2009年04月22日

大卒採用、10年春は19%減

大卒採用、10年春は19%減 日経最終集計


 日本経済新聞社が20日まとめた採用計画調査(最終集計、2726社回答)で、
2010年春の大卒採用計画数は09年春の実績に比べて19.6%減った。

減少幅は石油危機後の1976年(41.6%)以来34年ぶりの大きさ。
ただ内需関連企業の一部の採用計画数は底堅かった。
(詳細は21日付の日経産業新聞に掲載)

 採用数が前年比でマイナスに転じるのは、
IT(情報技術)バブル崩壊後の03年以来7年ぶり。採用数の合計は8万2500人で、
景気が拡大し始めた05年(8万600人)の水準まで落ち込んだ。



ま・・・計画ですから、
もっとずっと減るかもしれないし、逆に増えるかもしれないし。。。です。

ただし、このまま減り続けたら、夏採用だの秋採用だのという考え方は、
無くなってしまうと思った方がいいかもしれませんね。。。

そもそも、○○ナビさんが値下げをする時(例えば秋・・・)に、
その会社の営業マンが一斉に動き、企業の情報が沢山載るので、
あたかも、その時期に特別の採用枠が出たり、
採用数が多くなるように見えたりしますが、
実際に、「その時期だから採用活動を多めにやろう!」とか、
そんなことを考えているわけではなく、企業は出来るだけ早く、
10月1日の内定式に確実に並んでくれる学生を採用したいわけです。

つまり、企業は早く内定を出したい。。。と思っているわけです。
こんな不安定な時代には、採用という業務を終わらせたいわけです。

学生の皆さんがもし、早く内定を取りたい!と思うなら、
利害は一致しますが、ちょっと休もうかな・・・なんて思ったら、
(立ち止まったら、)内定なんか絶対に出ないですよ。

また夏にやろう〜とか、
秋口には内定でるだろ・・・


と思わず、自分の至らない事実はまっすぐに認め、
困難から逃げない若者であって下さい。

結局、進み続けるのが、一番の近道です。

「今」やらなければ、、、永久にせん。

ですよ。




 BY 一空堂さん作品 ↓買いたい人は↓

今.jpg






posted by 就職エージェント熊沢 at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。