2009年01月09日

む・す・め・ふ・さ・ほ・せ

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

昨日、新宿駅構内で百人一首の催しものをみかけました。

百人一首.gif

む・す・め・ふ・さ・ほ・せ

って、わかります? 一枚札の上の句の頭文字です。
全部を聞かなくても下の句がわかる札のことですね。

下記の写真のように、一瞬で体が反応し取る札です。
このシーンも観客に混ざって、思わず、
「おお!」ちっ(怒った顔)と声を出してしまいました。あせあせ(飛び散る汗)

村雨の・・・.gif 霧立ちのぼる・・・.gif

私・・・百人一首は、ちょっとウルサイです。

昔、母の実家で百人一首大会がお正月にはあったので、
我が家の長男である私は親戚・従兄弟に負けないように、
秋口から必死に兄弟で競って覚えたものです。80首ぐらい暗記したかな。

長男の私を幼稚園時代から問題集に漬け込んで、
小学校受験させて、10倍の難関小学校に合格させる!
そんなセンスがある我が母親(熊沢光子)は教養の英才教育者で、
秋頃から我が家のトイレは短歌だらけになってました・・・がく〜(落胆した顔)

ちなみに、高校時代にグレた(嘘。部活にはまってた)私は、
授業は全部寝て、(部活の顧問の授業は起きてた。古文・漢文)
偏差値30台を、かっ飛ばしましたが・・・もうやだ〜(悲しい顔)
(小さい頃は神童と言われた、、、ハズ!です。)

東京は今日は初雪を観測。雪

今は都心では降ってませんが、早朝の六本木や、
ちょっとした郊外「青梅線」付近(私の席の隣の野崎君の家)では、
結構、朝から降っていたと。。。

皆さん、風邪などひかぬように、滑って転ばないように、
お気を付け下さいませ。


※せっかくなので昨日の続きで一句。

君がため春の野に出て若菜摘む 
   わが衣手に雪は振りつつ・・・

(光孝天皇(こうこうてんのう)(830〜887) 第58代天皇)

昔の人は、愛する人のことを考えて、
この時期は若菜を愛でていたんでしょうね。。。風流ですね〜

この札と取り間違えてしまうのがこちら、要注意です!


秋の田のかりほの庵の苫をあらみ
   わが衣手に露にぬれつつ・・・

(天智天皇(てんじてんのう)(626〜671)
第38代天皇 = 中大兄皇子(なかのおおえのおうじ) 大化の改新)




posted by 就職エージェント熊沢 at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏の海 天下無敵の汗っかき わが衣手は 肌に張り付く

10年程前、就職氷河期という時期を心臓に生えていた毛のおかげで何とか乗り切って以来、氷河を乗り切るのは毛深いもっといえば欲深いヤツだと信じてます。
Posted by ぺどろ at 2009年01月10日 20:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。