2009年06月19日

女子大って何だろう・・・

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、小田急線のとある女子大にお邪魔しておりました。

初めて女子大というものに足を踏み入れたのは、
10年以上前の大学の時の新入生歓迎のチラシ撒きでしょうか、
以来、女子大って何だろう・・・と思っておりますが、
相変わらず理解に苦しみます。独特の文化と空気ですね。。。

CA390613.jpg 文理.jpg

左が女子大。。。一口サイズの食材が並びます。600円ぐらい。
右は総合大学・・・ガッツリ!!な感じです。450円ぐらい。


さすがに女子大生だけのセミナーは、
その私服の鮮やかさに緊張しましたが、最近は、もうなれました。。。
ただ、今回は短大の一年生が中心でしたので、
高校卒業後、3ヶ月・・・ちょっと異文化コミュニケーションでした。

CA390619.jpg

キャリアプランニングのお話依頼でしたので、
有効求人倍率や、5月の内定率の具体的な話をして、
ちょっと危機感と緊張感を作らせていただいたあと、
「絶対的に、1人ぼっちで考えず、誰かにだけ相談するのもせず、
色々な情報源や色々な人々を味方につけて、未来を考えましょう」

という話をさせて頂きましたが。。。

興味の中心がオシャレと授業終了時間か…という印象を自己否定し、
私に興味を向けてくれるべく必死に自己紹介をし、少し場を暖めた後、
コミュニケーションが出来そうな、笑顔が2・3個みえはじめたので、
彼女達を信じて、心を鬼にして本題に突入しました。

正社員の有効求人倍率が、現状で0.27ですよ〜という話
(卒業してフリーターになってから、正社員になろうと思っても、
100人中、27人しかなれないんだよ・・・という話)
です。
予想通り、急に、場がシーンとなってしまいました。

ま・・・楽しく、優しく、、、が依頼ではなかったので、
半分、憎まれ役で、仕方ありませんが、女子大生に
「未来が辛い話」をするのは、なんだかモテモテ状態の真逆で、
こっちまで、心が痛くなりました。

もっと若者が未来に夢を描ける世の中にならんものか・・・

と、改めて感じました。

伝えられる趣旨は、
「誰かと相談しながら、味方を増やして危機に向かう準備を・・・」
ということだけなことに、自分の非力を感ぜざるを得ませんでした。

深夜テレビで、女子大生が若手芸人と、
ウキウキルンルンな番組を、展開していますが、
まったく共感できませんね。現場にあんなムードはありませんよ。。。

半分下を向き、苦しい現状と必死に戦う女子大生が、
いかに世の中に多いか。。。今年はそんな状態です。
大学を出て、女子大ってなんだろう…何度も、問い直しました。

その一方で、私がその大学の帰りに立ちよった土間土間で、
一生懸命働く、すごく接客力と動きのよい女子大の4年生が、
「卒業したら、父の店を手伝うんです!接客のプロとして!」
と、元気に答えてくれたのが、力強くて印象的でした。

純粋に、真っ直ぐに、
未来を見詰めて汗をかく大学生像を久々にみて感動すら覚えました。

帰りの会計もやってくれたので、どこの大学か聞いたら、
私がセミナーをした大学の学生さんだということで、
なんだか、親近感と安心感を同時に沢山頂きました。
時代の流れに、すれていない、純真な力強さを感じました。

まだまだ女子大生も捨てたモンじゃない!!と、元気を貰いました。

こんな時代だからこそ、もう一度、夢という言葉を、
堂々と未来に掲げて、進んで欲しいと思うのみです。

我々社会人も、、、負けられませんな・・・。がんばりましょー!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー延長戦 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。