2008年12月09日

セミナータイトル:「就活基本講座」

こんばんは。

就職エージェントの熊沢です。

今日は、私のセミナーでした。
私のセミナーだと、、、写真を撮ってくれる人がいないので、
セミナーの様子が出せないのがショックです。。。

セミナータイトル:「就活基本講座」

このタイトルでやるのは、次回が最後ですから、
気になる方は是非、予約を!


愛知から2人も学生さんが来てくれて、
セミナー後に質問を受けて話をし始めたら、
非常に気合いが入っていたのが印象的でした。

トヨタ王国は景気を直撃でうけているでしょうから、
危機感も首都圏の大学生より、強いのかもしれませんね。
「新幹線で、一万・・・円です!」って笑ってましたから、
セミナーから、各種、手に入れてやるぞ!欲求は強いでしょうね。

写真がないので、最近の就職活動・採用関係ニュースでも。。。

まず、今日、こんなニュースが流れておりました。


“就職氷河期”の再来現実味 
  大卒採用減の企業15%に大幅増 22年
           12月9日18時58分配信


 リクルートの人材・組織に関する研究部門のワークス研究所は9日、
平成22年卒業見込みの大学生・大学院生の採用に関する調査結果を発表した。

 それによると、21年と比べて採用を「減らす」とした企業が
15・7%となり前年調査の6・8%に比べ大幅に増えた。
一方「増やす」とした企業は8・3%で前年調査の18・0%から
大きく減った。金融危機の深刻化が企業業績を悪化させており、
新卒採用を絞り込む動きが強まっている。

 採用を減らすのは不動産、機械メーカー、金融機関で目立った。

 ワークス研究所の徳永英子研究員は
「すでに来春採用予定の学生の内定取り消しが現実となっている」
と“就職氷河期”再来を懸念する。

 調査は従業員5人以上の全国約7260社を対象に実施し、
3118社から回答を得た。



はい、、、就職氷河期が再来・・・って奴ですね。

もう止まるところを知らないでしょう。
企業は、採用経費を削減しますので、
合同説明会やナビに出る情報量は少なくなるでしょう。

掲載社数が増えるとか、減るとか、
合同説明会への出展企業が増えるとか、減るとか、
そんなことじゃないですよ。直撃はオプション利用料金でしょう。

皆さんに送られるメールって、一通60円するんです。

は?と思った人は、上記のセミナーに来てください。


ずーーーーーーーーっと、
話をすっ飛ばして書くと、これからの就職活動生に必要なのは、
自らの足で動くこと!です。しかも情報を取りに動くことです。
ぼけっとしてたら、情報は降りてきませんよ。
理由は、企業が皆さんに情報を送るのは無料じゃないからです。
そして、お金がかかる以上、その情報の流れには景気が関係するからです。

昨年のエントリー数の平均が45社なら、
今年は倍はやってください。倍です。倍!なんなら100です。

あとは。。。大学のキャリアセンターの賢い利用法でしょうね


その辺りをコントロールできないと・・・飲み込まれちゃいますぜ。

では!新宿で!!!!










posted by 就職エージェント熊沢 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。