2009年06月28日

マイケルジャクソンさんの特番

こんにちは。
就職エージェント 熊沢です。

今日は朝からマイケルジャクソンさんの特番が流れまくっています。
見れば見るほど、「すばらしい人間だった・・・」という報道ですね。
先日までは、ニュースに出るたびに奇行が報道されていた気がしますが、
死者を愚弄しないように、なのか、親日家だからそうなるのでしょうか。。。

私は実際には彼が活躍した時代を良く知りません。
私自身は77年生まれで、一番売れた曲が82年のヒットだそうですので、
ちょっと世代としてはズレテます。5歳の時に、CDは買わないですからね。

っていうか、当時はCDないですね、カセットです。
でも歌声だけでなくダンスも評価されたので、ビデオかLDですね。
友人の家でマイケルジャクソンのLDを見たのを鮮明に覚えています。
ちょうど、小学校の何年生かの時に、昭和〜平成に切り替わることになり、
急に学校が休みになって、テレビはずっと、昭和を振り返る番組ばかり。。。
つまらないので友人の家に行って、ファミコン三昧、LD三昧でした。
※えっとLDってのは、レーザーディスクのことです。
どんなものか・・・は、興味ないでしょうから、解説しませんが、
新しい音楽を楽しむ技術だったんですね。映像と一体となっていたのは。。。

で、そのLDに映っていたゾンビの格好をした黒人歌手の
ムーンウォークを、みんなでまねして、「絶対に紐で引っ張ってるんだ!」
というグループと、「あれはマイケルが凄いんだ!」というグループで、
休み時間に議論になったのを、覚えています。
(勿論、紐をどっからか持ってきて、引っ張って踊りました・・・)

異国の小学生に至るまで強烈なインパクトを与えられる歌手って、
そんなにいないですね。。。やっぱり凄い人だったんだと思います。

彼に、何か超越しちゃったものがあったのでしょうし、
時代が白と黒や赤やと、線を引きたがる考え方を「いけてない!」と、
否定したくて、新しい何かに熱狂したかったのもしれませんし、、、
よくわかりませんが、今、考えると不思議な現象ですね。

彼の歌声は、黒人歌手のステータスを一気に引き上げたでしょうが、
きっと、それを聞いていた一人の政治家は黒人初の大統領になるんだ!
と思いを強くしたかもしれませんね。そんな時代を超えた、
そして時代の多くを抱えた、このマイケルジャクソンという歌手が、
見ていた世界観や、彼が与えた多くの人たちへの影響力を考えると、
日々に抱えている悩みや苦しみなど、非常に些細なことだな…と思います。

彼の感じていた苦しみや辛さは、想像することは出来ませんが、
彼から受け取った幸せやワクワクの刺激には、感謝を感じえません。

しばらく、数字をとるための、この報道合戦は続くでしょうけど、、、
偉大な人に感謝を自覚しつつ、彼のすばらしさを、
いろんな番組から感じてみようと思います。

今は、ただ、ご冥福をお祈りします。。。



posted by 就職エージェント熊沢 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集後記“最近どう?” | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。