2009年04月17日

飛び込み営業

こんにちは。
就職エージェントの熊沢です。

今日から、当社の新入社員が飛び込み営業を開始しました。
普段の当社の営業戦略に「飛び込み営業」は無いですが、
営業戦術として「飛び込み」が出来ない営業マンは、
コミュニケーション能力としても、ハートとしても、
なんとも情けないので、研修の一環として実施です。

いきなり求人依頼の案件なんか、まぁ取れないでしょうけど、
人生修業だと思って頑張ってほしいものです。

私はこの飛び込み営業が大好きです。

いや・・・三度の飯より・・・ってわけじゃないですよ。爆弾
ビル高層ビルの一番上から階段で右斜め下降り続けるスタイルは、
体力的には楽じゃないですし、効率が良いとも思わないですから。
でも、TPOを考えたら効果的だと思います。だから、大好きです。わーい(嬉しい顔)

やっぱり、「会える」ということの価値は抜群に高いですし、
雨雨の日も晴れの日晴れも、孤独に耐えながらビル街を歩き続ける行為は、
ジャングルの中を秘宝を目指している感じで冒険心が奮い立ちます。ちっ(怒った顔)
今でも、時々、当社のビルの階段を使いたくなるのは、
この気持ちを味わえる麻薬・・・天下一品ラーメンの味みたいなもんです。


私が新入社員時代は入社数か月は、ズッ〜と飛び込みだった気がします。
名刺のコピー(白黒で厚紙にコピーして、カッターで切って使う)と、
エリアを蛍光ペンで塗られた白地図を手に、ひたすらダッシュ!でした。モバQ

「新入社員なんで、まだコピーの名刺でスミマセン・・・」と、
頭を下げながら、次々とビルを渡り、西新宿担当時は筋肉痛にもなりました。
『40枚(30枚かな?)もらえなかったら帰ってくるんやない!』と、
言われて朝から晩まで飛びこみました。三日月夜の9時ぐらいに飛び込んだ会社で、
「君・・・なにしてんのこんな時間まで・・・あせあせ(飛び散る汗) 新入社員? 笑わーい(嬉しい顔)
 明日またおいで、今日は、もう僕しかいないよ・・・」
と言われて交換してもらった<副社長>と書いてある名刺を、
感動とともに、飯田橋で握りしめたのを今でも覚えています。ぴかぴか(新しい)

その後、その<副社長>さんは各部署の責任者を片っぱしから紹介してくれて、
私の新入社員時代の初契約は、その会社からでした。。。


電話営業では、こんなことは絶対にありえませんからね。

政治家秘書時代も、支援者周りを何千件もやりましたし、ダッシュ(走り出すさま)
今でも大学訪問をして隣が違う大学だったら、すぐに飛びこみます。演劇
その神経は私の新入社員時代に鍛えられた基礎能力だと思っています。

平日は必ず、自分の会社のことを話す(プレゼンする)ための資料と名刺が、
カバンの中に数部ほど入っているのは、当時からのトラウマ・・・というか、
三つ子の魂。。。百までも・・・という習性ですね。がく〜(落胆した顔) たまに休日でも・・・。

別に、特殊能力じゃないですよ。イチローの3086本の道のりと一緒ですし、
世の中の営業マンが、ごく当たり前に持っている能力だと思います。
断られても、怒られても、すぐに作り出せる営業スマイルは、営業基礎力です。
面接に10社落ちた程度で凹こむ就活生には想像もつかない無限の力ですね。

つぶされて、傷ついて、馬鹿にされて、蹴飛ばされて、罵倒されて、
その先に手に入れられる「契約」だからこそ、生まれる感謝がある!
ってのは言いすぎでしょうけど、一理あると思うわけです。

世の中のすべての新入社員にエールを送ります。パンチ

「あと一件、もう一件だけ行ってみな。『はじめまして』を恐れずにexclamation×2

世の中のすべての就活生にエールを送ります。パンチ

「あと一社、もう一社だけエントリー!お祈りメールを恐れずにexclamation×2



posted by 就職エージェント熊沢 at 16:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。