2009年06月22日

営業職は嫌だ!!

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は、ロープレ大会「とやら」が行われました。

私はやったことがありませんので、外野程度の存在で参加しました。
内容は、どうやら、新人の営業マンが必死に練習をした営業行為を、
先輩相手に実践練習をするのを、社員全員に披露する!
ということのようです。面白そうなので、覗いてみることにしました。

私も以前は今の会社で営業もやってましたし、
新入社員時代は全力で営業マンでしたので、心境はわかります。
営業メンバー以外も何名か、私と同じ外野に座っておりましたが…
営業職経験者のカウンセラーはほどんど集まっていましたので、
心境の共有はあるのでしょうね。

CA390001.jpg

実際、外野から私がみた感想としては・・・賛否両論あるものの、
思ったより、「よく出来るなー、、、」と思いました。

人事役の先輩社員も、どこかの人事のマネなんでしょうが、
凄く上手ですし、(その分、日々、現場で戦っているのでしょうね。)
営業役の新入社員も、ロープレが思ったより上手で
「・・・ちゃんと話が出来るもんだ。」と、正直、感心しました。
敬語だとか、言い回しだとか…会話技術は、未熟だとしても、
コミュニケーションが取れるというのは相手とのスタンスですからね。
そこをしっかりやれている若手の姿に、成長への期待を感じました。

ま、相手とのスタンス⇒相手の前で、堂々としていられるかどうか?
(心臓に毛が生えているようなスタイルを相手にとれるか?)は、
自社サービスに自身がある!という自己洗脳が勝負点ですかね。
営業マンとしての技術が高いかどうか?ではないと思います。

そこに自信があるのであれば、その自信をもって相手の前に立ち、
相手とのスタンスを決めるために、社会人用語ってのを使い、
営業トークや会社資料って道具を使っていくわけですからね。
営業スキルや会話技術を磨くのに一生懸命で、
それがスタンスを作る道具だと思えないうちは、まだまです。

良く考えると、この点は就職活動と一緒ですね。

自分を信じられない人は、相手とのスタンスを作られないので、
就活技術をどんなに磨こうが、意味は無いですね。
自己洗脳=自己分析とは言いませんが、
自分のことを信じる力は必要ですね。相手とのスタンスを作るために。

そこをしっかり持てる人達が、最終的には勝って行くのだと思います。
恐縮をしながらの可愛い「ふてぶてしさ」とでも言いましょうか。

CA390003.jpg CA390004.jpg 
(必死に社員の前でロープレを繰り返す若手2人)


「営業!!!」というだけで、身の毛がよだつ!

という就職活動生にこそ、この心境を理解してもらいと感じます。
会社全体がノルマや売り上げ目標を意識して動いているわけで、
嫌がる学生さん多いですが、それだと経済活動団体には入れません。

さらに相手との距離感を作るのが苦手な人は、すぐ言いますね。
「私、はじめての人は苦手ですし、
 相手をサポートするのが得意なんで。。。事務職に。。。」

いやいや、相手をサポートする時の方がスタンスを作る力は必要です。
で、相手とのスタンスを作ることを、楽しい!と思えてくると
逆に、相手の考えを捉えられるられるようになります。

そして、それが分かってくると、
内定への道はゴロゴロ見えてくるのだろうな。。。と思います。

ぶっちゃけ…営業職は嫌だ!!と頭ごなしに言う学生さんに限って、
片っ端から内定が出てないのが現状だと思いますよ。


相手とのスタンスを探る瞬間に、人間関係って生まれるのですから、
楽しいじゃないですか!!そこは一生、楽しんで行きましょう!!




posted by 就職エージェント熊沢 at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。