2009年06月09日

10年春の大卒採用、都道府県は18%増

10年春の大卒採用、都道府県は18%増 
団塊退職を補充、日経調べ



 都道府県の2010年春の大卒採用計画数は、
09年春の実績に比べて18%増える。
団塊世代の定年退職者の補充に加え、
地域の雇用対策として採用を増やす動きが広がっている。
景気の冷え込みで民間企業が大幅に採用を絞り込む中、
就職難の学生にとっては一助となりそうだ。

 日本経済新聞社が各都道府県に取材し、まとめた。
事務、技術系合わせた採用数の合計は4694人で、
今春に比べて719人増える。
企業の事務系総合職に当たる「行政職」の採用計画数は
19%増の2167人。(07:00)



公務員の世界の話ですよ・・・

ま・・・倍率は悲劇的なことになりそうですけどね・・・。

公務員の世界の採用事情の現実は、
また詳しいことを調べてレポートします。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースに一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。