスが来るか分かりませんが、この夏を大事に、
 まず、信じ抜くことから始めます。絶対に行くぞ!甲子園!


posted by 就職エージェント熊沢 at 15:47| Comment(2) | TrackBack(1) | <特>埼玉県立春日部高校応援指導部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野球部OB 29回卒杉本です。
共に闘うことができたことに御礼申し上げます。

>「我々は野球を応援しに来てるのではない、
> 闘う春高生を応援に来てるんだ!」
このメッセージには感動いたしました。

肉声だけで、県営大宮を震わすような応援ができるのは、春高だけです。
校歌の前の「スラーイ」には心が震えます。
絶対に甲子園に行きましょう!
Posted by 29回卒 杉本 at 2008年07月25日 23:22
私(熊沢)が48回卒ですから、
ほぼ20歳上の方からのコメント・・・
心底まで痛み入ります。感謝申し上げます。

今、私は10歳下の学生に社会人として
話をする仕事をしておりますが、
時代を超えて支える仕事だと思っています。
春高風には「時世を創る仕事」でしょうか。
胸を張って生きて行きます!
ありがとうございました。
Posted by 杉本先輩へ at 2008年07月28日 16:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

我が母校の甲子園出場の夢、ここで絶える…。
Excerpt: 夏の高校野球{/baseball/}北埼玉大会も、ベスト4が出そろい、今日から決勝戦進出を賭けた準決勝に突入{/atten/}。 2回戦からの登場の母校・春日部高校は、12日の試合では児玉白楊高校を..
Weblog: Danchoのお気楽Diary
Tracked: 2008-07-26 21:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。