2009年06月26日

住友系の友人とは、つぼ八で

こんばんは。
就職エージェント 熊沢です。

昨日は木曜日なのに、終電帰宅。。。半泥酔ですね・・・

今日の面子は、ビジネスパートナーの中堅社員2人と、
そこの会社出身で、今は住友系商社の人事をやっている
高校時代の同級生と私の計4人。夕方から歌舞伎町で飲みました。

ま・・・情報交換ということもあり半分仕事だ!と勝手に理解して。

半分、仕事の気分なのですから、
「とりあえず、グループ会社のつぼ八へ・・・」
というお誘いにも、反対意見もなく入店です。

社会人になると、何かと自分の会社にゆかりのあるところで、
プライベートをまわそうとします。
(ただ、<三菱系の会社がキリンビールを出す店でしか飲まない!>
なんて話も聞いたことありますが、聞いたことある程度ですね。。。)

今日のお酒の席で話が出たのは、会社と自分の距離の話。

簡単に言うと、

○○会社の××なのか、XXが、○○会社に所属しているのか、

と、そんな話ですね。自分ブランディングの話とも言えますね。
集団に、何%頼って生きてきたのか、それとも、その集団を活用し、
自分の道を進んで生きているのか、そんな話ですね。

不況になると、信じられるのは会社でなく自分だ!と言う人もいれば、
こんな時代だから寄らば大樹!しっかりと会社を信じていく!という
人もいるわけです。どうでしょう?自己紹介する時に、
なんという言葉を使いますかね?相手の視線を考えなかった時、
○○大学の××なのか、××が通っている大学が○○大学なのか。

自分と所属組織との距離感を、
客観的に「マナイキ」と捕われない様に、
スタンスを考えつつ、自分ブランディングをしていきたいものですね。

そんなことを考えつつ、4人でお酒を飲んでいたら、
パートナー会社に所属している彼らのスタンスと、
自分の会社の社員としてのスタンスと、高校時代の空気と、
このメンバーでの飲み会のどこに足を置いていいのかわからなくなり、
もう、自分の話ばっかりしては、ウーロンハイを飲みまくる私がいて、
「熊沢は熊沢に所属しているつもりなんだな…」と、自覚しました。

でも、今の会社には愛も自負していますし、
所属している自覚も、会社の仲間との時間も楽しいです。

で。。。考えてみました。

もしいつか、会社のお金で店を出店し、そこで仲間と飲む!という
瞬間があったとして、、、、その楽しさと、、、
自分のお金で出店して、そこに自分の仲間を
呼んで飲む楽しさを、空想して比べてみました。

前者のほうが楽しいですね・・・なぜでしょう。

新たな気づきです。。。

理由は謎に満ちていますが、自分に所属しているスタンスでも、
会社に所属していることは不可能ではないのだろうな・・・
と勝手な自己理解を深めました。

そう考えてみたら、
住友系の友人に、つぼ八に連れて行ってもらうのは、
凄く楽しいことである気がしてきました。むー、軽く発見でした。


posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。